2017年02月17日 12時00分 UPDATE
特集/連載

特選プレミアムコンテンツガイドFacebookの企業向けSNS「Workplace」の実力とは

Facebookは2016年10月10日、企業向けコラボレーションツール「Workplace」を正式リリースした。Workplaceはβ時から同種のツールの中でも注目を集めていたが、その使い勝手はどうなのだろうか。

[TechTargetジャパン]
Facebookの企業向けSNS「Workplace」の実力とは

 Facebookは2016年10月、企業向けソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Workplace」をリリースした。この製品は長らく「Facebook at Work」(Workplaceのβ版)の名称で提供されてきた。Workplaceのリリース前には、約1000社がFacebook at Workを使用していたという。

 Workplaceは個人で使用するFacebookと全く同じわけではない。Workplaceの目的は、従業員同士がグループでコラボレーションを図りながら仕事の目標を達成できるようサポートすることであり、当然、そうした目的にかなった仕様となっている。

 本稿では、Workplaceがどのような機能を持ち、仕事の目標を達成できるようサポートするのかを解説する。

プレミアムコンテンツのダウンロードはこちら


この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着...

news022.jpg

Facebookの成長に日本市場が果たす役割――フェイスブックジャパン代表取締役 長谷川 晋氏が語る
フェイスブック ジャパンは2017年2月15日、同社の東京オフィスにおいて、プレス向け説明...

news076.jpg

Webインテグレーション市場は2020年度がピーク?――AIによる工数削減で以後は成長鈍化の可能性も
ミック経済研究所は、Webインテグレーション市場とネット広告のアドテクノロジープラット...