2017年06月05日 15時00分 UPDATE
特集/連載

SDSの定義とトレンド【後編】徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは (1/2)

「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。

[Marc Staimer,TechTarget]

 前編「徹底解説:vSAN、HCIベンダーが提供する「SDS」の長所と短所」では、vSANのようなハイパーバイザーベースのSDSと、ハイパーコンバージドインフラを構成するSDSについて紹介した。後編では、以下2つのSDSの種類について取り上げる。

  • ストレージ仮想化のSDS
  • スケールアウトオブジェクト/ファイルのSDS

ストレージ仮想化のSDS

 ストレージ仮想化のSDSは、SDS市場において、最も成熟したSDSだ。2000年初頭から存在しているが、当時は単に「ストレージ仮想化」と呼ばれていた。ストレージ仮想化のSDSは、基本的に全てのストレージサービスを含むストレージソフトウェアスタック全体を指している。x86アーキテクチャで動作し、ホストを高性能で高機能なストレージコントローラーに変化させるように最適化されている。ストレージ仮想化のSDSでは、サーバストレージと外部ストレージシステムを仮想化して、容量、データ保護ポリシー、パフォーマンス特性がそれぞれ異なる仮想ストレージプールを作成する。ストレージ仮想化のSDSは、基本的にx86サーバをストレージシステムに変換している。一部の製品では、VMを仮想ストレージアプライアンスとして動作させることも可能だ。ストレージ仮想化のSDSは主にアーキテクチャをスケールアップするが、一部の製品ではスケールアウトにも対応している。そのような製品は、専用の高コストなハードウェアを排除して低コストなサーバドライブを活用し、旧式のストレージシステムに再び役割を持たせ、データの移行を簡略化する目的で構築されている。ストレージ仮想化のSDSの主要なメーカー企業と製品には、DataCore Softwareの「SANSymphony」、Datrium、Dell EMCの「EMC ViPR」、ElastiFile、FalconStor、Formation Data Systems、日立データシステムズ(HDS)、IBMの「SAN ボリューム・コントローラー」(SVC)、ioFABRIC、Microsoftの「Windows Server 2012 R2」以降、NetAppの「ONTAP Cloud」、Nexenta Systemsの「NexentaStor」、OSNEXUSの「QuantaStor」、Starwind Software、StorONEなどがある。

ストレージ仮想化のSDSの長所

  • 柔軟性

 ベンダーが認定およびサポートしているx86物理ホストまたはVMであれば、そのほぼ全てで機能する。ストレージは全て仮想ストレージプールに変換されるため、古いストレージにもう一度役割を持たせることができる。スケールアウトの場合は、物理ホストやVMへのアクセスを任意のノードに許可できる。複数のコピーによるミラーリングは可能だが、コントローラーの単一障害点を防ぐためにミラーリングを使用する必要はない。なぜなら、ストレージ仮想化のSDSはソフトウェアとして準備したり、HCIと同様にサーバハードウェアにバンドルしたりすることが可能だからだ。

  • スケーラビリティとパフォーマンス

 クラスタでは各ノードの容量を増やしたり、ノードを追加して拡張したりできるため、柔軟なスケーリングが可能だ。一般的に、ストレージ仮想化のSDSは、アクティブ/アクティブ構成のサイロ化したストレージシステムの大半と同じものと考えられる。

  • 使いやすさ

 ハードウェアにバンドルされたストレージ仮想化のSDSは、非常に明快なストレージシステムだ。市販のコモディティハードウェアを利用し、拡張性が高い。ブロック(SAN)、ファイル(NAS)またはオブジェクトを提供するものもある。

  • 総所有コスト(TCO)

 ストレージ仮想化のSDSでコストが抑えられる最大の理由は、コモディティハードウェアとサーバベースのドライブにある。また、インラインデータ削減機能によってもコストが抑えられている。ほぼ全てのストレージ仮想化のSDSのTCOは、同等のストレージシステムと比べて圧倒的に有利だろう。

ストレージ仮想化のSDSの短所

  • 柔軟性の問題

 大半のストレージ仮想化のSDSは、ベンダーが認定およびサポートしている指定のコモディティハードウェアでしか動作しない。また、仮想ストレージアプライアンスとして実行可能な製品では、ベンダーが認定およびサポートしているハイパーバイザーが必要になる。

  • スケーラビリティとパフォーマンスの問題

 このようなシステムは、スペック上では容量について非常に高いスケーラビリティがサポートされているが、実際に使用すると多少の違いが見られる。ストレージ仮想化のSDSの容量は、x86サーバの制約を受ける。各サーバで処理できる容量は、x86サーバのパフォーマンスが許容できないほど低下しない範囲に限られる。ストレージ仮想化のSDSのスケールアウトは、サポートされるストレージコントローラーノードの数に上限があるため、クラスタ化の制限を受ける。さらに、パフォーマンスも同じ制限の影響を受けることもある。

  • 使い勝手の悪さ
       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...