2017年06月08日 12時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドバーストのメリットをフル活用するにはハイブリッドクラウドの使い勝手はデータの“置き場所”でこんなに変わる

ハイブリッドクラウドでは、データを保存する場所がパフォーマンスに大きな影響を及ぼす。データ管理とレイテンシ問題を解決するのが「Storage as a Service」だ。

[Jim O'Reilly,TechTarget]
ハイブリッドクラウド市場は2021年に現在の3倍近くまで成長するという

 ハイブリッドクラウドプラットフォームでは、クラウドバースト(※)の機能を通じて極めて柔軟な演算処理能力を提供している。だがITチームにとっては、ハイブリッドクラウドデータの適切な配置や、パブリッククラウドとプライベートクラウドを横断するデータへの高速アクセスが課題になる。それを支援できるのが「Storage as a Service」(サービスとしてのストレージ)だ。

※通常はプライアベートクラウドやオンプレミスでアプリケーションを稼働させ、ピーク時にだけパブリッククラウドにアプリケーションを移してサービスを継続する手法

クラウドバーストのジレンマ

 クラウドバーストの根本的な問題として、データを不適切なクラウド環境に置いている場合がある。Webサービスやメディア配信といった多くのアプリケーションにとって、データはパブリッククラウドとプライベートクラウドの両方に複製するのが最善だ。データの大部分が静的なアプリケーションであれば、このモデルが適していて、複製のプロセスを自動化できるソフトウェアも存在する。

 では、データセットが動的な場合はどうすればいいのか。レイテンシ問題を抱えながらやっていくことを選ぶITチームもあるが、その場合、クラウドバーストがもたらすメリットの多くは消滅する。そこで代替として、特定のデータ配置技術を利用してレイテンシを削減する方法がある。

 クラウドをサービスの連続と考えると、動的か静的かを問わず、もし自分のハイブリッドクラウドプラットフォームの複数のゾーンにデータの複製があれば、事業継続やノンストップコンピューティングの支えになる。もし社内のプライベートクラウドの部分がダウンしたとしても、サービスに支障を来すことなく全てのワークロードをパブリッククラウドにバーストできる。

 この場合、データ管理には2つの選択肢がある。まず、プライマリーデータのコピーを社内に保存して、継続的にパブリッククラウドへ複製する方法だ。クラウドバーストのときは、データはクラウドプラットフォームに書き込み、そこで演算処理を行った後に、他の複製へと同期する。だがこのモデルでは依然として書き込みのレイテンシが発生する。また、データの要素が同期できないわずかな期間が存在する可能性もある。このためにプログラミングは複雑になる。

 もう1つの選択肢は、プライマリーデータのコピーをパブリッククラウドに置いて、社内のコンピューティングワークロード用にそのデータへのアクセスを高速化する手段を見つけ出すことだ。この場面において、Storage as a Serviceがハイブリッドクラウドコンピューティングのための効果的なモデルとなる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...

news064.jpg

シャノンの「イベント受付来場認証」がPepperと連携
シャノンは、MAツール「SHANON MARKETING PLATFORM」において、展示会・イベントの来場者...