2017年03月02日 15時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドサービスは多様化が進む注目6社のクラウド管理ツールを紹介 コンテナやハイブリッドIT環境の管理がもっと楽に?

コンテナやオープンソース、ハイブリッドクラウドといった技術が普及し、これらを管理するためのツールの需要が高まっている。こうしたニーズに応えようとする新興企業のサービスを紹介する。

[Alan R. Earls,TechTarget]

 10年前には熱心なクラウド支持者たちでさえも、今日のクラウドの急速な普及、そしてそれに伴う多彩なITサービスを予想していなかった。普及の勢いはいまだに衰えることなく、クラウドコンピューティングを手掛ける新たなベンチャー企業が次々と生まれている。

 3人のアナリスト(Enterprise Strategy Groupのダン・コンデ氏、Constellation Researchのホルガー・ミューラー氏、451 Researchのウィリアム・フェローズ氏)が、2017年に特に注目すべきクラウドコンピューティングの新興企業について意見を述べた。彼らによると、これらの企業はクラウドの導入や管理に関してそれぞれ異なる分野をターゲットとしているが、いずれも新たな潮流を生み出す可能性を秘めているという。

 本記事で紹介する6社のベンチャー企業の技術は、企業のIT管理者にとってどのような意味を持つのだろうか。

Apcera

ITmedia マーケティング新着記事

news060.jpg

大日本印刷とSMN、丸善ジュンク堂書店が保有する書誌データなどを活用した広告配信プラットフォームで協業
大日本印刷が、グループの丸善ジュンク堂書店、ハイブリッド型総合書店hontoの「本の通販...

news090.jpg

広告コミュニケーションを「ヒアリングファースト」で一方向から双方向へ
「Forbes 30 Under 30 Asia」に選出された気鋭の起業家の目に映る次世代の広告体験とはど...

news022.jpg

Webアナリティクス、日本の市場規模は米国の14%以下
他社はどのツールを導入しているのか。営業インテリジェンスデータサービス「Datanyze」...