2016年02月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

代表的なツールとは?「Docker」活用の鍵、コンテナ管理ツールの使いこなし術 (1/2)

「Docker」などのコンテナを使用する上で管理ツールは欠かせない。コンテナ対応アプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Docker | API


tt_kaigai.jpg ホストOS型とコンテナ型の違い(参照:1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?)《クリックで拡大》

 「Docker」などのコンテナを使用してアプリケーションを構築および移行しようとしているなら、コンテナ管理ツールの必要性はすぐに分かるはずだ。コンテナ管理ツールは、コンテナの操作と拡張の管理だけでなく、コンテナのパフォーマンスとセキュリティの監視にも役立つ。

 コンテナ管理には多くの作業が伴うが、その第一歩が管理ツールの選択だ。コンテナ対応のアプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

コンテナクラスタマネジャー

       1|2 次のページへ
この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ソニーマーケティング、顧客満足度の向上につなげるカスタマーサービスのノウハウを外販
ソニーマーケティングは、企業と顧客との円滑なコミュニケーションをサポートし、顧客満...

news122.jpg

BIからAI(拡張知能)への進化、QlikのCTOが語る
さまざまな洞察を得るため、最適化されたビジュアルを提供するツールへ進化するセルフサ...

news024.jpg

Adobe Systems、テレビ広告運用プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud TV」を発表
Adobe Systemsは、データに基づき自動的にテレビ広告のプランニングとバイイングができる...