2016年02月15日 12時00分 UPDATE
特集/連載

代表的なツールとは?「Docker」活用の鍵、コンテナ管理ツールの使いこなし術 (1/2)

「Docker」などのコンテナを使用する上で管理ツールは欠かせない。コンテナ対応アプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

[David Linthicum,TechTarget]

関連キーワード

Docker | API


tt_kaigai.jpg ホストOS型とコンテナ型の違い(参照:1回で分かる:仮想化とは違うコンテナ技術「Docker」って何?)《クリックで拡大》

 「Docker」などのコンテナを使用してアプリケーションを構築および移行しようとしているなら、コンテナ管理ツールの必要性はすぐに分かるはずだ。コンテナ管理ツールは、コンテナの操作と拡張の管理だけでなく、コンテナのパフォーマンスとセキュリティの監視にも役立つ。

 コンテナ管理には多くの作業が伴うが、その第一歩が管理ツールの選択だ。コンテナ対応のアプリケーションを管理するツールには、「コンテナクラスタマネジャー」と「コンテナ運用マネジャー」の2種類がある。

コンテナクラスタマネジャー

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news118.jpg

PR TIMES LIVE、「TechCrunch Tokyo 2018」のライブ配信を実施
2018年11月15、16日に開催される日本最大級のスタートアップ・テクノロジー の祭典「Tech...

news034.jpg

Marketo×DataRobotの連携で見えた「AIドリブンマーケティング」の未来
「AIの民主化」でマーケティングはどう変わるのだろうか。【訂正あり】