2017年06月22日 05時00分 UPDATE
特集/連載

セキュリティを考慮したリスクアセスメント危険なアプリと安全なアプリ、ビジネスで使う際はどう見極めるべき?

モバイルアプリのリスクアセスメントを実施すると、業務上利用しても問題ないかどうかが判断でき、セキュリティ向上につながる。専門家がモバイルアプリのリスクアセスメント方法を解説する。

[Christopher Crowley,TechTarget]

 モバイルアプリケーション市場は急成長している。2017年3月の時点で「Android」で利用できるアプリの数は約280万本、Appleの「App Store」が提供するアプリの数は約220万本だ。

 これだけ多くのアプリが出回っていると、企業が業務利用に許可するアプリを選別するのは難しい。どれほど便利なアプリであっても企業のセキュリティリスクを高めるものもある。だからこそ、モバイルアプリケーションアセスメントを実施するのがセキュリティチームの役目となる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

「アドエビス」が「モニプラ」と連携、ユーザー行動×定性データの施策評価が可能に
ロックオンは、「アドエビス」において、「モニプラ」と連携すると発表した。

news057.jpg

6秒動画に特化した動画広告配信サービス「BumVi」、ジーニーとトレンダーズが提供
ジーニーはトレンダーズと共同で、6秒動画に特化した新しい動画広告配信サービス「BumVi...

news055.jpg

トランスコスモス、Salesforceと連携したレコメンドダイレクトメール「レコレタ」を提供
トランスコスモスは、Salesforceと連携し、顧客セグメントに応じて紙のダイレクトメール...