2017年07月11日 05時00分 UPDATE
特集/連載

ベストセラー作家の予言人工知能(AI)のある職場で人のやる気はどう変わるか?

機械学習やデータ分析は増加の一途をたどっている。その結果、コンピュータに仕事を奪われることを恐れている従業員もいる。だが、その心配はない。

[Ramin Edmond,TechTarget]

関連キーワード

データ分析 | 機械学習


 機械学習は企業で人間が担ってきた役割を変えるだけだ。ジャーナリストでベストセラー作家でもあるマルコム・グラッドウェル氏(注)は、2017年5月23〜25日に米オーランドで開催された「Citrix Synergy 2017」の基調講演でそう語った。

『天才! 成功する人々の法則』(講談社、2009年)など、グラッドウェル氏の著作は日本でも広く読まれている《クリックで拡大》

 かつて、専門家の仕事はパズルを解くかのようにデータと情報を収集することだった。だが、その仕事は職場に導入されているデータ分析と人工知能(AI)によって変化している。今日の従業員は外へ出て情報を集めるパズルの解読者ではなく、機械が収集する複雑な情報を読み解かなくてはならないミステリーの解決者だと、グラッドウェル氏は述べている。

 「現在、専門家に期待するのは、意思決定のチェーンにおいて機械では到底及ばない決定的な部分を担うことだ」(グラッドウェル氏)

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news077.jpg

電通が学生と企業の共創プロジェクト「βutterfly」を開発、企業向けにスポンサードプランを提供
電通は、顧客企業と学生の協働型プロジェクト「βutterfly」を開始すると発表した。β版...

news040.jpg

「インバウンド」で注目される浅草、訪日外国人観光客で賑わう理由とは?
口コミ時代のWebとソーシャルメディアは最大の武器。最小限の手間で最大の効果を発揮する...

news103.png

オムニバス、「セゾンDMP」を活用したターゲティング広告を提供
クレディセゾンの100%子会社オムニバスは、クレディセゾンが保有するクレジットカードの...