2017年07月23日 05時00分 UPDATE
特集/連載

2つの14型ThinkPadはどこが違う?徹底比較:「ThinkPad T470s」よりも「ThinkPad X1 Carbon」を買いたくなる“ほんのわずかな違い” (1/2)

「ThinkPad T470s」と「ThinkPad X1 Carbon」は大きさにも機能にも、それほど大きな違いがない。どちらかを選ぶ必要があるならば、わずかでも無視できない違いに注目すべきだ。

[Charles P Jefferies,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | ビジネスPC | モバイル端末


 Lenovoの「ThinkPad T470s」と「ThinkPad X1 Carbon(第5世代、2017年モデル)」は、どちらも14型ディスプレイを備えたビジネス向けプレミアムノートPCだ(写真1、2)。価格はほぼ横並びで、どちらも比較的軽量薄型に仕上がっている。本稿では、両モデルの違いと、一方に魅力を感じる理由を見ていく。

写真写真 写真1、2 ThinkPad T470s(左)とThinkPad X1 Carbon《クリックで拡大》

形状の違い

 1日中持ち歩かない限り、違いを感じることはほとんどない。大きく違いを感じる点は、ThinkPad X1 Carbon方がディスプレイのベゼル(額縁)が狭いことだ。どちらも14型ディスプレイを採用しているが、本体寸法はThinkPad X1 Carbonの方が小さくなっている。ThinkPad T470sは横331×縦226.8ミリ、ThinkPad X1 Carbonは横323.5×縦217.1ミリだ。

 ThinkPad X1 Carbonの厚さは約15.95ミリで、ThinkPad T470sは16.9〜18.8ミリ(本体構成によって変化)と、こちらもThinkPad X1 Carbonの方が若干薄い。重量はThinkPad T470sの約1.32キロに対し、ThinkPad X1 Carbonは約1.13キロと軽量だ。

 薄型軽量を購入条件にするのであれば、ThinkPad X1 Carbonが確実に勝っていることになる。ただしThinkPad T470sの大きさと重量には意味がある。

ポイント

ThinkPad X1 Carbonの方が明らかに小型軽量薄型


入出力端子

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。