2017年11月16日 09時00分 公開
特集/連載

ひと目で分かる図版付き人工知能(AI)はどのような技術で構成されているのか?

AIアプリケーションは、モノリシック(単一)なツールではなく、高度な機能を提供するために、さまざまなツールや技術の集合体として構築されている。ひと目で分かる図版で説明する。

[Ed Burns,TechTarget]

関連キーワード

アプリケーション開発 | Java


 人工知能(AI)について論じるとき、AIという1つのテクノロジーを話題としているわけではない。実際、AIツールは複数の個別のコンポーネントで構成されており、それらを組み合わせて、われわれがAIであると一般的に考えているアプリケーションが構築されている。

 では、主要なAIコンポーネントには何があるのであろうか? まず、基盤となる機械学習アルゴリズムを書いたり学習させたりするための専用ハードウェアとソフトウェアが挙げられる。

 機械学習の一手法である深層学習では、データ処理を行うアルゴリズムを学習させるために、人間が学習するのと幾つかの点で似た方法である直感的なアプローチがとられる。このアプローチにより、素晴らしい結果を得られる一方で、アルゴリズムを訓練させるためには、膨大な量のデータが必要となる欠点もある。そのため、データサイエンティストは、モデルを訓練し学習時間を短縮するために、GPUの処理能力を必要とする。

AIはツールと技術の集合体

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...