2017年07月26日 05時00分 UPDATE
特集/連載

AIによるデータ管理と自動化が進む「Excel」「PowerPoint」にAI追加、おせっかいではなく本当に使われる機能は?

ソフトウェアメーカー各社がAI機能を主力製品に取り入れている。「Microsoft Office」に関しても同様だ。そのことは、AIが私たちの働き方を変える注目すべき存在であることの証ともいえる。

[Ramin Edmond,TechTarget]
Microsoft Stream Microsoft Stream(出典:Microsoft)《クリックで拡大》

 ビジネスアプリケーションにおける人工知能(AI)を用いることで、ユーザーとIT部門の両方にとって仕事がやりやすくなり、作業時間を短縮することもできる。

 エンドユーザーコンピューティングを手掛けるMicrosoftやBoxなどの各社が製品にAIを取り入れる中で、AIは近いうちに、あらゆる規模の組織に普及するだろう。AI機能では、人が手作業で大量のデータを処理していたのでは時間がかかり過ぎるプロセスを自動化できるので、容易に定着する。ソフトウェアベンダー各社はまた、例えばビデオチャットを翻訳したり、画像をプレゼンテーション用に整理したりするなど、ユーザーの助けになるちょっとした機能にもAIを取り入れている。

 「人間が消費も理解もし切れないような大量のデータも、AIなら処理や整理ができる。AIは真に特別な存在になる」。Tri-Counties Regional Centerのドニミク・ナムナス最高情報責任者(CIO)はそう予想する。

 Tri-Counties Regional Centerは、50年前までさかのぼる医療情報を記録している。同組織が書類のスキャンに使っている電子文書管理ソフトウェアの「IRISCapture Forms」では、AI機能によって書類に含まれる情報の種類を特定し、それぞれの文書をどこに保存すべきかを決め、誰にアクセス権を付与するかを確認する。

 ナムナス氏によると、このAI機能が特に重要なのは、Tri-Counties Regional Centerでは「医療保険の相互運用性と説明責任に関する法令」(HIPPA)に従って、個々のファイルを特定し、誰がそのファイルにアクセスできるかを把握しておく義務があるためだ。

 米国の調査会社Constellation Researchの副社長兼主席アナリスト、アラン・レポフスキー氏は言う。「AIは、ソフトウェアでわれわれの選択やパターンを学習するのが前提だ。AIは私たちのために自動化を進めるほど、もっとうまく、取るべき行動を勧告できる」

Microsoft Officeに登場するAI機能

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...