2017年07月13日 05時00分 UPDATE
特集/連載

企業で使えるワープロ製品脱「Microsoft Word」なら検討したい、現実的な3つの代替ソフトウェア

ワードプロセッサ用のアプリケーションといえば「Microsoft Word」がいまだに主流かもしれない。だが、組織でも利用できる堅実な代替製品は存在する。

[Brien Posey,TechTarget]
「LibreOffice」のワープロ製品「LibreOffice Writer」《クリックで拡大》

 誰にでも合う靴が存在しないのと同じように、「Microsoft Word」がどんな組織にも適しているとは限らない。新しいものを試してみたい企業にとって、選択肢は他にもある。

 Microsoft Wordがエンタープライズ市場を独占していることに驚きはない。編集履歴の追跡からレガシー互換モード、「Microsoft Outlook」の電子メールとの連携に至るまで、その機能を打ち負かすのは難しい。Wordを使うことに明らかな利点があるのは確かだが、別のものを求める、あるいは必要とする組織にとって現実的なMicrosoft Wordの代替は存在する。安全圏から踏み出すに当たり、以下3種類のワープロ製品を紹介する。

LibreOffice

ITmedia マーケティング新着記事

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。

news082.jpg

統計家・西内 啓氏が語る「エビデンス」の力
統計学ブームに火を付けた西内 啓氏が、「エビデンス」に基づく意思決定の重要性について...