2017年07月13日 05時00分 UPDATE
特集/連載

企業で使えるワープロ製品脱「Microsoft Word」なら検討したい、現実的な3つの代替ソフトウェア

ワードプロセッサ用のアプリケーションといえば「Microsoft Word」がいまだに主流かもしれない。だが、組織でも利用できる堅実な代替製品は存在する。

[Brien Posey,TechTarget]
「LibreOffice」のワープロ製品「LibreOffice Writer」《クリックで拡大》

 誰にでも合う靴が存在しないのと同じように、「Microsoft Word」がどんな組織にも適しているとは限らない。新しいものを試してみたい企業にとって、選択肢は他にもある。

 Microsoft Wordがエンタープライズ市場を独占していることに驚きはない。編集履歴の追跡からレガシー互換モード、「Microsoft Outlook」の電子メールとの連携に至るまで、その機能を打ち負かすのは難しい。Wordを使うことに明らかな利点があるのは確かだが、別のものを求める、あるいは必要とする組織にとって現実的なMicrosoft Wordの代替は存在する。安全圏から踏み出すに当たり、以下3種類のワープロ製品を紹介する。

LibreOffice

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...