2016年04月13日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウド時代のオフィススイート選定術【第1回】世の中は「Microsoft Office」だけではない クラウドで変わるオフィススイート勢力図 (1/2)

長らくオフィススイート市場は、Microsoft Officeがデファクトスタンダードとなっていた。その勢力図が、クラウドによって大きく変わろうとしている。

[廣瀬 晃,富士ソフト]
tn_tt_office.jpg Microsoft Officeの法人向けのWebサイト《クリックで拡大》

 「オフィススイート」と聞くと、会社で働いた経験がある人ならMicrosoftの「Microsoft Office」を思い浮かべる人が少なくないだろう。それくらいオフィススイート分野でMicrosoftのシェアは大きい。

 しかし、ITの技術は目まぐるしく変化を続けている。10年前の世の中では、Appleの「iPhone」やGoogleの「Android」端末など、スマートデバイスが仕事や生活にここまで浸透すると予想できた人はいなかっただろう。その変化の波は、オフィススイートの代名詞でもあるMicrosoft Officeにも同様に及んでいる。

 本連載は、会社のクライアントPCに欠かすことのできないオフィススイートについて解説する。第1回である今回は、これまでのオフィススイートの動向と、今まさに変化のターニングポイントとなっているSaaS(Software as a Service)への流れについて紹介する。

パッケージソフトのシェア

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。