2017年11月27日 05時00分 公開
特集/連載

IT部門の“クラウドベンダー化”にも貢献フラッシュストレージ投資を生かすも殺すも「セカンダリーストレージ」次第だった? (1/2)

フラッシュストレージの導入効果を引き出せるかどうかの鍵は、バックアップやアーカイブ用の「セカンダリーストレージシステム」が握っているという。それはどういうことなのか。

[Mike Matchett,TechTarget]
画像 適切なセカンダリーストレージシステムがフラッシュストレージの導入効果を引き出す

 半導体メモリを使ったストレージ「フラッシュストレージ」の読み書き速度が上がる一方、価格は下がり続けている。サーバが頻繁にアクセスするデータを格納したストレージシステム「プライマリーストレージシステム」を構成するストレージとして、従来のHDDよりもフラッシュストレージを活用したいというニーズが高まっているのは、周知の事実だ。フラッシュストレージへ移行すれば、ビジネスアプリケーションがまるで魔法のように高速に動作する可能性がある。

 データセンター向けの最新プライマリーストレージシステムは、キャッシュ用に大容量のフラッシュメモリを搭載するか、大掛かりなフラッシュストレージを追加するか、全ての容量をフラッシュメモリでまかなう「オールフラッシュストレージシステム」にするかのいずれかを採用するようになっている。かつて話題になったメモリセルの摩耗については、ほぼ忘れ去られている。

 ストレージシステムの設計でも、新たな試みが幾つかなされている。サーバのPCI Express(PCIe)スロットに直結するフラッシュストレージ「PCIeフラッシュカード」を採用した、低コストの「サーバサイドフラッシュ」を有効活用するDatriumなどがその例だ。オールフラッシュストレージシステムではないにせよ、何らかの種類のフラッシュストレージシステム(フラッシュストレージを用いたストレージシステム)に資金を投じれば、有益なIT投資になるのは明らかだ。

 フラッシュストレージを用いたプライマリーストレージシステム(以下、プライマリーフラッシュストレージシステム)の構築が当たり前になれば、ストレージシステムの設計の違いはほとんどなくなる。金融取引をしている場合は別だが、ある意味「非常に高速」ということは、今のところは大半の用途に対して十分な速度だ、ということになる。

 大規模環境向けストレージシステムへの主な考え方は、論点が変わってきている。以前は「どのフラッシュストレージシステムがより高速で信頼性が高く、スケーラブルで価格が安いか」だった。だが今は「高性能のプライマリーストレージシステムへの投資によって得られるメリットを最大限に引き出すには、どうすればよいか」になっている。

 ストレージシステムのパフォーマンスを極めることで、企業が利益を上げられる可能性がある。全体的に急速に高まっているのは、ビッグデータ活用のビジネスニーズだ。一方プライマリーストレージシステムがフラッシュストレージベースに変わったとしても、依然として設計時にインフラのスペックや規模などを見積もるキャパシティープランニングの課題が付きまとう。

高まる「セカンダリー」の重要性

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news075.jpg

KPIの到達可能性をAIが判断して広告配信を自動最適化、マイクロアドが「UNIVERSE FFM Version1.0」を提供
マイクロアドは、「UNIVERSE フルファネルマネジメント Version1.0」を提供開始した。

news061.jpg

マーケティングオートメーション×LPO トライベック・ストラテジーとデータアーティストがツール連携
トライベック・ストラテジーとデータアーティストは、それぞれが提供するツールの連携を...

news053.jpg

電通デジタルとビービット、マーケティングオートメーションのシナリオをPDCAで支援する独自メソッド提供
電通デジタルはビービットと共同で、デジタル行動観察ツール「ユーザグラム」を活用し、...