2018年02月20日 05時00分 公開
特集/連載

従業員の健康管理は重要な経営課題次に来そうな健康増進テクノロジー7選 チャットbotやIoTは「健康経営」に効果あり (2/2)

[James A. Martin,TechTarget]
前のページへ 1|2       

5.参加を促すインセンティブ

 「多くの人は、企業が実施する健康増進プログラムに『Fitbit』などの一般消費者向けのウェアラブルデバイスが組み込まれることを期待している。2018年には、健康増進プログラムへの参加を増やすために、より多くの企業がインセンティブやゲーミフィケーションを利用するようになるだろう」とマッカーシー氏は言う。

 Jiffなどのサードパーティーベンダーを利用し、報酬やインセンティブによって従業員の健康活動を促進している企業もある。健康に関して取り決められた目標を達成した従業員は、スーパーマーケットチェーンのWhole Foods Marketやアウトドア用品店のRecreational Equipment(REI)などが提供するギフトカードを報奨として受け取ることができる。Jiffが実施しているプログラムでは、個々の従業員にお勧めの健康促進プログラムを提示して、結果を追跡できるリアルタイムの分析機能を提供している。

6.健康増進プログラムをサポートするチャットbot

前のページへ 1|2       

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...