2018年04月01日 05時00分 公開
特集/連載

Microsoft製「AirDrop」「Files Go」かWindows 10の新ファイル共有機能「Near Share」は、便利だが拍子抜け?

Microsoftの「Windows 10」のデフォルトブラウザ「Microsoft Edge」では、「Near Share」というファイル共有ツールが今後、利用可能になる。これは地味だが、便利な機能である。ただ、利用には注意が必要だ。

[Ed Tittel,TechTarget]

本稿で紹介する機能は、Windows 10 Insider Previewの利用が必要です。開発中のバージョンを利用する形式となるため、思わぬ不具合が発生したり、ベンダーからのサポートが受けられなくなったりする可能性があります。実行を許可されたスタッフが、あくまでも自己責任において実行してください。


画像 Insider Previewの注目点

 Microsoft Edgeの「Near Share」は、WebブラウザやWindowsの各アプリを使ってURLやドキュメントを特定のデバイスに共有できる機能だ。対象となるのは、Windows 10 Insider Previewの「Skip Ahead」「Fast ring」オプションを選択しているOSだ。Build 17035のリリースを適応することで利用可能となる。Insider Previewとは、開発中のバージョンを利用できるWindows 10のオプション機能だ。

 Near Shareはパーソナルエリアネットワーク(PAN)を提供する。ブラウザとしては、Windows 10のデフォルトブラウザであるMicrosoft Edgeのみで使うことができる。この共有機能により、Edgeのユーザーは、役に立つWebページや興味深いWebページを簡単に共有できる。ドキュメントなどのファイルもブラウザ経由でPCにコピー可能だ。これは便利ではあるが、画期的なテクノロジーというわけではない。そして、セキュリティのリスクが広がる可能性もある。

Near Shareをセットアップする方法

 ブラウザの「設定」で「システム」を選択し、「共有エクスペリエンス(Shared experiences)」を選択して、適切な入力画面を開く。このパネルには「近距離共有(Nearby sharing)」という見出しが付けられている(下図参照)。

画像 「近距離共有(Nearby sharing)」をオンにする。

 ユーザーは共有先として「近くにいる全てのユーザー(Everyone nearby)」と「自分のデバイスのみ」のいずれかを指定できる。上図の例では、テストのために、より寛大で安全性の低いオプションを使用している。職場や公共の場では恐らく「自分のデバイスのみ」を指定するのが最も賢明だろう。こちらのオプションでは、ユーザーと同じMicrosoftアカウントかログイン情報を使用するデバイスのみ共有可能となる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news085.jpg

位置情報広告のジオロジック、LINE Venturesなどから総額1億円を調達
ジオロジックは、ジェネシア・ベンチャーズ、LINE Ventures、東急エージェンシーを引受先...

news065.jpg

LINE、サイバーエージェント子会社とチャットに特化した次世代型カスタマーサポート推進で協業
LINEは、サイバーエージェントの連結子会社であるAIメッセンジャーと共同で、チャットに...

news021.jpg

「NPS」の効果を実感、導入企業の8割――IMJ調査
アイ・エム・ジェイ(IMJ)は、「日本企業におけるNPS導入の実態把握調査」の結果を発表...