2018年05月20日 05時00分 公開
特集/連載

ユーザーに納得させるためにWindows 10移行、抵抗する人が心変わりする“推しポイント”は

ユーザーは現在使用しているOSをアップグレードするときにMicrosoftの「Windows 10」の改善点を確認しないことがある。そのため、IT担当者は重要な新機能を強調してユーザーの支持を得る必要がある。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows Hello 「Windows Hello」《クリックで拡大》

 変化に抵抗し、以前のバージョンのWindowsや別のOSを使い続けることを好むユーザーがいる。こうしたユーザーはMicrosoftの「Windows 10」のメリットを見落としているかもしれない。

 それでも、IT担当者は企業が最新のセキュリティ機能やデスクトップ機能を利用できるように、Windows 10への移行にユーザーを参加させなければならない。ユーザーにWindows 10を受け入れてもらうには、まずユーザーも企業も、皆それぞれ違うということを理解することだ。

 ユーザーごとに納得できるWindows 10のメリットが異なる。それがIT担当者の対応を難しくする。重要なのは、Windows 10がそれぞれのユーザーのPC体験をどのように改善するかを説明することだ。

Windows 10に移行すべき根本的な理由

 ユーザーは、「Windows XP」や「Windows 7」を好んでいるのになぜOSを変える必要があるのかと尋ねるかもしれない。ユーザーにとっては既存のOSが問題なく機能しており、壊れていないものを修正する理由がない。また、単に新しいOSの使い方を学ぶ手間に抵抗するユーザーもいる。

 そのため、IT担当者はOSを変えるべき理由を伝えなければならない。例えば、Microsoftのサポートは不可欠で、以前のOSのサポートがもうすぐ終了することなどだ。Windows 7の延長サポートは2020年、「Windows 8.1」のサポートは2023年に終了する。そのうえ、Microsoftは「Office 2019」のサポートをWindows 10でしか利用できないようにする。

Windows 10を利用するようユーザーを説得する方法

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...