2018年01月05日 05時00分 公開
特集/連載

2018年の始めに総確認「Windows 10」の18大基礎知識 IT担当者なら知らないと今後生き抜けない?

IT担当者は「Windows 10」の重要な情報を押さえ、運用時に発生した問題を解決したり、新機能を利用したりできるようにしておこう。

[Kelly M. Stewart,TechTarget]
画像 Windows 10の運用に役立つ基礎知識をチェック

 Microsoftの最新OS「Windows 10」は登場以来、数々の浮き沈みをくぐり抜けてきた。同社はこれまでに、Windows 10の大型アップデートを4回提供した。そのたびに追加、強化してきた機能の中には、絶賛を受けた機能もあれば、不評の機能もある。

 Windows 10は信頼できるコードのみを実行するセキュリティ機能「Windows Defender Device Guard」や生体認証機能「Windows Hello」など、多様な機能を備える。通知機能の「アクションセンター」をはじめ、Windows 10に合うように刷新した機能もある。テクノロジーは1年で大きく変化する。IT担当者はWindows 10の最新情報に常にアンテナを張っておいた方がよい。

 2015年7月にリリースされたWindows 10の主要なエディションは、「Home」「Education」「Mobile」「Pro」「Enterprise」「Mobile Enterprise」の6種類だ。このことを知っている人は少なくないだろうが、知るべき情報は他にもある。ここでは、2018年にIT担当者が知っておくべきWindows 10の関連情報を紹介する。セキュリティやユーザーエクスペリエンス(UX:ユーザー経験価値)など、Windows 10が企業向けに提供する機能に関する情報をまとめた。

知っておきたいWindows 10情報18選

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

若者の夏休み離れ? 大学生の3割が「夏休みは楽しみではない」――Dpick調べ
Dpickが大学生を対象に「夏休みに関する意識調査」を実施しました。

news128.jpg

就職人気企業の採用担当者が重視するのは「クリエイティビティー」と「デジタルリテラシー」――アドビ調査
アドビ システムズ(以下、アドビ)は、日本に所在する企業の人事担当者を対象とした「新...

news064.jpg

「コードアワード2018」大賞はPerfume出演5G実証実験
D2Cは、デジタルマーケティングの広告賞「コードアワード2018」の最終審査を行い、ファイ...