2017年12月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」移行手法を比較、クリーンインストールとアップグレードのどちらがいい?それぞれのメリットとデメリット

Windows 10への移行を進めるに当たり、IT部門はアップグレードによるインストールとクリーンインストールのどちらを実行するかを決断しなければならない。どちらの方法にも一長一短がある。

[Ed Tittel, Kari Finn,TechTarget]

 Windowsの旧バージョンから「Windows 10」への移行を検討する際、IT部門にはアップグレードによるインストールとクリーンインストールの2つの選択肢がある。

 アップグレードによるインストールの場合は、Windowsの旧バージョンを搭載するPCを使ってWindowsインストーラを実行することになる。旧バージョンのWindowsに対してアップグレードを実行すると、デバイスにインストールされているプログラムとユーティリティーは全て、デバイスの環境設定やカスタマイズ情報とともにWindows 10に引き継がれる。一方、クリーンインストールはブートドライブとシステムドライブを再フォーマットし、従来のWindows環境の痕跡を全て消去した上で、新しいOSを一からインストールする。

 Windows 10への移行準備を進める企業が増えつつある。どちらの移行方法が自社に適しているかの見極めは重要だ。

アップグレードによるインストール

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...