2017年10月27日 05時00分 公開
特集/連載

「OneDrive」の使い勝手もセキュリティも向上「Windows 10 Fall Creators Update」提供開始、思わず人に自慢したくなる注目機能6選 (1/2)

「Windows 10」の大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」はさまざまな新機能を盛り込んでいる。特に注目すべき6つの機能を紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
画像 Windows 10はFall Creators Updateでどのように変わるのか

 秋の訪れとともに色が変わるのは、木の葉ばかりではない。2017年の秋にはMicrosoftの「Windows 10」も変わった。提供を開始した大型アップデート「Windows 10 Fall Creators Update」によって、数多くの変更が加わったのだ。

 Fall Creators Updateではセキュリティ管理機能「Windows Defenderセキュリティセンター」を改良し、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)対策を強化した。アプリケーションの表示がぼやける問題、システム更新機能「Windows Update」が原因でデバイスの動作が遅くなる問題にも対処し、ユーザーエクスペリエンス向上に努めた。さらにオンラインファイル同期サービス「OneDrive」の改良や新機能「My People」も注目だ。

 本稿ではFall Creators Updateの注目機能6種を紹介する。

機能1:強化されたWindows 10のセキュリティ機能

 セキュリティ強化は多ければ多いほどいい。Fall Creators Updateはその期待に応えた。まず提供を終了した脆弱(ぜいじゃく)性緩和ツール「Enhanced Mitigation Experience Toolkit」(EMET)の機能が、Windows 10の標準機能「Windows Defender Exploit Guard」として復活した。

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

ITツールの利用効果に対する実感に世代間ギャップ――Dropbox Japan調査
国内企業における創造性とITツール利用に関する実態調査です。

news035.jpg

エードット×BIRDMAN デジタルクリエイティブ界の強力タッグが目指す「広告のいらない世界」
プロデュースカンパニーとして急成長中のエードットが総合クリエイティブプロダクション...

news092.jpg

10代女子に聞いたお年玉の使い道、「貯金」「推し活」が上位に――バイドゥ調べ
イマドキの女子はもらったお年玉をどう使っているのでしょうか。