2017年09月25日 05時00分 UPDATE
特集/連載

導入経験者から学べること「Windows 10」導入の“悲喜こもごも” 担当者がこっそり教える秘話 (1/2)

自動アップデート対応機能への苦労や、堅牢なセキュリティの価値など、実際に「Windows 10」を導入した企業でないと知り得ないメリットとデメリットを紹介する。

[Alyssa Provazza,TechTarget]

 2015年7月にMicrosoftが「Windows 10」をリリースした時、多くのITプロフェッショナルは腕組みをして様子見をし、静観していた。IT業界では新しい技術が登場した場合、技術がどのようなものであるかにかかわらず、飛びつかないのが通例である。「Windows 8」で大転換があったことに引き続いてWindows 10でも大転換が起き、この通例は特に的を射ていた。しかし、スイス最大手の保険会社は通例を無視し、例外的にすぐにWindows 10を導入した。

 このスイスのDie Mobiliarは2015年10月にWindows 10への移行を開始した。IT部門はPCのライフサイクルが終わるため、アップグレードを計画していた。そのため、同時に新しいソフトウェアを導入するのは道理にかなっていたとシステムエンジニアのサーシャ・トーメ氏は言う。

 「まだ(Windows 10が)リリースされたばかりでしたので、このプロジェクトには少し苦労しました」とトーメ氏は言う。「たくさんの問題に対処しなければなりませんでした」

 Windows 10の導入の計画、実行の実務経験のあるトーメ氏やその他のITプロフェッショナルにとっての問題は、例えばソフトウェアの互換性がないことやバックエンドリソースの消費、頻繁なアップデートなどであった。多くの企業はこれらの問題に直面することもあるが、Windows 10はより強固なセキュリティを提供してくれたり、ハードウェアをアップグレードすべき理由も提示してくれたりする。

Windows 10移行の最前線

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news109.jpg

購買データ分析で見る「不足しがちな栄養素」は?――シルタス調べ
スーパーで買い物をしているユーザーの購買データから不足しがちな栄養素と充足している...

news110.jpg

大企業のデジタルマーケティング取り組み実態――富士通総研調査
大企業においてデジタルマーケティングの成果を出すポイントとは。

news076.jpg

LINE、トークリスト最上部に1日1社限定で表示される動画広告「Talk Head View」を提供
LINEは、コミュニケーションアプリ「LINE」のトークリスト最上部に動画広告を配信できる...