2017年03月01日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」のセキュリティ対策が台無しに、ユーザーがやりがちなミスとは手遅れになる前に対処すべき3つのポイント(1/2 ページ)

「Windows 10」のセキュリティに関しては留意すべき点が多く、基本を見過ごしがちだ。本稿では常に注意を払うべき3つの項目について紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10のセキュリティに関するWebページ《クリックで拡大》

 Microsoftの「Windows 10」は最新のセキュリティ機能を多数備えている。2要素認証を提供する新機能「Windows Hello for Business」や、誰がどのデータにアクセスできるかを管理するためのデータ保護機能「Windows Information Protection」(WIP)などだ。ただしWindows 10とて絶対に安全というわけではなく、小さな欠陥が全てを台無しにする可能性もある。

 IT管理者は、小さな問題で全てを台無しにすることが無いよう、Windows 10のセキュリティ対策の基本を真摯(しんし)に実践すべきだ。

アップデートは抜かりなく

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。