2017年02月01日 08時00分 公開
特集/連載

「Windows 10」が救世主に? ゼロデイ攻撃に対応するセキュリティ機能とは「Windows 7」の延長サポート終了が迫る

「Windows 10」のセキュリティ機能はパッチ未適用のゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性にも対処するとMicrosoftは宣伝する。一方で「Windows 7」のセキュリティ問題については警鐘を鳴らしている。

[Peter Loshin,TechTarget]
Anniversary Update Windows 10 Anniversary Updateのスタート画面《クリックで拡大》

 Microsoftによると、「Windows 10」のセキュリティ機能は非常に優れており、パッチを提供する前の段階でも、一部のゼロデイエクスプロイト(攻撃コード)に対処可能だという。同社はその一方で、「Windows 7」のセキュリティは非常に弱く、Windows 7を使っているユーザーは今後、「途方もない危険」にさらされる恐れがあると警告している。

 Microsoft Malware Protection Center(MMPC)チームは、2016年11月にパッチを適用した2つのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性について、Windows 10に搭載した最新のセキュリティ機能がパッチ未適用の脆弱性を狙ったエクスプロイトにどう対処するか検証した。このセキュリティ機能は、2016年夏にリリースした「Anniversary Update」に組み込まれたものだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...