Windows 10がAnniversary Updateで本気モード、革新的“キラーアプリ”を徹底レビューCortanaが変えるWindowsの未来(1/4 ページ)

Microsoftは、「Windows 10 Anniversary Update」でCortanaを大きく強化した。その他の新機能や強化された点も含めてAnniversary Updateの内容を紹介する。

2016年08月21日 07時00分 公開
[Jamison CushTechTarget]
Cortanaが示すコンピューティングの未来《クリックで拡大》

 この25年間、エンドユーザーから見てMicrosoftの「Windows」は大して変わっていない。少なくとも抜本的な変化はなかった。「Windows 3.0」から「Windows 10」まで、Windowsで動作するさまざまな機能やタスクを実行するプログラム群としての単純な目的は果たしている。ウィンドウで実行し、グラフィカルな環境を備え、精度の高い入力デバイスをサポートすることでユーザーを支援してきた。

 だがMicrosoftの「Windows 10 Anniversary Update」は、Windows 10で初めて実装された革新的な要素である「Cortana」をベースに構築されている。この事実は、グラフィカルユーザーインタフェース(GUI)やマウス、キーボードが発明されて以来、Windowsにとって最も大きな変化が起こる前兆といえるかもしれない。

 そのような変化につながる可能性があるのは、CortanaがMicrosoftにより開発された単なる音声駆動型のデジタルアシスタントではないからだ。Cortanaは、"つながり"をデジタルで体現している。名前とユーザーの声を通じて、現代のコンピューティングを構成するプログラム、アプリケーション、システム、サービスをまとめ上げている。

 少なくとも、それがMicrosoftの目指すところだ。現時点では、まだそこには到達していないのである。実際のところ、Anniversary Updateの新機能によってCortanaが中心的な役割を果たすようになっても、その目標実現への道のりは遠い。

Cortanaの未来

       1|2|3|4 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news028.jpg

これからのマーケティングに関する8つの予言(無料eBook)
激動するトレンドを正しく理解することはマーケティングで成功するための第一歩。今回の...

news109.jpg

フォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」のEFO(エントリーフォーム最適化)機能が正式版に
nocoはフォーム作成管理システム「ヘルプドッグ フォーム」において、β版として提供して...

news068.png

広報活動がうまくいっている企業はどのくらいある?――オズマピーアール調査
国内企業の広報担当者200人を対象に、企業広報活動の実態を調査しました。