2016年09月01日 07時00分 公開
特集/連載

「Windows 7/8.1」に新しい更新方法が導入、喜ぶ人と不安な人に真っ二つのワケ簡単になる反面、混乱の可能性も

Microsoftの新しい月例アップデートプログラムにより、Windowsのアップデートの煩雑さが緩和される。一方で、IT部門によっては大きな問題が発生する可能性もある。

[Ramin Edmond,TechTarget]
日本マイクロソフトの「Windows 7 SP1 および Windows Server 2008 R2 SP1 の便利なロールアップ更新プログラム」のWebページ《クリックで拡大》

 Windowsの更新方法としてMicrosoftが新たに導入するアップデートプログラム「ロールアップ」は、IT部門にとって煩雑さを軽減するものとなる。だが、IT部門が望まないアップデートの適用を拒めないために、問題が起きる恐れもある。

 Microsoftは2016年10月から、「Windows 7」および「Windows 8.1」向けのパッチと機能アップデートを1つのアップデートプログラムにまとめて毎月リリースする計画だ。IT部門がOSを最新の状態に維持する作業を楽にするのが目的。同社は現在、月例アップデート「Patch Tuesday」を通じてパッチとアップデートを配布しているが、同じ月に追加アップデートも実施している。Microsoftでは、今後も必要に応じて追加アップデートをリリースするとしているが、その回数は減少する見込みだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news144.jpg

「BOTANIST」を生んだI-neが上場 強いブランドの秘密とは?
「BOTANIST」運営のI-neが東京証券取引所マザーズに上場。テクノロジーとマーケティング...

news052.jpg

Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レ...

news048.jpg

組織内のデータの半分以上が「ダークデータ」 回答者の66%――Splunk調査
「ダークデータ」とは活用できていない 、もしくは把握すらできていないデータのこと。