2017年01月12日 08時00分 公開
特集/連載

Windows 10の“脱パスワード”が本格化、「Windows Hello for Business」とは?パスワードのみの認証と決別

Microsoftは「Windows Hello」と「Microsoft Passport」を組み合わせて「Windows Hello for Business」を創設し、2段階認証やシングルサインオンに対応した。

[Robert Sheldon,TechTarget]
Windows Hello Windows Hello《クリックで拡大》

 「Windows Hello for Business」は2段階認証を追加することによってパスワードのみの認証に潜む危険をバックミラーに映し出す。

 Windows Hello for Businessでは、従業員が暗証番号または指紋や顔認識などの生体情報を使って会社のリソースにアクセスできる。ユーザーはMicrosoftアカウントやActive Directoryのアカウント、Azure Active Directoryのアカウント、さらにはパスワード依存の解消を目指した相互運用のオープン仕様「Fast Identity Online v2.0」に対応したIDプロバイダーのアカウントにログオンできる。

ITmedia マーケティング新着記事

news212.jpg

面白い広告は記憶に残るが、ユーモアを活用できている企業は少ない――Oracle調査
ユーモアを取り入れたブランドは支持され、ロイヤルティーが高まり、顧客は再び購入した...

news054.jpg

マクドナルドvsバーガーキング ネット戦略がウマいのはどっち?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news118.jpg

マーケターなら知っておきたい「Googleが次に可能にすること」 Google I/O 2022で発表の新機能まとめ
「検索」「地図」「ショッピング」他、Googleが年次開発者会議「Google I/O 2022」で紹介...