2017年03月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

手遅れになる前に対処すべき3つのポイント「Windows 10」のセキュリティ対策が台無しに、ユーザーがやりがちなミスとは (1/2)

「Windows 10」のセキュリティに関しては留意すべき点が多く、基本を見過ごしがちだ。本稿では常に注意を払うべき3つの項目について紹介する。

[Eddie Lockhart,TechTarget]
Windows 10のセキュリティに関するWebページ《クリックで拡大》

 Microsoftの「Windows 10」は最新のセキュリティ機能を多数備えている。2要素認証を提供する新機能「Windows Hello for Business」や、誰がどのデータにアクセスできるかを管理するためのデータ保護機能「Windows Information Protection」(WIP)などだ。ただしWindows 10とて絶対に安全というわけではなく、小さな欠陥が全てを台無しにする可能性もある。

 IT管理者は、小さな問題で全てを台無しにすることが無いよう、Windows 10のセキュリティ対策の基本を真摯(しんし)に実践すべきだ。

アップデートは抜かりなく

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...