2017年01月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

パスワードのみの認証と決別Windows 10の“脱パスワード”が本格化、「Windows Hello for Business」とは?

Microsoftは「Windows Hello」と「Microsoft Passport」を組み合わせて「Windows Hello for Business」を創設し、2段階認証やシングルサインオンに対応した。

[Robert Sheldon,TechTarget]
Windows Hello Windows Hello《クリックで拡大》

 「Windows Hello for Business」は2段階認証を追加することによってパスワードのみの認証に潜む危険をバックミラーに映し出す。

 Windows Hello for Businessでは、従業員が暗証番号または指紋や顔認識などの生体情報を使って会社のリソースにアクセスできる。ユーザーはMicrosoftアカウントやActive Directoryのアカウント、Azure Active Directoryのアカウント、さらにはパスワード依存の解消を目指した相互運用のオープン仕様「Fast Identity Online v2.0」に対応したIDプロバイダーのアカウントにログオンできる。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news010.jpg

海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。...

news023.jpg

LINEと博報堂DYデジタル、「LINE」上での広告効果測定の精緻化を図る共同プロジェクトを開始
LINEは、同社の広告サービスにおいて、効果測定の精緻化を図るプロジェクトを博報堂DYと...

news056.jpg

SSP「fluct」、Bulbitの全自動マーケティングプラットフォーム「UNICORN」と連携開始
fluctは、SSP「fluct」がBulbitのモバイルアプリ向け全自動マーケティングプラットフォー...