2016年05月26日 07時00分 UPDATE
特集/連載

暗証番号、生体認証、ピクチャパスワード「Windows 10」にどうログオンする? “パスワード不要”の3つの認証とは

認証の世界は長らくパスワードが支配してきた。だが、パスワードは万全ではない。Microsoftは「Windows 10」で、生体認証「Windows Hello」やPINなど、パスワードの代替措置を多数提供している。

[Brien Posey,TechTarget]
Windows Hello 指紋、顔面、虹彩という3種類の生体認証を使える「Windows Hello」《クリックで拡大》

 パスワードは多くのITプロフェッショナルの職歴よりも長い間、情報システムへのアクセスを制御する主要ツールだった。だが、パスワードの効果が実証済みであっても、このセキュリティ対策は万全とはいえない。

 優れた安全なパスワードは、長くて覚えにくく、入力が面倒で(特にタッチ画面のキーボードでは)、頻繁に変更しなければならないのだ。マルウェアや、肩越しにパスワードを盗み見る「ショルダーハック」などのハッキング技術により、パスワードは常に破られ続けている。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

電子書籍の閲覧デバイスはスマートフォンが主流、10〜20代では9割に迫る――マクロミル調査
いまだに読書は「紙」が主流。ユーザーの84%が紙の書籍を利用しているそうですが、週数...

news150.jpg

DataRobotとMarketoが連携、AIで業務の自動化と高精度な予測分析を一挙に実現
DataRobot Japanとマルケトは、「Marketo」と「DataRobot」のAPIによる接続検証を行い、...

news097.jpg

HubSpot CMOに聞いたインバウンドマーケティングの新フレームワーク「フライホイール」のこと
HubSpotが提唱するインバウンドマーケティングを実践するための新フレームワークと製品体...