2015年09月01日 08時00分 UPDATE
特集/連載

生体認証と多要素認証でセキュリティが向上「Windows 10はパスワードなしでも安全」の謎 「Windows Hello」とは何か

米Microsoftの最新OS「Windows 10」では、生体認証と多要素認証によって、ユーザーは必要なリソースにより簡単かつセキュアな方法でアクセスできる。

[Brien Posey,TechTarget]
ttyo20150901.jpg 目で見たりタッチしたりするだけで認証可能な「Windows Hello」《クリックで拡大》

 米Microsoftの最新OS「Windows 10」をめぐっては、スタートメニューの復活など、ユーザーインタフェースの改善が注目を集めているが、このOSには企業ユーザーに必要なアプリケーションやデータへのセキュアなアクセスを実現するための新機能が幾つか含まれている。

 Windows 10のセキュリティ機能のうち、これまで最も多く報道されてきたのは、恐らく生体認証機能「Windows Hello」であろう。Windows Helloはパスワードなしで端末にログインできるようにするための機能で、指紋認証、顔認証、虹彩認証によるログインをサポートする。指紋スキャナを搭載するクライアントPCであれば、Windows Helloを使用できる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットは信用できるのだろうか?
パーソナルデータのマーケティングへの利用を消費者はどう感じているか、ソーシャルログ...

news071.jpg

フィードフォース、セルフサービスでデータフィードの作成・管理が可能なプラットフォームを提供
フィードフォースは、データフィードの作成・管理・最適化を広告担当者自身で行うことの...

news081.jpg

Facebook広告にオフラインでの行動データを活用、アクシオムがデータ提供
フェイスブックジャパンとアクシオムジャパンは、アクシオムが提供するオフラインでの消...