2014年02月20日 15時00分 公開
特集/連載

人に聞こえない「音」がパスワード代わりに、Googleが買収した新興企業の注目技術とは注目の次世代ユーザー認証技術

米Googleが買収したSlickLoginは、音を利用したユーザー認証技術を開発している。パスワードの置き換えや追加のセキュリティレイヤーとなる可能性を秘めている。果たして、同社買収におけるGoogleの思惑とは。

[Warwick Ashford,Computer Weekly]

関連キーワード

Google | 情報漏えい | 認証 | セキュリティ


 米Googleがイスラエルの新興企業SlickLoginを買収した。SlickLoginは、「音」を用いたオンラインサービスのユーザー認証技術を開発している。

 SlickLoginは、自社WebサイトでGoogleによる買収を認めている。だが、買収に関する金銭的な条件などは明らかにしていない。

SlickLoginを用いたユーザー認証の仕組み

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

2021年ホリデーシーズンにおける米国オンライン消費額、サプライチェーン危機にもかかわらず過去最大を更新
「Adobe Digital Economy Index」によると、米国の2021年のホリデーシーズンにおけるオン...

news014.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2022年1月)
今週は、パーソナライゼーション製品の国内売れ筋TOP10を紹介します。

news146.jpg

オンライン商談システム市場 2020年度は前年度比倍増――ITR調査
コロナ禍によるオンライン商談需要の急増で市場が急拡大。訪問営業減少の影響が鮮明に表...