“パスワード使い回し”を悲劇に変える「アカウントリスト型攻撃」とは今こそ見直す「Webセキュリティ対策」【第4回】

実在するID/パスワードを利用した「アカウントリスト型攻撃」が猛威を振るっている。対策が困難だといわれるアカウントリスト型攻撃にどう対処すべきなのか? 傾向と対策を整理する。

2013年12月16日 08時00分 公開
[佐藤靖忠,Imperva Japan]

 連載第1回の「Webサイトを脅かすセキュリティ攻撃、その傾向とは?」では、会員制サイトを標的とした「アカウントリスト型攻撃」について触れた。アカウントリスト型攻撃とは、既知のID/パスワードのリストを利用して不正ログインを試みる攻撃のことであり、多数の被害が明るみに出ている。

 会員制サイトを標的としたアカウントリスト型攻撃には、どのような手法やタイプが存在するのか? 今できる対策とは何か? 連載第4回となる今回は、こうした点を掘り下げて解説する。

アカウントリスト型攻撃による不正ログイン被害の実態

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...