2013年10月29日 08時00分 公開
特集/連載

iPhone 5s「Touch ID」で“パスワードのない世界”を実現か本人確認だけではなく認証にも活用

本人確認だけではなく認証にも活用――iPhone 5sが搭載する指紋認証機能「Touch ID」によって、スマートフォンを使ってシステムやサービスのユーザー認証を行う流れが生まれる可能性がある。

[Paul Korzeniowski,TechTarget]

 米Appleが先頃発売した「iPhone 5s」は、指紋スキャナ「Touch ID」を搭載する。このこと自体は、特に目新しいことではない。

 「これまでにも多くのノートPCベンダーが、モバイルデバイスに保存されているデータを指紋技術を使って保護しようと試みてきた」。米Respect Networkで主任コンサルタント兼最高セキュリティアーキテクトを務めるダン・ブルム氏は、そう語る。

ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...