2018年05月30日 05時00分 公開
特集/連載

HR Techで臨時スタッフを生かしきるデジタル時代の人事戦略では、人事責任者の役割がますます重要に

デジタル時代の人事戦略では、自動化や埋め込み分析、使い慣れたサービス同様のインタフェースなどの導入が進み、人事責任者の役割はますます戦略的なものに変わりつつある。

[Patrick Thibodeau,TechTarget]

関連キーワード

ERP | 人事 | スキル | タレントマネジメント


 2つの異なる調査報告書から、人事部門で起こっている大きな変化が見えてきた。

 1つは、デジタル人事戦略の活用増加により、人事責任者が担う戦略的な重要性が高まっていること。もう1つは、増大する外部労働者活用に対応する必要性だ。

 この2つの傾向はつながっているようだ。外部労働者の活用が増えれば、臨時従業員の戦力化をスピードアップさせる新しい技術も必要になる。

 採用に関する課題もある。現在の労働市場で人材を獲得するプレッシャーはますます高まっており、人事責任者は新しい方法を必要としている。Oracle Applications Users Groupが開始した新しい求人サイトもその1つだ。

 以下に概要を紹介する。

総合的に機運を広げるデジタル人事戦略

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...