2018年06月08日 05時20分 公開
特集/連載

もはや珍しくないアプリの大量グラフィックス処理Microsoft OfficeをVDIで動かすならGPUは必須? 求められる仮想化インフラ再考

「Microsoft Office」にGPUは必要ないというのがVDIを導入する企業の想定だった。だが、それはもはや過去の話だ。この種のアプリケーションやWebサイトなどは、グラフィックスを多用することが増えている。

[Theresa Miller,TechTarget]

 仮想デスクトップインフラ(VDI)を利用する場合、エンドユーザーがCADアプリケーションのようなグラフィックスを多用するツールを使用しない限り、GPU(グラフィックスプロセッシングユニット)は必要ないというのが長らく一般的な考え方だった。

 だが企業が使用するOSやエンタープライズアプリケーションのバージョンが新しくなるにつれ、IT部門はこのアプローチの見直しを迫られている。今やネットサーフィンだけでもグラフィックスが大量に使用されており、Microsoft Officeなどのメインストリームアプリケーションの多くでもグラフィックスを多用する場面が増えている。

 アプリケーション自体が必要とするグラフィックスソースが増えているだけではない。昨今のユーザーは、VDIからアクセスしている場合でも、動画や大容量の画像を問題なく表示できると考えている。実際に、知らず知らずのうちに自身のデバイスで既にGPUを操作しているユーザーは多い。

もはや珍しくはない大量のグラフィックス処理

 エンドユーザーは、グラフィックスアクセラレーションが使用される状況に既に適応している。スマートフォン、PC、タブレットはいずれもグラフィックス強化のためGPUを備えている。そのためユーザーが求める操作性が変わっている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...