2010年02月03日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS富士通とシスコ、日揮の大規模ユニファイドコミュニケーション環境を構築

日揮は富士通とシスコシステムズが提供するユニファイドコミュニケ−ション環境を採用。シスコのIP電話5400台を導入し、関係者間のコミュニケーション強化・業務効率の向上を図った。

[TechTargetジャパン]

 富士通シスコシステムズ(以下、シスコ)は2月1日、両社が提供するユニファイドコミュニケーション(UC)環境が日揮に採用されたと発表した。

 日揮は、国内やアジア、欧州、中近東、アフリカ、南米などに向け、石油・ガス・石油化学のハイドロカーボン分野を中心に、プラント建設プロジェクトを展開している。横浜本社を中心に国内外に拠点を置いており、エンジニア/顧客/ベンダーなど関係者間のコミュニケーション強化・業務効率の向上を目的にUC環境を構築した。横浜本社にUCの基幹システムを導入し、本社の約4000人の役員/社員/協力会社社員にIP電話を配布した。

 システムはシスコのUC「Cisco Unified Communications Manager」と「Cisco Unified IP Phone」をベースに富士通製IP-PBX「IP Pathfinder」を軸とするマイグレーションソリューションを連携させ、富士通が構築。シスコのIP電話5400台を導入した。

画像 日揮のUC利用イメージ

 富士通とシスコは、2009年よりUC分野で戦略的提携を進めている。両社は今後、「日揮のさらなるワークスタイルの改革、業務拡大に向けた効率化の推進を支援していく」としている。日揮も研究業務の拠点である大洗研究所、海外エンジニアリング拠点などに順次UC環境を導入する予定。

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

認知度86.5%、言葉だけは知られている「民泊」――クロス・マーケティング調査
民泊初利用のきっかけは、口コミが27%を占めるようです。

news131.jpg

「SAS Customer Intelligence 360」が刷新
SAS Institute Japanは9、新しい「SAS Customer Intelligence 360」を発表した。

news018.jpg

イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。