TechTargetジャパン

レポート
同僚の連絡先が見つからない、「Office 365」はこの問題をどう解決する?
 企業における働き方が「固定」から「移動」にシフトしつつある。多くの関係者はこの変化で業務の生産性が大幅に向上すると期待した。実際、改善できたケースも多い。しかし、意外にもかえって効率が下がってしまう事例も出てきている。 その典型的な例が「社員の連絡先...(2017/2/14 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「知ってるだけ」のDevOps――すぐに始めるための簡単な方法とは
ITのアジャイル性(俊敏性)を高めると期待される「DevOps」。開発(Development)と運用(Operation)を一体化させて、システム変革を速め、ビジネスの革新も速め、一足先に競争力を得る考え方だ。 さらに、インフラやアプリケーションの自動化を推進することで、作業負...(2017/2/8 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
タブレット導入で店舗を情報武装 接客力向上のノウハウを紹介
 販売・集客の支援ツールとして、店舗にタブレットを導入する企業も珍しくなくなった。しかし、多くの販売現場は増え続ける商品や顧客ニーズの多様化などの対応に追われており、せっかく導入しても使いこなす余裕がないという状況も散見される。 だが、タブレットこそ...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

事例
自社アプリで集客/購買を促進――スキル不要で開発から顧客育成まで一気に実現
 2016年から2020年にかけて、スマートフォンアプリのダウンロード数は倍増すると予想されている。この流れを受けて、自社アプリを活用した集客促進や購買促進に取り組む企業が増えているが、実際のマーケティング効果はどのくらいあるのだろうか。 あるスポーツウェアメ...(2017/1/19 提供:ファストメディア株式会社)

製品資料
Office 365を業務現場でスムーズに定着させる方法――IT部門の手は煩わせない
 最新のOfficeアプリケーションを利用でき、豊富なコミュニケーションやコラボレーション機能でワークスタイル変革にも有効なOffice 365だが、いざ導入しても、現場の従業員がいきなり有効活用するのは難しい。 「操作方法が分からない」「使い慣れた機能しか使わない」...(2017/1/16 提供:株式会社マイクロメイツ)

講演資料
DevOpsとテスト自動化の新常識、ツールチェーンで短納期・高品質のソフト開発
 急激に変化する市場や顧客ニーズに対応するために、開発チームと運用チームを連携させる開発手法の「DevOps」が注目されている。ただしビジネスとしての成功には、ビジネスの視点が欠かせないものとなりつつある。 このような開発・運用・ビジネスの協調により目指すも...(2017/1/10 提供:リックソフト株式会社)

レポート
生涯顧客の育成という視点、クラウドの成功は長期的な二人三脚の関係
 クラウドサービスはもはやスタンダードである。企業の80%がクラウドを導入し、「関心がない」という回答は8%にとどまった、というIDCの調査報告がこれを裏付けている。目新しさの時期は過ぎ、高い価値を実際に生み出すタイミングに来ている。 ITソリューションプロバ...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築
 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
Skype for Business Onlineで社員の働き方が変わるツボ、教えます
 育児や介護をしながらの労働を可能にし、生産性も向上させようと、政府が積極的に推進している「働き方改革」。その実現には社内制度とツールが重要な要素となっている。誰かに急用が起きても、チームや部署内で業務のカバーをしあい、弾力的な働き方ができる、そんなコ...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
なぜ手を付けないのか? クラウドの利便性を電話やPBXにも
 音声コミュニケーションの手段として長年使われ続けてきたのが電話だ。クラウドやモバイルといったITの中でも、今なお20年前とほぼ同じPBX(内線交換機)を利用している企業は少なくない。例えば短縮ダイヤルの管理すら高い費用を払って業者に頼らなければならず、不便...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
労働者へのストレスチェック、年1回の実施に必要な手間と費用をどう減らす?
 厚生労働省の定めにより、労働者に対して年1回の実施が義務化されている「ストレスチェック」。労働者が50人以上の企業を対象とした制度だが、労災事故の防止や訴訟リスクの低減、人材採用への好影響などのメリットがあることから、対象外企業での実施も増えている そ...(2016/12/16 提供:インフォグリーン株式会社)

製品資料
メールやSNSの問い合わせまで漏れなく返信、統合管理ツールで対応業務を効率化
 顧客からの問い合わせは、メール・電話・Webサイトの受付フォームなど、さまざまな窓口から寄せられる。さらに近年は、SNS上で企業とコミュニケーションを取りたいと考える人も増えており、顧客接点はさらに拡大する傾向にある。 しかし、対応業務が効率化されていない...(2016/12/15 提供:スタークス株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
SFA活用で営業力強化、売り上げアップにつながる4つのステップ
 SFAは具体的な案件内容や顧客との商談履歴などを記録し、営業活動を“見える化”するツールだ。営業部員の目標達成状況などを部内で共有し、データを基にしたコミュニケーションを活性化することで、「この顧客には次にどんなアクションを起こすか」といった行動管理も...(2016/11/28 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IoT時代の無線LAN構築法、コミュニケーション基盤を維持するための3つの要件
 ビジネスの現場でもスマートデバイスや音声コミュニケーションアプリの利用が珍しくなくなっている昨今、その通信を支える無線LAN基盤には大きな負担が生じている。その一方で、音声通信やビデオ通信のようなコミュニケーション基盤は「つながって当たり前」とユーザー...(2016/11/7 提供:ユニアデックス株式会社)

製品資料
固定電話とクラウドPBXを連携、Skype for Businessで実現する統合通話環境
 近年は音声通話やビデオ通話、ビデオ会議、そしてメールやメッセージなどを統合したユニファイドコミュニケーション(UC)を取り入れる企業が増えている。UCでは多彩なコミュニケーション手段を柔軟に使い分けることができ、スマートフォンなどとの親和性も高く、高い利...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス
 Skype for Business(SfB)を含むMicrosoft Office 365は、ICTクラウド技術を活用し、時間や場所を選ばない柔軟なワークスタイルへの変革をもたらします。 Skype for Business PoC環境構築サービスは、 Skype for Businessによるコミュニケーション環境を体感して頂く...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
汎用ツールか専用ツールか? 年1回のストレスチェックで無駄を出さない製品選び
 労働者のメンタルヘルス不調の予防や改善を目的として2015年12月に施行されたストレスチェック制度。労働者が50人以上の事業所では年1回の実施が義務付けられているため、多くの企業がこの制度への対応に取り組んでいる。 しかし、ストレスチェックでは、診断結果の管...(2016/10/21 提供:インフォグリーン株式会社)

製品資料
メルマガを正しく届けるルールとは? メール配信をISPごとに最適化する方法
 企業が顧客や会員に対するプッシュ型コミュニケーションを行う上で電子メールは欠かせないが、一斉配信メールを確実に届ける仕組みを自社で構築するのは困難なことでもある。例えば、各ISPにはスパムメール対策があり、アドレス変更や解約などにより無効となったアドレ...(2016/10/18 提供:ユミルリンク株式会社)

レポート
ダウンタイムのないプラットフォームへ移行する4つのステップ
 常にスイッチオンの状態でITサービスを提供するという発想から「Always-On」という言葉が使われるようになった。これが実現することで、顧客に対するサービスの収益が最大化され、組織内では常に最新のアプリケーションがユーザーに提供され、グローバルでのコミュニケ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
宇宙開発とIT:NASAのノートPC活用から意外と身近なJAXAの技術まで
 リニアモーターカーの“鼻の長い”シルエット、壁や屋根に塗って使える断熱材、部屋の壁に用いる防音材など、宇宙開発は民間に新たなテクノロジーをもたらしてきた。その一方で、一般企業でも使われる汎用製品がロケットとともに打ち上げられ、宇宙での研究開発に役立て...(2016/10/14 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
効果が期待できない企業SNSをマーケティングツールに変えるソリューションとは
 その高い拡散性と膨大な利用者数から、今やSNSは企業の商品・サービスの認知に計り知れない影響を及ぼしている。こうした特長に着目し、マーケティングやプロモーションのツールの1つとしてSNSを活用し、情報発信を行う企業が増えている。 しかし、利用者自身が自発的...(2016/10/7 提供:株式会社テックリンク)

Webキャスト
SNSから有望顧客を発掘、ソーシャルマーケティングで認知度・ブランド力を向上
 仕事の休憩時間などを使い、スマートフォンやタブレットを利用して商品の情報を収集する消費者が増えている。これに伴い、顧客接点が店舗の販売担当者から「Web」へと急激にシフトし始めたことで、多くのB2C企業がWebマーケティングに注力し顧客接点の充実を図っている...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

事例
目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?
 任天堂は、近年、従来のゲーム機に加えて、スマートデバイス対応アプリケーションの開発にも力を入れている。2016年3月には「My Nintendo」という新サービスを開始し、同社のスマートデバイス向けアプリの第1弾となる「Miitomo(ミートモ)」もリリースした。 これまで...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
【実態調査】ロボットによる接客は受け入れられているのか?
 市場調査などを行うクロス・マーケティングは、コミュニケーションロボットの認知や接触の実態に加え、今後の普及の可能性の有無を探ることを目的に「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」を実施。その結果をまとめた調査レポートを公表した。※本資料は...(2016/9/23 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

Loading