TechTargetジャパン

製品資料
グループウェアではSFAの代わりにはならない 失敗しないための3つの視点
 一見しただけではグループウェアとの違いがよく分からない「営業支援システム」(SFA)。その導入段階では、「SFAではなく、グループウェアでもいいのではないか?」という声が上がることも多い。しかし、この両者には根本的な違いがある。 それは「システムとしての位...(2017/10/12 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

レポート
山積する電気設計者の課題、解決は「標準化」「教育」「ツール活用」にあり
 TechFactoryが実施した「電気設計者の課題」に関する調査(調査期間:2017年7月24〜8月8日)では製造業に従事する会員/読者を対象に、電気設計者が現在、直面している課題と利用しているツール類について尋ねた。 直面する課題に関しては「技術伝承」を挙げる声が最も...(2017/10/2 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
「現場」の長時間労働削減 すぐに始められる改善法の正体
 「働き方改革」推進をうたうITツールが普及し、業務改善、残業時間削減に取り組む企業が増えている中、保守メンテナンスや介護業務などの現場の作業ではIT活用が遅れており、業務フローの改善や効率化が進んでいないケースが多い。 現場での作業においてICT活用が進ま...(2017/9/25 提供:株式会社インターコム)

Webキャスト
医療情報担当者のモバイル活用、ファイザーがドクターの信頼を得た手法とは?
 営業職にとってモバイル環境は一種のライフラインといえる。中でも製薬会社のMR(医療情報担当者)となれば、医薬品の膨大な情報を扱うため高度なデータ通信が欠かせない。ファイザーにとって、MRの業務を止めないコミュニケーション基盤の整備は重要なミッションだった...(2017/9/7 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
iPhoneアプリで若年層の顧客獲得、トヨタカローラ神奈川に学ぶ「O2O戦略」
 顧客とのコミュニケーションに悩む企業は多く、とりわけ“若者のクルマ離れ”が指摘される自動車業界では大きな課題だ。そこで、トヨタカローラ神奈川はスマートフォン向けのオリジナルアプリを開発した。訪問型営業や新聞チラシなどの従来型アピールでは届きづらい若年...(2017/9/7 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
1日1.3時間の業務時間を短縮、サイバーエージェントに学ぶスマホチャット活用術
 業務用のコミュニケーションツールを、メールからスマートフォン向けのチャットツールへと転換することで、営業職を中心に1日1.3時間もの業務効率が向上したという企業がある。人気ネットサービス「Ameba」を展開するサイバーエージェントだ。 従来利用してきたメール...(2017/9/6 提供:KDDI株式会社)

Webキャスト
モバイルの導入時間を2時間から10分に、マルコメの情報共有はどう変わったのか
 部門を超えたリアルタイムの情報共有を目指す方法として、スマートフォンの全社展開は理想的だ。しかし、そこではデバイスの管理・運用が課題となる。みそを中心とした食品事業を展開するマルコメは、この課題を解消し、全社的にこれまでにない仕事の仕方を創造するべく...(2017/9/5 提供:KDDI株式会社)

レポート
話題の会議スタイル、「ハドルミーティング」を実際にやって分かった5つの効果
 働き方改革の1つに「ハドルミーティング」という会議手法が注目され始めている。もともとはアメリカンフットボールなどのスポーツで試合中に行っている作戦会議を参考にして、「短時間の効率的な会議」を実現しようと取り入れられた手法だ。 その基本は、さっと集まっ...(2017/8/29 提供:シャープビジネスソリューション株式会社)

製品資料
顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性
 取引先の担当者や、自宅や外出先でテレワークを行うスタッフとのコミュニケーションには欠かせないビデオ会議サービス。しかし、従来のサービスはIDの登録や運用管理が必要であることや、接続先が自社の特定拠点に限定されることなど、不便な面もあった。 そこで、こう...(2017/8/24 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
導入コスト・通話料金がお得な「電話会議サービス」って?
 離れた拠点間を結んでの会議やクライアントの定例ミーティングなどのコミュニケーションを、導入コストなしに簡単に実行できる電話会議。国内だけでなく、海外との急な会議にも対応しやすいツールであり、活躍するビジネスシーンは多い。 しかし、国内ならともかく海外...(2017/8/24 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
業務で役立つ「Outlook」の機能拡張、よくあるメール送信トラブルを防止
 情報漏えいなどの重大なインシデントを招きかねないメールの誤送信は、ヒューマンエラーが主原因となるだけに研修などではゼロにできない。対策のポイントは、企業がセキュリティポリシーやルールを設定し、誤送信となる要因をシステムでカバーすることだ。 「宛先」「...(2017/8/10 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

レポート
企業の成長戦略となった「働き方改革」、理想的ワークスタイルへの4つの鍵とは
 日本企業のグローバル化が進む中、急激な市場変化に対応し、短期間で価値を創出することの重要性が高まっている。ソフトウェア開発の分野でも、開発プロセスの改善による生産性向上と継続的成長が主要課題となっており、グローバルで普及しつつある大規模なアジャイルフ...(2017/8/9 提供:リックソフト株式会社)

事例
イベント対応はスマホ1台で──事例で分かるコミュニケーションツールの活用法
 日常業務から、イベント、店舗、工場の業務など、ビジネス全般においてコミュニケーションの課題を抱える現場は多い。情報を伝えるのに時間がかかる、また伝わったのか分からない、全員に即時に共有できないなど問題はさまざまだ。 そんな状況を解消する方法として注目...(2017/8/7 提供:富士通株式会社)

製品資料
インカム通話や業務用SNSをスマートフォン1台に集約、現場間の作業効率を変える
 日常業務から、工場、店舗、イベント業務など、ビジネス全般においてコミュニケーションの課題を抱える現場は多い。広大な作業現場や工場などのように、離れた場所からコミュニケーションをとることが多い現場では、適切な通信手段を確保することが意外と難しい。複数の...(2017/8/7 提供:富士通株式会社)

事例
ERPをわずか3カ月で導入して少人数で運用、外資系アパレル企業が成功した秘訣は?
 米国発のワークカジュアルブランド「ディッキーズ」の日本法人として2011年に設立されたウィリアムソン・ディッキー・ジャパン。その事業開始に向け、基幹システムを早急に構築する必要のあった同社が採用したのが、クラウドERPだった。 世界110カ国で展開するグローバ...(2017/7/21 提供:SAPジャパン株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では2017年5月に、製造業の設計・開発に携わる読者を対象に、「組み込みソフトウェアの品質」に関する利用動向調査を実施した。 組み込みソフトウェアの品質については、各社にて工程標準化や部門間コミュニケー...(2017/7/3 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
iTeachersカンファレンス 2017で紹介された主要アプリケーション一覧表
 教育機関がタブレットを活用する上で役立つのがアプリケーションだ。iOSやAndroidといった主要なタブレット向けOSには英単語学習や数学のドリル、コミュニケーションツールなど、教育活動に役立つアプリケーションが豊富にそろっている。 いち早く教育活動にITを活用し...(2017/6/26 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由
 大小を問わず世界中の企業を対象に、戦略的なアドバイザリーサービスやコンサルタントサービスを提供しているWainhouse Researchは、クライアントの会議室環境の詳細なレビューと評価を行っている。その中で、比較的小さな会議室「ハドルルーム」の重要性と価値が増して...(2017/6/26 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
今から始めるB2Bサイト構築──Webで問い合わせを作る方法
 世界中の人たちがスマートフォンを手にし、日常的にインターネットを使って情報収集している現在、企業と顧客の関係性は大きく変わり始めた。既に、企業には今まで以上の「情報発信力」や、顧客との密なコミュニケーションが求められるようになりつつある。それは直接ユ...(2017/6/20 提供:株式会社イノーバ)

レポート
情報・ナレッジ共有の3原則――生産性を向上させる情報基盤の作り方
 業務品質や生産性を向上させようと情報・ナレッジ共有ツールを導入したのに、想定したように情報共有が進まない。そんな課題に直面している企業の中には、その前段階である情報登録までしかシステム化できていないケースが散見される。 必要なメンバーに情報・ナレッジ...(2017/6/20 提供:リックソフト株式会社)

事例
情報共有基盤の刷新で商談計画を可視化、中堅・中小製造業を支えるツールとは?
 電気・通信インフラを手掛けるイートラストは順調な事業拡大の一方で、社内の情報共有に悩んでいた。事業領域の異なる2社が合併した上に、従業員が4拠点に分散。中途採用の従業員も多く、社内カルチャーが多様化しており、現場の把握と経営ビジョンの浸透が困難な状況に...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
CRMやERPなどのビジネス機能を1システムで――統合型パッケージの実力は?
 現在のビジネスでは、さまざまな形で収集されたデータを分析し、先読みした行動や迅速な対応につなげていくことが求められている。また、各種データや分析結果を迅速かつ効果的に社員間で共有することも競争力を向上させる上で欠かせない。 従来は、このようなシステム...(2017/4/11 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
業界初、資生堂が84インチ「Surface Hub」を導入した理由
 オフィス内で、社員同士のコミュニケーションを活性化させたい――そう考える企業は多いのではないだろうか。最近はコミュニケーション活性化をテーマにオフィスのデザインを変えたり、IT機器を導入する企業も増えてきている。大手化粧品メーカーの資生堂もそんな企業の...(2017/4/3 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
LINEの利便性とシャドーIT対策を両立、顧客と1対1でつながるツール活用法
 コミュニケーションツールとして多くのユーザーを抱えているLINE。その利便性はそのままに、顧客とのやりとりなどに活用したいという要望がある。しかし、自社アカウントを友達登録した顧客に対して、不在通知などの機能を提供することはできても、顧客との1対1のつなが...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

製品資料
AI+LINEで約8割が自己解決、AI活用でコンタクトセンター業務を効率化
 近年、多くの企業が顧客体験の向上を目指して、コンタクトセンターのサービス品質向上に努めている。しかし、慢性的な人材不足や社会全体の労働環境の変化などにより、顧客に対して十分な品質のサービスを提供できていない現状がある。 この課題を解消するため、チャッ...(2017/3/28 提供:株式会社KDDIエボルバ)

レポート
「データローミング=怖い」を解消したい――KDDIに聞く「世界データ定額」
 海外出張でもスマートフォンの利用が普通になってきた。日本にいるときと同じようにメールやチャットを使ったコミュニケーション、そして、マップ検索やタクシー予約サービスの利用は不可欠となっている。 それに伴い、海外におけるモバイルネットワークサービスの利用...(2017/3/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「Pepper」の接客はここまできた――自然言語処理の強化でさらに会話上手に
 「子どもと京都に行きたいんだけど、何があるかな?」と尋ねると、「家族で京都旅行、すてきですね。おすすめの宿泊先は5件ありますよ」と自然な受け答えをする。そんな滑らかに会話できるロボットが、受付・接客業務の現場に現れはじめた。 応対するのは、人とコミュ...(2017/3/21 提供:ソフトバンク株式会社)

レポート
豊島区が実現した「情報共有における脱メール」 UCが変えたワークスタイルとは
 近年、ワークスタイル変革がうたわれ、コミュニケーション方法を見直している企業は少なくない。その中「メール」は組織内外とコミュニケーションをする重要なツールだ。しかし、次から次へとメールが届いてしまい、処理がしきれないという経験をしたことはないだろうか...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
「Slack」に挑む2つのサービス、ビジネスチャットの進化の行方とは
 企業内でのコミュニケーションは従来、メールが一般的に使われていた。しかし社内メールを作成する手間や、メールが埋もれてしまい目的のメールが探しにくいなどさまざまな問題が浮上している。そこで注目されているのが、使い心地がコンシューマー製品に近く、コミュニ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

レポート
「チャットボット」が変える会社のコミュニケーション 注目ツールの活用法は?
 企業は、業務の効率化やコミュニケーション活性化を実現するため、コラボレーションツールやチャットボットに注目している。コラボレーションツールを使うことで、共同作業を効率的に進めたり、チャットボットによって欲しい情報を簡単に得たりすることができる。 コラ...(2017/3/17 提供:KDDI株式会社)

Loading