TechTargetジャパン

レポート
フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略
 カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバーとして世界中で展開する「Hooters(フーターズ)」。健康的なお色気あふれる「フーターズガール」の接客が有名だが、有名店ならではの悩みもあった。 日々多くの人が「話のタネに」と訪れるが、せっかくなら一度きりの来...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コンタクトセンターの機能をクラウドで統合、電話システムはどう変わる?
 IP電話による内線電話網(IP-PBX)を利用して通信費の節減などを図る企業は多いが、昨今はFAXやボイスメール、電子メールなどにも連係するクラウド型のIP-PBXが注目されるようになってきた。 例えば、コンタクトセンターには、ACD(着信呼自動分配)、CTI(コンピュー...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

技術文書
メールコンテンツ生成のための7つのヒント
 メール配信(ブロードキャストメール)をより活用するということは、従来1週間に数通のメッセージを手動送信していたのに比べ、毎日30通以上の異なる自動メールを送信するようになることから、ワークフローとコンテンツの管理を強化する必要がある。特に大量に必要とな...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
メールマーケティング基盤選定、必ずベンダーに確認すべき10の質問
 マーケティング担当者にとって、見込み客とのメールによるコミュニケーションは重要な施策の1つだ。しかし、今日の消費者は商品知識を自ら身に付け、日々受け取っているマーケティングメッセージは膨大だ。そのため、マーケティング担当者は自分たちのメッセージが相手...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/5/12 提供:デル株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルアプリでコンタクトセンターはどこまで顧客のストレスをなくせるか?
 スマートフォンの普及で顧客と企業の距離はさらに近くなった一方で、従来のコンタクトセンターの音声ガイダンスでは顧客ニーズに応えられなくなりつつある。そこで求められるのは、待たされたり、複雑な操作をしたりすることなく、速やかに適切な対応が受けられるコンタ...(2016/3/25 提供:富士通株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
スマートグラスやタブレットが「見たまま生の状況」を遠隔共有
 リアルタイムに現場とオフィス、また現場間をつなぎ、情報の共有を可能にするクラウドサービスが今、注目されている。スマートグラスを使えば、現場側は手元を映しながらハンズフリーでオフィスからの指示やアドバイスを把握でき、報告や会議への参加もスムーズに実行で...(2016/3/8 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

事例
アマナがセキュリティ体制を刷新、ポリシー定義から見直しIPSのすり抜けをゼロに
 広告ビジュアル制作やWebサイトを中心としたコミュニケーションコンテンツの企画制作などを手掛けるアマナは、デジタル化されたワークフロー全体で、新製品情報など機密性の高い情報を扱うことも多く、セキュリティ対策のさらなる強化が急務だった。 そこで、システム...(2016/2/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/2/16 提供:KDDI株式会社)

技術文書
DevOpsの実現を阻む「3つの壁」を打破し、開発部門も運用部門も同じゴールへ
 DevOpsは「開発と運用の一体化」によって、ITサービス提供のスピードアップ、運用コスト削減、品質向上、障害削減などのメリットが期待できる。こうした効果を最大化できるのは基幹系システムなどの大規模環境となるが、DevOpsをこうしたシステムに適用するケースはまだ...(2016/1/18 提供:株式会社野村総合研究所)

事例
SNS、スマホ時代の効果的なメールマーケティング活用事例
 今やほとんどの企業、組織がメールマーケティングの重要性を認識し、活用している。だが、SNSの台頭やスマートデバイスの普及など、顧客との接点は数年前とは大きく違っている。プッシュ型の情報配信ツールとして、あるいはOne to Oneのコミュニケーションツールとして...(2016/1/15 提供:ユミルリンク株式会社)

製品資料
東京・大阪出張1回分の費用から始められる「クラウド型Web会議サービス」
 Web会議は「テレビ電話」だけで終わらない。モニターを通じて複数の拠点を映像と音声でつなげることはコミュニケーションを促進するが、それだけでなく、資料を素早く連携し、さまざまな情報の共有も行ってこそ、ビジネスにおけるリアルなコミュニケーションとなる。 ...(2016/1/8 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

事例
見積書や請求書、顧客向けドキュメントの開発時間を70%短縮する方法
 多くの業界で顧客とのコミュニケーションの見直しが行われている。例えば、金融サービス業の例では、顧客レターのテンプレートを見直すことで、業務の効率化とコスト削減を実現。複数口座の状況を集約しグラフで分かりやすく表現しつつ、450種類以上のフォーマットを標...(2015/12/28 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
スマートフォンやタブレットと連携して、今すぐ始められるコミュニケーション改革
 スマートフォンやタブレット端末の浸透で、従来よりもはるかに低コストでビジネスコミュニケーションのレベルを向上できるようになった。社内でのボイスメール、電話会議、転送機能はもちろん、外出先や在宅ワーク中でもこうした機能を使うことができ、さらにチャットや...(2015/12/18 提供:日本アバイア株式会社)

製品資料
数字で見る、Skype for Businessによるワークスタイル変革の効果とは?
 コスト削減や従業員の生産性向上を目的に、音声やテレビ、Web会議、インスタントメッセージ、構内交換機(PBX)の代替などの機能を提供する統合コミュニケーション基盤(UC&C:ユニファイドコミュニケーションおよびコラボレーション)を活用する企業が増えている。 中...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
電子メールや電話システムではもう限界? 次世代の統合型コミュニケーションプラットフォームとは
 ビジネスのスピードや生産性を高めるため、電話、電子メール、ビデオ会議などのコミュニケーションツールが登場してきた。こうしたツールは、信頼性、セキュリティ、ビジネス継続性を高めながら統合が進んでおり、ワークスタイル変革の実現も視野に、統合型コミュニケー...(2015/11/18 提供:デル株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

レポート
“脱電子メール”で生産性向上、実現の裏側には何がある?
 どのテクノロジーにも寿命はある。電子メールは依然として企業における主要な連絡方法となっているが、今後数年の間に大きな変化が訪れる可能性がある。実際に社内のコミュニケーションとしてソーシャルコラボレーションソフトウェアを採用したところ、メールを使わなく...(2015/11/13 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
隠れコストの要因――顧客対応業務をアウトソーシングする前に考えるべきこと
 非中核業務のアウトソーシングは、経営上のコスト適正化策として認識されている。しかし、「カスタマーコミュニケーション」業務においては、本来の目的である「顧客対応の質」を前提に考えないと、事業に悪影響を及ぼすこともある。 アウトソース先となるベンダーは...(2015/10/28 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
“EC売り上げUPに直結する鉄板メール施策”を簡単にスタートできるマーケティングオートメーションとは
 1人1人にパーソナライズしたコミュニケーションを自動で実行できるマーケティングオートメーション。近年導入が進んでいるものの、初期導入や運用に苦労している企業が増えている。そんな中、2500社以上の企業に導入されているメールマーケティングシステム「WEBCAS」シ...(2015/10/21 提供:株式会社エイジア)

製品資料
メール添付できない大容量データの正しい取り扱い方
 取引先とファイルをやりとりする場合、データが大容量だとメール添付が制限されることがある。その際、Web上にある無料のファイル転送サービスを使うのが手軽で便利なのだが、やはりセキュリティが気になる。機密情報や個人情報であれば、万が一のことがあってはならな...(2015/10/9 提供:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

製品資料
国内・国外を問わず、安心・確実に大容量データを届けるクラウドサービス
 もはやビジネスコミュニケーションにメールは欠かせない。その際、さまざまなファイルをやりとりすることも多いが、データの大容量化は進む一途であり、添付形式では容量制限のため送れないこともある。そうした時に便利なのが、ファイル送受信サービスだ。 Web上には...(2015/10/9 提供:富士フイルムイメージングシステムズ株式会社)

事例
ミクシィがクラウドファーストで新しい事業展開を次々にできる理由
 クラウド環境を活用してさまざまなインターネットサービスを開発・提供していく場合、ビジネスの推移を見守りながらクラウド運用の方法を個々のサービスに合わせていくのが一般的だ。例えばパブリッククラウドを利用してスモールスタートし、利用者が増加すれば、柔軟な...(2015/10/5 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
20万円から始める「標的型攻撃メール対策」の訓練と教育
 標的型攻撃は、バラマキ型ではなく、明確な目的を持って特定企業に不正なメールを送りつける。これを受け取った社員が開封し、添付ファイルをクリックすることでウイルスがシステム内に侵入、さまざまな重要情報が盗まれていく。この手口は日本年金機構での被害によって...(2015/10/5 提供:株式会社プロット)

製品資料
リアルタイムなコミュニケーションが鍵、コラボレーションツール活用法
 今日のビジネスにおいてより大きな成果を出すためには、従来のやり方だけでは達成できない。求められているのは、ソーシャルツールなどを含めた柔軟なコミュニケーションの実現である。コミュニケーションの変革により、「顧客に近づくプロセスの改善」「部門や拠点をま...(2015/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

その他
その“OJT”、うまくいっていますか?
OJT(On the Job Training)とは、上司や先輩が、実際の仕事を通じて部下や新入社員を指導し、仕事に必要な知識や技術などを教える方法だ。 このOJTの方法が会社によって大きく異なり、OJTガイドラインを人事部で設けている会社もあれば、「配属後は現場任せ」という企業...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

その他
“できるエンジニア”に共通する10のルール
 開発部門においてコミュニケーションが不足し、エンジニアが孤立化する“タコツボ化現象”が進んだり、若手の育成を目的としたOJT(On the Job Training)が機能しなくなったり……、こうした状況にあなたは悩んではいないだろうか。 原因としては、主に、企業を取り巻...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

Loading