TechTargetジャパン

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
もはや必須ツール? 進化したユニファイドコミュニケーション「UCaaS」の選び方
 従業員の働き方を変えて生産性を向上させるために、ワークスタイル変革を実践する企業が近年増えている。ワークスタイル変革の第一歩として、企業は、デスク中心の働き方から、働く場所を自由に選べる働き方へ変わろうとしている。その働き方を実現する製品として、次世...(2016/11/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Microsoftが教える、理想のクライアント/クラウド環境を実現する12のシナリオ
 セキュリティ動向や労働環境の変化は、ビジネスに求められるクライアント環境などの条件にも影響を及ぼす。近年では標的型攻撃の激化、労働人口の減少といった社会問題が、セキュリティやワークスタイル変革、コミュニケーションに対する要件を大きく変え始めている。 ...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
IoT時代の無線LAN構築法、コミュニケーション基盤を維持するための3つの要件
 ビジネスの現場でもスマートデバイスや音声コミュニケーションアプリの利用が珍しくなくなっている昨今、その通信を支える無線LAN基盤には大きな負担が生じている。その一方で、音声通信やビデオ通信のようなコミュニケーション基盤は「つながって当たり前」とユーザー...(2016/11/7 提供:ユニアデックス株式会社)

製品資料
固定電話とクラウドPBXを連携、Skype for Businessで実現する統合通話環境
 近年は音声通話やビデオ通話、ビデオ会議、そしてメールやメッセージなどを統合したユニファイドコミュニケーション(UC)を取り入れる企業が増えている。UCでは多彩なコミュニケーション手段を柔軟に使い分けることができ、スマートフォンなどとの親和性も高く、高い利...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Businessと固定電話を統合、ハイブリッド通話システムの実力は?
 近年、ビジネスにおけるコミュニケーション環境は大きく変化し、ソフトフォンによる音声通話やビデオ通話、ビデオ会議などが多くの企業で日常のコミュニケーション手段となりつつある。ソフトフォンはメールやメッセージ、Webなどとも親和性が高く、またスマートフォン...(2016/11/4 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Skype for Business Proof of Concept(PoC)環境構築サービス
 Skype for Business(SfB)を含むMicrosoft Office 365は、ICTクラウド技術を活用し、時間や場所を選ばない柔軟なワークスタイルへの変革をもたらします。 Skype for Business PoC環境構築サービスは、 Skype for Businessによるコミュニケーション環境を体感して頂く...(2016/10/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
汎用ツールか専用ツールか? 年1回のストレスチェックで無駄を出さない製品選び
 労働者のメンタルヘルス不調の予防や改善を目的として2015年12月に施行されたストレスチェック制度。労働者が50人以上の事業所では年1回の実施が義務付けられているため、多くの企業がこの制度への対応に取り組んでいる。 しかし、ストレスチェックでは、診断結果の管...(2016/10/21 提供:インフォグリーン株式会社)

製品資料
メルマガを正しく届けるルールとは? メール配信をISPごとに最適化する方法
 企業が顧客や会員に対するプッシュ型コミュニケーションを行う上で電子メールは欠かせないが、一斉配信メールを確実に届ける仕組みを自社で構築するのは困難なことでもある。例えば、各ISPにはスパムメール対策があり、アドレス変更や解約などにより無効となったアドレ...(2016/10/18 提供:ユミルリンク株式会社)

レポート
ダウンタイムのないプラットフォームへ移行する4つのステップ
 常にスイッチオンの状態でITサービスを提供するという発想から「Always-On」という言葉が使われるようになった。これが実現することで、顧客に対するサービスの収益が最大化され、組織内では常に最新のアプリケーションがユーザーに提供され、グローバルでのコミュニケ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
宇宙開発とIT:NASAのノートPC活用から意外と身近なJAXAの技術まで
 リニアモーターカーの“鼻の長い”シルエット、壁や屋根に塗って使える断熱材、部屋の壁に用いる防音材など、宇宙開発は民間に新たなテクノロジーをもたらしてきた。その一方で、一般企業でも使われる汎用製品がロケットとともに打ち上げられ、宇宙での研究開発に役立て...(2016/10/14 提供:株式会社 日本HP)

製品資料
効果が期待できない企業SNSをマーケティングツールに変えるソリューションとは
 その高い拡散性と膨大な利用者数から、今やSNSは企業の商品・サービスの認知に計り知れない影響を及ぼしている。こうした特長に着目し、マーケティングやプロモーションのツールの1つとしてSNSを活用し、情報発信を行う企業が増えている。 しかし、利用者自身が自発的...(2016/10/7 提供:株式会社テックリンク)

Webキャスト
SNSから有望顧客を発掘、ソーシャルマーケティングで認知度・ブランド力を向上
 仕事の休憩時間などを使い、スマートフォンやタブレットを利用して商品の情報を収集する消費者が増えている。これに伴い、顧客接点が店舗の販売担当者から「Web」へと急激にシフトし始めたことで、多くのB2C企業がWebマーケティングに注力し顧客接点の充実を図っている...(2016/10/5 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
SFA活用で営業力強化、売り上げアップにつながる4つのステップ
 SFAは具体的な案件内容や顧客との商談履歴などを記録し、営業活動を“見える化”するツールだ。営業部員の目標達成状況などを部内で共有し、データを基にしたコミュニケーションを活性化することで、「この顧客には次にどんなアクションを起こすか」といった行動管理も...(2016/10/5 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
目指すは“億単位”のユーザー、任天堂のモバイルアプリ展開を支えるCDNは?
 任天堂は、近年、従来のゲーム機に加えて、スマートデバイス対応アプリケーションの開発にも力を入れている。2016年3月には「My Nintendo」という新サービスを開始し、同社のスマートデバイス向けアプリの第1弾となる「Miitomo(ミートモ)」もリリースした。 これまで...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
【実態調査】ロボットによる接客は受け入れられているのか?
 市場調査などを行うクロス・マーケティングは、コミュニケーションロボットの認知や接触の実態に加え、今後の普及の可能性の有無を探ることを目的に「コミュニケーションロボットによる接客に関する調査」を実施。その結果をまとめた調査レポートを公表した。※本資料は...(2016/9/23 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
「凄腕の変わり者」な技術者を1つのチームにまとめる5つのスゴ技
 システム開発の現場においてベテラン技術者による「職人技」に依存する手法から、複数のメンバーで構成するチームによる分業制が主流になって久しい。 開発チームを1つの組織として運用して大きなシステムを開発するには、構成メンバーそれぞれが目標(それは、進行ス...(2016/9/16 提供:株式会社リクルートキャリア)

製品資料
残念すぎる弱点がついに解消、ユーザーの不満を招かない「Skype仮想化」
 Microsoft Office 365の機能としても提供される統合コミュニケーションツール「Skype for Business」(以下、Skype)。音声/ビデオ通話、メッセージング、オンライン会議などの機能をSkypeに移行することは、ハードウェアコストと管理負荷の大幅な削減につながる。 こ...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
顧客体験のパーソナライズ化がもたらすマーケティングの変動
 今日のマーケットは極めて複雑なものになっている。 コミュニケーションの主導権は顧客側にあることが明らかな今、マーケティング担当者の課題は、顧客とのエンゲージメントをより深化させるため、迅速に、時には先回りした顧客対応を取ることが必要となっている。 す...(2016/9/12 提供:SAS Institute Japan株式会社)

事例
ミクシィがクラウドファーストで新しい事業展開を次々にできる理由
 クラウド環境を活用してさまざまなインターネットサービスを開発・提供していく場合、ビジネスの推移を見守りながらクラウド運用の方法を個々のサービスに合わせていくのが一般的だ。例えばパブリッククラウドを利用してスモールスタートし、利用者が増加すれば、柔軟な...(2016/8/15 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

製品資料
放射線医師と医療装置メーカー 治療の時間を奪わない「ホットライン」の作り方
 放射線治療装置は技術やノウハウを積み上げていく歴史が必要な分野であり、メーカーは世界でも数社に限られる。そんな中で国内180の病院への放射線治療装置の導入実績を誇るメーカーが、エレクタである。 同社は製品全般の修理、取り扱いに関する問い合わせを一本化し...(2016/8/1 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

レポート
フーターズに聞く、リピート顧客獲得のためのO2O戦略
 カジュアルアメリカンダイニング&スポーツバーとして世界中で展開する「Hooters(フーターズ)」。健康的なお色気あふれる「フーターズガール」の接客が有名だが、有名店ならではの悩みもあった。 日々多くの人が「話のタネに」と訪れるが、せっかくなら一度きりの来...(2016/6/21 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コンタクトセンターの機能をクラウドで統合、電話システムはどう変わる?
 IP電話による内線電話網(IP-PBX)を利用して通信費の節減などを図る企業は多いが、昨今はFAXやボイスメール、電子メールなどにも連係するクラウド型のIP-PBXが注目されるようになってきた。 例えば、コンタクトセンターには、ACD(着信呼自動分配)、CTI(コンピュー...(2016/6/6 提供:インタラクティブ・インテリジェンス)

Webキャスト
4分で分かるマーケティングオートメーションの鉄則
 B2B商材や購入に慎重な検討が必要なB2C商材などでは、見込み客との中長期的な関係構築が求められる。そのためには、見込み客のプロファイルや、Web上での行動などを把握し、電子メールなどを通じて適切なタイミングで最適な情報を送り、コミュニケーションを図る必要が...(2016/6/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
「Lync」から「Skype for Business」へ、MicrosoftはUC市場を制するか
 ユニファイドコミュニケーション(UC)市場の主要ベンダーへと急成長を遂げたMicrosoft。Infonetics Research の最近のリポートによると、2014年第1四半期のUC市場では最大の売上高を記録している。 2015年には「Microsoft Lync」を「Microsoft Skype for Business」へ...(2016/6/1 提供:KDDI株式会社)

レポート
生まれ変わった「Skype for Business」が導く“未来のユニファイドコミュニケーション
 Microsoftは、2015年4月に企業向けUC基盤「Microsoft Lync」の製品名を「Microsoft Skype for Business」に変更した。だが、Skype for Businessに変わることで、名称変更の意図やLyncからSkype for Businessへの移行方法、既存/検討中の企業に与える影響など、さまざま...(2016/3/31 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルアプリでコンタクトセンターはどこまで顧客のストレスをなくせるか?
 スマートフォンの普及で顧客と企業の距離はさらに近くなった一方で、従来のコンタクトセンターの音声ガイダンスでは顧客ニーズに応えられなくなりつつある。そこで求められるのは、待たされたり、複雑な操作をしたりすることなく、速やかに適切な対応が受けられるコンタ...(2016/3/25 提供:富士通株式会社)

レポート
AWSとVMwareのハイブリッドクラウド、実現性はどれくらい?
 ハイブリッドクラウドへのチャレンジは、クラウドへの移行で終わるわけではない。社内のオンプレミス環境を外部のクラウドサービスと連係することで、新たな問題が次々と出現するのだ。 例えば、VMware環境と「Amazon Web Services」(AWS)を連係するハイブリッドクラ...(2016/3/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2016/3/18 提供:デル株式会社)

製品資料
スマートグラスやタブレットが「見たまま生の状況」を遠隔共有
 リアルタイムに現場とオフィス、また現場間をつなぎ、情報の共有を可能にするクラウドサービスが今、注目されている。スマートグラスを使えば、現場側は手元を映しながらハンズフリーでオフィスからの指示やアドバイスを把握でき、報告や会議への参加もスムーズに実行で...(2016/3/8 提供:iDeepソリューションズ株式会社)

Loading