TechTargetジャパン

レポート
15カ国でこれだけ違う会議マナーと文化、「国際ビデオ会議」を成功させるには?
 不便なオフィス会議やコストの掛かる移動を不要にする「ビデオ会議」。近年は海外拠点とのコラボレーションに欠かせないツールとなっているが、まだ多くのスタッフにとっては慣れ親しんでいない技術であり、さらなる活用には社内での教育も求められる。 多くの人が国境...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
ビデオ会議活用成功のための12のヒント 15カ国でコラボレーション文化を比較
 英国の調査会社Redshift Researchが実施した調査『Global View:Business Video Conferencing Usage and Trends』によると、ビジネス意思決定者の96%は、ビデオ会議が異なる都市や国をまたがるチーム間の距離や境界を解消し、生産性を向上することに役立つと認識してい...(2014/1/27 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
遠隔地とのビデオ会議で経験した問題トップ10、調査で明らかになった原因と対策
 部門、地域、業種を越え、さまざまな“距離”の問題を解決し、遠隔地とのコラボレーションを可能とする「ビデオ会議」。その効果は出張費の削減にとどまらず、生産性の向上、意思決定の迅速化、製作プロセスの合理化、顧客満足度の向上、営業サイクルの加速など広範囲に...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

技術文書
失敗しないビデオ会議導入のための8つのアプローチ
 何年も前にビデオ会議を何回か使い、時にはうまくいくことがあっても、最初の15分くらいはIT担当者に手伝ってもらわなければならないのが常で、参加者は不安定な音質と画質に閉口した――。こうした経験をしたエンドユーザーは、ビデオ会議を二度と使いたいと思わないだ...(2013/12/11 提供:プレミアコンファレンシング株式会社)

製品資料
百聞は一見に如かず――ビデオ会議システム導入はトライアルで決める
 ビデオ会議システムに興味はあるが、品質や操作性が不安だという場合には、トライアルを試すという選択肢がある。IIJグローバルソリューションズでは、ユーザーニーズに合致した各種トライアルプログラムを用意している。 「クラウド型多地点接続無償トライアルプログ...(2014/1/24 提供:IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
ビデオ会議を「ただの会議」から「組織やワークスタイル変革」につなげる
 ビデオ会議システムは、メールや電話では伝えられない細かなニュアンスを共有でき、社内外のコミュニケーション密度を大幅に向上させる。意思決定のスピードアップ、テレワークの推進など効果はさまざまで、さらなるニーズも生まれている。 実施のためには、高価な専用...(2016/3/1 提供:株式会社プリンストン)

レポート
ユーザーが待ち望む「クラウドビデオ会議」、次の課題は相互運用性
 企業で一般化しつつあるビデオ会議のクラウドプラットフォーム化が進んでいる。クラウドを通じて、ビデオ会議をサービスとして提供するサービスプロバイダーが増加。これによって特定の専用機を用意しなくてもビデオ会議が手軽に使えるようになる。大企業中心だったユー...(2013/3/1 提供:日本アバイア株式会社)

製品資料
マルチベンダー環境で、BCP対策を強化する「デスクトップ仮想化」「ビデオ会議」の導入を成功させるには?
 近年、企業はITコストの削減を進める一方で、セキュリティの向上、コンプライアンスの強化、BCP対策といったITの強化にも積極的に取り組んでいます。 特に震災の影響から、BCP対策の強化は企業にとって重要な課題の1つとなり、「デスクトップ仮想化」や「ビデオ会議シ...(2011/9/30 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
モバイル会議導入前に知っておくべき従来型ビデオ会議の限界
 調査会社のフロスト&サリバンが200人を超える経営幹部を対象に行った調査によると、ビデオ会議を既に導入している企業の満足度は高く、ユーザーのほぼ半数が、「1年以内にさらに利用を拡大する予定がある」と答えたという。フロスト&サリバンでは、そのビデオ会議利用...(2012/9/28 提供:Vidyo Japan株式会社)

技術文書
仮想インフラでビデオ会議を運用、専用ハードウェアと同等の品質を確保するには?
 従来のビデオ会議システムは、規模や信頼性を確保するために専用のハードウェアやアプライアンスを導入する必要があった。しかし、IT業界における現在の主な動向はデータセンターの仮想化であり、ビデオ会議のインフラもそれに対応させる必要がある。 このホワイトペー...(2014/11/12 提供:ポリコムジャパン株式会社)

技術文書
クラウドとiPad――ビデオ会議をより使いやすくする2つの潮流とは
 現在、多くの従業員にとってビデオ会議は主要なコミュニケーション方法となっている。もはや電話によるコミュニケーションだけでは、人に訴えかけるのは難しい。 ビデオ会議は大幅に普及しただけではない。今やビデオ会議へのアクセスと管理を容易にするクラウドとiPad...(2013/5/16 提供:Vidyo Japan株式会社)

事例
事例紹介:高解像度ビデオ会議システムが、全国50拠点に導入された訳
遠隔地の店舗や営業所の社員が、新商品の情報や専門知識を学習するなど、ビデオ会議で移動時間を減らし、生産性の向上や業務の効率化を支援したいというニーズは高い。本資料では、本社をはじめ、全国の支店・営業所50カ所にポリコムのビデオ会議システムを導入した事例を...(2009/4/10 提供:ポリコムジャパン株式会社)

講演資料
実はもう準備はできている、Skype for Business Onlineで始めるビデオ会議
 ビジネスのグローバル化は今後さらに進んでいくと考えられる。またモバイルワークなど場所を選ばない働き方も広まり、他企業との協業もより柔軟なかたちで行われている。遠く離れた拠点同士でリアルタイムに意見をぶつけ合い、迅速に業務のゴールを目指す、このような場...(2016/12/20 提供:日本マイクロソフト株式会社)

レポート
4社のコスト比較で評価するビデオ会議の総所有コスト(TCO)
 東日本大震災をはじめとする自然災害被害などの経験から、日本企業でもビデオ会議ソリューションの有効性が認知され始めた。しかし、いざ導入するとなると、その明確な投資対効果(ROI)を算出するのは難しいだろう。特に導入に対するコストがどれくらいかかるのかは...(2013/5/16 提供:Vidyo Japan株式会社)

事例
出張旅費を月100万円削減、体感型ビデオ会議で実践する働き方変革プロジェクトとは
 会議室やミーティングルームにカメラを設置し、遠隔地からでも会議に参加できるビデオ会議システムを導入している企業はもはや珍しくない。しかし、単に話す姿が映され音声が流れるだけでは、電話で話をしている感覚しか得られないというケースも多い。そのため、「込み...(2015/6/12 提供:シスコシステムズ合同会社)

製品資料
「どこでも働ける」環境は損か得か? 調査で分かった間違えた思い込み
 この10年ほどで急速に進化したコラボレーションテクノロジーは「どこでも働ける」環境を生みだした。出張先のホテルからビデオ会議に参加するようなことも、今では当然のように行われている。しかし、より効率的なコラボレーションを可能にするためには、最新のテクノロ...(2017/6/27 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
今選ぶべきビデオ会議ソリューションの4つの条件
 ビデオ会議ソリューション(VDC)の利便性は広く認知され始めているが、先行きの見えない経済状況の中ではIT投資には慎重にならざるを得ない。自社のワークスタイルの多様化を見据えて導入を検討する際、どのようなポイントを重視して製品やベンダーを選べばよいのだろ...(2013/5/16 提供:Vidyo Japan株式会社)

レポート
オフィス以外でも働ける世界へ、海外に比べて日本の働き方改革に出遅れも
 12カ国・2万5234人の働く人たちを対象にした調査で、国別、年代別、職務別に、勤務形態に対する意識の違いが浮き彫りになった。総体的にワークライフバランスや生産性の向上を目指して、グローバルに働き方改革が進展している。だが、この改革の波に日本は取り残されつ...(2017/7/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
会議中のクリアな音質に着目、「雑音除去機能」の効果を徹底検証
 日常生活にはさまざまな音があふれている。遠隔拠点とのコミュニケーションでは、日ごろ意識していない音が耳障りになることが多い。本レポートでは、参加者同士が雑音に気を取られることなく、自然な会話を実現するための2つのノイズ対策機能について検証している。 1...(2017/2/28 提供:ポリコムジャパン株式会社)

製品資料
「Skype」「YouTubeLive」とも連携、進化したテレビ会議システムの活用法は?
 「テレビ会議システム」は、ビジネスにICTを活用しようという動きのなかで比較的早くに登場したものの1つだろう。長年愛用してきたシステムがある、という企業も多いはずだ。ただ、当然のことながら製品の進化は今も続いている。 それは、映像や音声の品質が向上したと...(2017/7/3 提供:アバー・インフォメーション株式会社)

事例
ビデオコラボレーション技術で実現する働き方改革、生産性向上のポイントは?
 育児や介護、引っ越しなどのライフイベントにも柔軟に対応可能な「どこでも働ける勤務形態」を求める声が高まっている。企業がこうしたリモートワークを求める従業員のニーズに応え、必要な技術を導入することは、有能な人材を維持するとともに、組織内の信頼の文化の醸...(2017/7/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

製品資料
高画質、低遅延を実現したクラウド型HDビデオ会議
 ワークスタイルの多様化やモバイルデバイスの普及で、オフィス以外の場所でも仕事をする人が増えてきた。それに伴いビデオ会議もコミュニケーション&コラボレーション手段として注目を集めている。だが、外出先からスマートフォンでビデオ会議に参加して画質や遅延にが...(2014/2/26 提供:株式会社アイネット)

レポート
会議の削減/時間短縮に関するアンケート(2017年4月)
 TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「会議の削減/時間短縮に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与...(2017/7/3 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

レポート
少人数しか入らない「ハドルルーム」の活用が注目される理由
 大小を問わず世界中の企業を対象に、戦略的なアドバイザリーサービスやコンサルタントサービスを提供しているWainhouse Researchは、クライアントの会議室環境の詳細なレビューと評価を行っている。その中で、比較的小さな会議室「ハドルルーム」の重要性と価値が増して...(2017/6/26 提供:ポリコムジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

事例
ビデオ会議でコミュニケーションを強化、医療と介護、福祉の融合とケアの質向上を目指す
 NHCSは、精神科医療と高齢者ケアを提供する翠会ヘルスケアグループで電子カルテシステムの開発・導入サービスを提供する企業だ。医療と介護、福祉を融合したサービスの必要性から、同グループでは拠点間の交流を進めてきたが、研修会を複数回数行うのはコストも日程調整...(2014/1/24 提供:IIJグローバルソリューションズ)

製品資料
高品質なビデオ会議でコスト削減、業務効率化を図りワークスタイルを変革
 在宅勤務やリモートオフィスの導入などワークスタイルが変化する中、ビデオ会議ソリューションも注目を集めている。従来の対面コミュニケーションに取って代わるには、高精細画質と高品質の音声が望ましい。また、スマートデバイスやタブレットなど多様な環境への対応も...(2014/1/24 提供:IIJグローバルソリューションズ)

レポート
5000人への調査で分かった「遠隔地コラボレーションに関する課題 トップ10」
 多くの職場は変化し続けており、その主な要因は、さまざまなコミュニケーションテクノロジーが導入されていることだ。先進的な企業や組織は、既にオフィスの所在地による制限を受けることなく事業を展開している。 そんな中、世界中の5000人のビジネスパーソンが参加し...(2014/5/27 提供:ポリコムジャパン株式会社)

レポート
シドニー工科大の特別研究員が解説:人々に力を 〜ビデオコラボレーション技術の効果的な活用法
 今日、組織における価値の創造や競争力の向上には、人的資本に基づく「知識の活用」が重要となってきている。組織が人的資本の価値を十分に引き出すには、地理や場所に関係なく、効率的かつ効果的なコラボレーションが必要だ。これを実現するにはビデオ会議をはじめとす...(2015/3/6 提供:ポリコムジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月22日号:ムーアの法則との決別(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月22日号は、以下の記事で構成されています。■英政府機関が痛烈批判「セキュリティ企業は不要な製品を売りつけている」■AIC、M.2、U.2どれを使うべき? NVMeの疑問を専門家にインタビュー■ビデオ会議システムで医療技術の習得と普及を目...(2017/3/22 提供:アイティメディア株式会社)

Loading