2023年07月07日 06時15分 公開
特集/連載

メールのやりとりに困難を抱える「ディスレクシア」の人をChatGPTが救う可能性コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるには【第5回】

障害のある人が感じるコミュニケーションの難しさを軽減する手段として、OpenAIの「ChatGPT」をはじめとする「生成AI」ツールが生かせる可能性がある。具体的にはどのような形で役立つのか。

[Katherine FinnellTechTarget]

 2023年に入り、OpenAIのAI(人工知能)チャットbot「ChatGPT」の利用が急速に広がっている。こうした「ジェネレーティブAI」(生成AI:テキストや画像などを自動生成するAI技術)ツールは、コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」(利用しやすさ)向上の一翼を担う可能性がある。それはどういうことなのか。

ChatGPTなどの生成AIが「テキストコミュニケーション」の困難を解消

 コミュニケーションツールのアクセシビリティーを向上させるには「障害のある従業員を、そのプロジェクトリーダーに配置することが近道になる」と、VMwareでアクセシビリティー担当を務めるシェリ・バーン=ヘイバー氏は語る。障害のある従業員は「アクセシビリティーの課題を最もよく把握しており、どのような手段を導入すれば解決できるかについて貴重な知見を持っている」(バーン=ヘイバー氏)からだ。

 バーン=ヘイバー氏によると、生成AIツールをコミュニケーションツールのアクセシビリティー向上に利用できる。「企業はChatGPTをはじめとする生成AIツールの機能をよく理解した上で、アクセシビリティー向上にどのように活用できるかを考える必要がある」と同氏は言う。

 例えば文字の読み書きに難しさを感じる「ディスレクシア」(発達性読み書き障害)の人は、会話が問題なくできる一方で、メールなどのテキストコミュニケーションツールで文章を書くときに、文法やスペルを間違えることがある。その際、文章をChatGPTに入力して「どこが間違っているのか」と質問すれば、人を介さずに文章の修正ができる可能性がある。「失読症の人は生成AIツールの力を借りれば、文章でも言いたいことを正確に伝えられるようになる」(バーン=ヘイバー氏)


 企業はアクセシビリティーの観点からコミュニケーションツールの導入を検討する際、IT業界団体Information Technology Industry Council(ITI)が定める「VPAT」(Voluntary Product Accessibility Template)を利用できる。VPATは任意のITツールに対し、アクセシビリティー基準をどれくらい満たしているかを評価するためのテンプレートだ。ベンダーがアクセシビリティーに関する情報を提供していなくても、ユーザー企業は自社でコミュニケーションツールのアクセシビリティーを把握できる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...

news054.jpg

サブスク動画配信サービスの市場規模が5000億円超え 最もシェアを伸ばしたサービスは?――GEM Partners調査
定額制動画配信サービスの市場規模は2020年以降、堅調に拡大しています。ただし、成長率...

news044.jpg

ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」に海外ニュースのクリッピング機能を追加
ビルコムは、クラウド型PR効果測定ツール「PR Analyzer」に新機能「海外メディアクリッピ...