コミュニケーションツールはなぜ“使いにくい”のか 技術だけじゃない理由コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるには【第3回】

コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるためには、適切なツールや技術を選ぶだけではなく、人による“ある工夫”も大切だという。それは何なのか。

2023年06月23日 06時15分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」(利用しやすさ)向上は、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を推進する上で重要になる。実際にアクセシビリティーの向上に取り組む際、企業が「軽視してはいけない」のは何なのか。

「コミュニケーションツールの使いにくさ」の“技術だけじゃない原因”はこれだ

 「会議のマナーや資料の共有方法といった技術面以外のことが、コミュニケーションツールのアクセシビリティー向上を進める上で障壁になる可能性がある」。アクセシビリティーアナリストのクラウディオ・ルイス・ベラ氏はそう語る。ベラ氏によれば、アクセシビリティーを向上させるには、最適なコミュニケーションツールの導入と、それらの利用に当たってのルール作りが欠かせない。

 企業は障害のある従業員を無意識に差別することがないよう、アクセシビリティーを重視したポリシーを策定することが重要だ。例えば聴力に障害のある従業員に対しては、Web会議ツールを使う際に字幕機能を設定する必要がある。企業はアクセシビリティーポリシーの一環として、あらかじめ字幕機能の設定をルール化すれば、個々の会議で字幕機能を設定する手間を省ける。

 セキュリティの観点から、Web会議ツールの字幕や文字起こし機能を無効にする企業がある。そうした企業は例えば、文字起こしした会議記録に一定期間だけアクセスできるようにし、期限が過ぎたら会議記録を自動削除するといった対策を講じれば、セキュリティとアクセシビリティーの両立を図ることができる。「ちょっとした工夫でセキュリティ担当も、視覚障害の従業員も喜ぶはずだ」と、VMwareでアクセシビリティー担当を務めるシェリ・バーン=ヘイバー氏は語る。


 第4回はコミュニケーションツールのアクセシビリティー向上が、さまざまな従業員にメリットをもたらす理由を説明する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news053.jpg

「docomo Ad Network」 高LTVユーザーのみに広告配信ができる顧客セグメントを追加
D2Cは顧客生涯価値が高くなることが見込まれるセグメントを抽出し、新たなセグメント情報...

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。