オンラインホワイトボードやVR/ARが「障害者にとって使いにくい」のはなぜ?コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるには【第2回】

さまざまなコミュニケーションツールの採用が進む中、障害者にとって新たな「働きにくさ」が生まれているという。それはなぜなのか。

2023年06月16日 06時15分 公開
[Katherine FinnellTechTarget]

 Web会議ツールをはじめ、オフィスワークとテレワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク」を支える、さまざまなコミュニケーションツールがある。こうしたコミュニケーションツールの全てが「アクセシビリティー」(使いやすさ)を考慮しているわけではないと、アクセシビリティーアナリストのクラウディオ・ルイス・ベラ氏は指摘する。

“便利”なはずのツールが障害者にとって「便利じゃない」可能性

併せて読みたいお薦め記事

連載:コミュニケーションツールの「アクセシビリティー」を向上させるには

快適な「コラボレーション」の実現方法


 アクセシビリティーに関して特に課題があるとベラ氏がみるのは、仮想的なホワイトボードである「オンラインホワイトボード」だ。特に「視覚や聴覚に障害のある人にとって、オンラインホワイトボードは使いにくい」とベラ氏は述べる。

 オンラインホワイトボードでは物理的なホワイトボードとは異なり、1枚の仮想ホワイトボードに豊富な情報を書き込むことができる。仮想ホワイトボードを画面内で上下左右に移動させたり、拡大縮小させたりすることも可能だ。そのため注意の持続や衝動性の抑制に難しさを感じる「注意欠陥・多動症」(ADHD)の人にとっては気が散りやすく、中には「乗り物酔いのような症状に陥る人がいる」と、VMwareでアクセシビリティー担当を務めるシェリ・バーン=ヘイバー氏は語る。

 バーン=ハーバー氏によると、アクセシビリティーの観点から注意が必要なのは、仮想現実(VR)/拡張現実(AR)ツールの利用だ。VR/ARツールは、特に視覚障害のある人にとって利用しにくいという。VR/ARツールによる仮想空間は動的で、話し手や他のエンドユーザーの動きに応じて常に変化するからだ。「リアルタイムで誰がどのように動いたのかを音声で知らせる機能があれば、視覚障害がある人にとっても使いやすくなる」(バーン=ハーバー氏)


 第3回は、コミュニケーションツールのアクセシビリティー向上において、技術面以外で必要なことを考える。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...