「パンデミック後でも事業は堅調だ」とZoom経営者が語る理由は?パンデミック後のZoomの業績【後編】

Zoomの法人ユーザー数が増加している。2024年度の見通しも前向きだ。財務状況と同社CEOによる分析を踏まえて、同社の今後の展望を紹介する。

2023年07月27日 05時15分 公開
[Joe O’HalloranTechTarget]

 Web会議システムを提供するZoom Video Communications(以下、Zoom)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)で一気に知られるようになった。パンデミックが落ち着く中で、Zoomの経営者は現状の事業をどのように認識しているのか。

「Zoom」法人ユーザー数の状況は?

 Zoomの法人ユーザー数は拡大しており、同社の2024年第1四半期(2023年2月〜4月)終了時点での法人ユーザー数は約21万5900社で、2023年第1四半期と比べると9%増加した。

 同社の創設者兼CEOのエリック・S・ユアン氏は、Zoomの製品やサービスは世界中の法人ユーザーにとって、コミュニケーションツールとして必要不可欠なものになったと強調する。2024年第1四半期の業績について、ユアン氏は次のように述べる。「当社が株主に提示した見通しを上回ることができた。同時に、事業の効率を改善し、収益を得るための堅実な仕組みを実現したことから、フリーキャッシュフローマージン(企業が自由に使途を選択できるキャッシュ)を確保できた」

 Zoomは、GAAP(米国会計基準)による業績と、GAAPの数値から一時的な損益を除いたNon-GAAPの指標を公開している。双方の視点から、今後の見通しを以下の通り示した。

  • 2024年度通期(2023年2月〜2024年1月)
    • 売上高は44億6500万〜44億8500万ドル。為替変動の影響を除けば44億9500万〜45億1500万ドル
    • Non-GAAPの営業利益は16億3000万〜16億5000万ドル
  • 2024年度第2四半期(2023年5月〜7月)
    • 売上高は11億1000万〜11億1500万ドル。為替変動の影響を除けば11億2000万〜11億2500万ドル
    • Non-GAAPの営業利益は4億500万〜4億1000万ドル
    • Non-GAAPの1株当たりの純利益(EPS:Earnings Per Share)は1.04〜1.06ドル

 2024年度のスタートを堅実に切れたことから、「新技術への投資を継続しながら、2024年度の業績見通しを引き上げることが可能になった」とユアン氏は説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

D2CとD2C Rが「docomo connecting path(コネパス)」計測タグを無料配布
D2CとD2C Rは、Cookieレス環境でもリターゲティング広告やオーディエンス分析が可能な新...

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...