IT企業が“大規模削減”を淡々と進める理由と「再増員のエックスデー」「IT人材はIT企業で働く」の常識が変わる【前編】

IT業界で世界的な人員削減が続き、新規雇用も伸びない状況が続いている。こうした状況を招いた原因とは何なのか。この状況が改善するとすれば、それはいつなのか。

2023年04月18日 10時00分 公開
[Patrick ThibodeauTechTarget]

関連キーワード

人事


 2023年2月にはWeb会議ベンダーZoom Video Communicationsが人員削減計画を発表するなど、大手を中心にIT企業の間で人員削減が相次いでいる。人員削減の背景には何があるのか。これからも人材削減は続くのか。

人員削減の理由は? 増員に転じる日はいつ?

 Zoom Video Communicationsは従業員の約15%に当たる1300人を削減する方針を発表。同社CEOエリック・ユアン氏は、影響を受ける従業員にメールで通知したという。

 人員削減に踏み切るIT企業は概して、理由として以下を挙げる。

  • 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の際に、過剰な人員を補充したこと
  • 経済状況が先行き不透明であること

 IT企業の雇用者数は減少傾向にある。雇用市場調査会社Janco Associatesによると、2023年1月にはIT業界で4700人が人員削減の対象になった。対してIT業界団体CompTIA(Computing Technology Industry Association)は、2023年1月のIT企業の削減人員数を2489人と推計する。2つの組織の間で数値が大きく異なるのは、雇用市場アナリストが雇用者数の増減を計算する際に、異なる職業分類を用いることがあるためだ。

 Janco AssociatesのCEOビクター・ジャヌライティス氏は、2023年中にはIT企業の雇用者数が増加傾向に転じると推測する。ソフトウェアエンジニアなどのIT人材に対する需要は、依然として強いからだ。ただし経済状況に逆風となるさまざまな要因があることから、新たな雇用のほとんどは2023年の下半期に発生するとジャヌライティス氏はみる。


 後編はIT企業ではなく、一般企業のIT部門で雇用が活発化している理由について、専門家の見解を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...