Appleが「iCloudの高度なデータ保護」で得る安全性だけじゃない“うまみ”とはAppleのE2EEに対する賛否【第3回】

Appleは「iCloud」のセキュリティ機能「iCloudの高度なデータ保護」を追加し、データ侵害に対する懸念を取り除こうとしている。この動きは、同時にApple自身にもメリットをもたらすという。それはなぜか。

2023年04月18日 05時00分 公開
[Arielle WaldmanTechTarget]

関連キーワード

Apple | セキュリティ | 暗号化


 Appleの「iCloudの高度なデータ保護」(iCloudの高度なデータ保護)は、同社のオンラインストレージサービス「iCloud」内のデータの保護を強化する。iCloudの高度なデータ保護を好意的に受け止める専門家は、どのような意見を示しているのか。

「iCloudの高度なデータ保護」でAppleは得をする?

 iCloudの高度なデータ保護の根幹を成すのは、データの送信元から送信先までの通信を暗号化する「エンドツーエンドの暗号化」(E2EE)だ。イスラエルのセキュリティ分野のスタートアップ(新興企業)、Hub Securityの共同創業者兼最高技術責任者(CTO)であるアンドレイ・イアレメンコ氏は「E2EEは、攻撃者がAppleなどのITベンダーのサーバから、エンドユーザーのデータを盗むリスクを軽減することに役立つ」と言う。

 データの不正な公開といったデータ侵害を招く脅威の中でも、ランサムウェア(身代金要求型マルウェア)攻撃は特に懸念事項だ。とりわけ病院や学校など、重要インフラのデータが攻撃者に盗まれると大きな問題になりかねない。

 イアレメンコ氏は、Appleの業績にもiCloudの高度なデータ保護が影響するとみる。同社がiCloud内のデータを暗号化できれば、攻撃者が侵入してデータを盗んでも、簡単には内容を読み取れない。「同社への罰金や悪評、金銭的な損失などが生じにくくなる」と同氏は言う。

 テレワークの普及に伴い、iCloudの高度なデータ保護は、消費者と企業の双方にとって重要なものになる。米TechTargetの調査部門Enterprise Strategy Group(ESG)のシニアアナリストであるジャック・ポーラー氏は、AppleのE2EEは「企業向けと同水準の保護を消費者にもたらす」との見解を示す。調査会社Forrester Researchのアナリストのジェフ・ケアンズ氏は「価値のある標的だと攻撃者が見なすエンドユーザーにとって、iCloudの高度なデータ保護は有用だ」と語る。

 従業員の私物のApple製デバイスにも、企業の機密データが入っていることがある。人々が頻繁にテレワークをするようになると、業務デバイスはいっそうインターネットに、つまり攻撃者に開かれた状態になりやすい。「Appleはセキュリティ機能の拡充を通じて、こうした状況に対処しようとしている」と説明する。


 第4回は、E2EEの導入に懸念を示す専門家の意見を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。