TechTargetジャパン

技術文書
リモートオフィス向けサーバ参照用構成 Hyper-V 統合システム
 拠点(リモートオフィス、支社、事業所、スモールオフィス)におけるサーバシステムは、本社データセンターよりもさらに管理およびサポートのオーバーヘッドが最小になるような効率的なITインフラが求められている。 本ホワイトペーパーでは、Windows Server 2012 Hype...(2013/11/22 提供:デル株式会社)

製品資料
拠点間通信を最適化、「SD-WAN」導入で得られる4つのメリット
 仮想化技術やクラウドの普及により、企業ネットワークのトラフィックは激増している。アプリケーションは遅延しやすくなり、ネットワークの信頼性と品質がより重要になった。しかし、従来リモートオフィスなどとの接続に使われてきたMPLSネットワークはクラウド環境に求...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
全ての企業が直面するITの「複雑化」、解消の鍵は統合型ITプラットフォーム
 企業のリモートオフィス・支社や中堅・中小企業では、常にITに関連する「複雑化」の問題を抱えており、ビジネスの成長と拡大が進む中、ますます柔軟性と効率性に頭を悩ませている。 こうした「個別ソリューションが混在しているITプラットフォームの複雑さ」「複数のシ...(2015/12/3 提供:デル株式会社)

製品資料
ニーズに合わせて選ぶハイパーコンバージド製品、定番ラインアップをチェック
 仮想化環境の構築に必要な機器がオールインワンでそろうハイパーコンバージドインフラ(HCI)は、他にも仮想デスクトップや業務アプリケーションの運用、リモートオフィス、テスト・開発などさまざまな場面で活用されている。 そのニーズ拡大に応じて、製品モデルも多...(2017/1/26 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/8/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
クラウドセキュリティを全方位解説:機密データとパフォーマンスの守り方
 「Salesforce.com」「Office 365」「Box」といったクラウドアプリケーションの企業導入は、爆発的に広がっている。しかし、ほとんどのIT部門がビジネスメリットを考慮してクラウドベースのアプリケーションを評価および選択するのに対して、セキュリティやパフォーマン...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

レポート
「クラウド時代のデータ管理」実態調査――ITキーマン223人はどう考えている?
 プライベートクラウドやパブリッククラウドが急速に普及した主な理由として、コスト削減、導入期間の短縮、災害対策(DR)といったニーズが挙げられる。しかし、データセンターやリモートオフィスのバックアップ、長期保持データのバックアップなどの利用が進んだことで...(2016/7/22 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
30分でセットアップ完了、ハイパーコンバージドで構築する仮想化基盤
 仮想化基盤の導入・拡張に、頭を悩ませているIT部門は少なくない。サーバやストレージ機器の選定には互換性チェックなどが必要となり、導入時には各機器の設定に数日かかることも珍しくない。その上、導入後には、仮想マシンに必要なパラメータ設定作業が残っている。 ...(2017/1/26 提供:テクマトリックス株式会社)

製品資料
オンプレミスへの回帰で注目、コンバージドインフラが解決する「4つの課題」
 企業ITのトレンドとして、パブリッククラウドへの移行は今後も続くと予想されるが、システム規模やサービス利用期間によっては、パブリッククラウドのコストがオンプレミスのコストを上回ることがあることを知っているだろうか。そのため、「オンプレミスへの回帰」とい...(2016/4/1 提供:デル株式会社)

製品資料
うまくいくAWS移行──AWSで起動中のアプリを100倍加速する方法とは
 クラウド管理サービスを提供するRightScaleの調査によると、57%の企業が既にワークロードの一部を「Amazon Web Services(AWS)」に移行している一方で、68%の企業では、クラウドで起動しているアプリケーションポートフォリオの割合は依然として5分の1未満にとどまる...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
Azure移行を成功させる「パフォーマンス管理」とAzure特有の注意点とは?
 多くの企業がWebサーバやデータベースリポジトリ、オンラインストレージなどのコンテンツとアプリケーションワークロードを「Microsoft Azure」に移行している。しかし、クラウドアプリケーションのデリバリーモデルには、帯域幅の制限、遅延、限りのあるリソースの奪い...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
クラウド移行を妨げる「行き詰まったネットワーク環境」、SD-WANで何が変わるか?
 クラウド移行は必然的な流れだが、容易なことではない。クラウド移行の成否を左右する大きな要因の1つは「ネットワーク環境」であり、「分散化された労働力」「クラウドベースのサービスやアプリケーション」、そして「帯域幅集中型のコラボレーションツール」という3つ...(2016/12/16 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
未来のWANの姿を考えよう──WANがソフトウェア定義へと向かうこれだけの理由
 クラウドの採用に加え、リッチメディアや双方向通信といった帯域幅を大量に消費するアプリケーションをサポートするために必要な、帯域幅要件の拡大が進んでいる。そのため、遠隔地でのハイブリッドWANトポロジー(MPLS、インターネット、LTEの方式を組み合わせた接続形...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」だ。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態でパフォーマンス...(2016/11/1 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
ハイパーコンバージドインフラの基礎解説――製品選び「8つのポイント」
 ハイパーコンバージェンスとは、データセンターに期待するパフォーマンスや安定性、可用性を損なうことなく、クラウド環境のような経済性と規模を実現できる方法だ。このコンバージェンスというトレンドは、複雑性が増加しているデータセンターをシンプルにするために生...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
「システム維持」の時間を40%以上削減――ITインフラの何をどう変えたのか
 これまでIT部門は独自のインフラを構築し、アプリケーションの購入を進めていた。しかし現在ではこうしたモデルの逆を目指すようになり、迅速にアプリケーションの構築が可能であるだけでなく、シンプルで導入しやすいITインフラを求めるようになってきている。 こうし...(2016/9/5 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
見えはじめた“第1世代”の課題、次世代ハイパーコンバージドはどこが変わる?
 ハイパーコンバージドインフラは、高度な共有ストレージシステムを必要とせずに仮想化クラスタを導入できることから、仮想デスクトップなどの基盤として広く使われている。しかし、多くの製品がネットワーキングを補足的に扱っていることに起因して、幾つかの課題も見ら...(2016/5/24 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
普及が進むデスクトップ仮想化(VDI)、オープンで標準化された技術によるリファレンスアーキテクチャとは
 デスクトップ仮想化(VDI:Virtual Desktop Infrastructure)は、事業継続性の向上、セキュリティ強化、クライアント端末の運用管理の負荷軽減、ワークスタイル変革(在宅勤務やリモートアクセスによる従業員の生産性向上)など、ビジネスに大きなメリットをもたらす。(2015/11/18 提供:デル株式会社)

製品資料
デバイス不問のアプリ活用と安全性を両立するリモートアクセス基盤の構築術
 モバイル活用、私物端末の業務利用(BYOD)など、エンドユーザーの要求は日々高まっている。その結果、使用場所、ネットワーク、デバイスを問わず、生産性とセキュリティを確保するリモートアクセス環境が求められるようになってきた。 こうした要求に対応する上で注意...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
端末やユーザーの多様化にアプリケーション/デスクトップ仮想化が強い10の理由
 リモートアクセス環境の浸透は、仕事をする場所、ユーザーの種類、アクセス方式などを一気に多様化させる。ビジネス情報は自宅、企業支給または個人所有のデバイス、パートナー企業、工場の現場など、ありとあらゆる場所に散在することになり、セキュリティ対策も複雑化...(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
5年間のTCOで最大60%以上の経費削減、データベースサーバの運用を比較検証
 パブリッククラウドの活用がTCO削減の有力な方法であるのは間違いない。しかし小規模組織などでは、LAN経由でデータベースを運用する方が効率的なケースもある。 短期視点では、データベース運用はハードウェアを購入し自社内で仮想マシンを制御するより、パブリックク...(2016/3/24 提供:デル株式会社)

製品資料
複数拠点の中小規模システムの更新、どうすれば楽にできる?
 中小規模の組織では個別のシステムごとにIT管理者が張り付いて対応することは難しく、都度の管理となるケースも多い。そこで管理プロセスや作業をシンプルにした、統合インフラの活用が有効となる。 本ホワイトペーパーは、中小規模のIT環境向け統合インフラについて解...(2015/10/5 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
ストレージ容量を90%削減──最新「重複排除バックアップ」の実力
 企業内データの増加ペースはほとんどの企業で年間60%を超えるという数字もあり、バックアップやリカバリにかかるコストや時間の増大に悩む担当者も多い。また、データのバックアップやリカバリに対するコスト削減に取り組んだ結果、深刻な情報漏えいやディザスタリカバ...(2015/5/13 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月25日号:ビジネス化するランサムウェア
 Computer Weekly日本語版 5月25日号は、以下の記事で構成されています。■ランサムウェアにファイルを暗号化されてしまった2つの組織の分かれ道■「Windowsの操作に最も便利なPowerShell」製ランサムウェアの脅威■1150万文書から関係性を洗い出せ――「パナマ文書」解...(2016/5/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
KVMスイッチのデジタル化で変わるオペレーション、マシンルームからの解放やデジタルサイネージ展開
 システム運用管理において、複数あるサーバを1組のキーボード・ビデオモニター・マウスで切り替え操作し、合理化と効率化を図るのが「KVMスイッチ」だ。さらに今はアナログ方式からデジタル方式に変遷しつつあり、これによって応用範囲が広がっている。 これまではマシ...(2015/12/7 提供:富士通コンポーネント株式会社)

レポート
今、注目の重複排除バックアップ製品選びに失敗しない7つのポイント
 この10年でデータセンターの管理を取り巻く状況は大きく変化した。データセンターではサーバの仮想化が進み、仮想マシン(VM)の導入が増えている。それに伴い、IT管理における環境の統合や一元化が進み、ローカル、リモートを問わずあらゆるサイトが1つのチームで管理...(2014/11/25 提供:デル・ソフトウェア株式会社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」である。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態で、パフォー...(2015/10/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

レポート
システムパフォーマンスが34%向上、ストレージソリューション選びのポイントとは?
 ストレージシステムにおいては、ロードバランス、アプリケーション最適化、ディスクメンテナンスなどをアレイ側で自動で管理することが望ましい。迅速なプロビジョニングによりビジネス要件に対応するため、トラブル解決にかかる時間も少なくなり、投資回収期間を短縮す...(2015/7/16 提供:デル株式会社)

Loading