2022年04月20日 05時00分 公開
特集/連載

イベントのオンライン移行で「失われたもの」とは?バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【前編】

Web会議ツールをはじめとする動画技術は、働く人々を結ぶ役割を果たしてきた。ただしイベントの用途に関しては、まだ十分な支持を集めているとは言えない。何が足りないのか。

[David Maldow,TechTarget]

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的大流行)の中で、動画技術は何度も真価を発揮してきた。簡単に、手軽に、そして安心して使うことができ、テレワーク移行後にチームメンバーとの仕事の生産性を保つことができた。

 家族や友人と連絡を取り続けるのにも動画技術が活躍した。対面で会える方が望ましい場面があったとしても、動画技術はその代替として受け入れられた。

 大きな例外として、まだ広く受け入れられているとは言い切れない動画技術がある。バーチャルイベント(デジタルイベント)だ。

バーチャルイベントでは得にくい“あの体験”の正体

 実際のところ、会場に集まるイベントをバーチャルイベントに切り替えるのはシームレスとは言い難かった。参加者は必ずしも仮想空間での体験に満足していないのだ。技術が想定通りに機能し、さまざまなプレゼンテーションや講演が、ライブでも録画でも、高品質の動画と音声でストリーミング配信できたとしても、参加者の満足につながるとは限らない。

 実際に会場に集まるイベントは、セッションを聞くこと以上に大きな価値がある。イベント参加は受動的な体験ではなく、双方向性が非常に強い体験だ。

 講演会や展示会に出掛けるのは、参加者自身もそのイベントの一部になることを意味する。同僚やパートナー企業、顧客との一対一の会話は、基調講演と同じくらいの魅力がある。セッション自体も、主催者が聴衆とどう交流するか次第で体験が変わる、双方向性が非常に強いものだ。


 中編は、バーチャルイベントに利用可能な主要ツール3種を紹介する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

超リッチなイーロン・マスク氏の「言論の自由」は、あなたのそれと同じなのか?
Twitter買収の大義名分とされる「言論の自由」。しかし、同じことを語っているつもりでも...

news204.jpg

新卒の営業職が仕事をやりたくない時期、最多は「5月」 ―― RevComm調査
新卒営業社員は5月に最初の「壁」を感じるようです。

news069.jpg

「メタバース」でどうやってもうけるの? Meta(旧Facebook)が考える収益化への道
Metaの中核をなすメタバースプラットフォームのマネタイズ計画が明確になりつつある。高...