Zoomだけじゃない「バーチャルイベント」に使える3大ツール 本命は?バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【中編】

「バーチャルイベント」に利用できるツールは幾つかあるものの、実現できることは大きく異なる。適切な選定のために、主要ツールの違いを理解しよう。

2022年04月27日 05時00分 公開
[David MaldowTechTarget]

 バーチャルイベント(デジタルイベント)を実現するツールには、大きく分けて次の3種類がある。

1.Web会議ツール

 単なる遠隔会議を企画して、それを「バーチャルイベント」と呼ぶ場合がある。主催者がWebページを立ち上げたり、ソーシャルメディアでキャンペーンを実施したりしてイベントを宣伝することもある。それでも開催当日になれば、「Zoom」などのWeb会議ツールで実施するだけのWeb会議にすぎない。講演内容が良ければ経験する価値はあるものの、これをバーチャルイベントと呼ぶのは語弊がある。

2.ウェビナーツール

 Web会議ツールの代わりにウェビナーツールを使うことで、プレゼンテーションのレベルを引き上げるのは一つの方法だ。この手段を選択する企業は、生のプレゼンテーションとセミナー体験を再構成し、質疑応答管理ツールを聴衆に提供して、ライブセッションの双方向性をうまく再現している。こちらの方が単なる遠隔会議よりもライブのイベントに近いものの、参加者は「何かに参加している」という感覚を抱きにくい。

3.バーチャルイベントツール

 物理的なイベント体験を仮想的に再現しようとしているバーチャルイベントツールがある。こうしたバーチャルイベントツールは一般的に、実現可能な体験はWeb会議やウェビナーと同様だ。一方で下記のような、イベントならではの要素を取り入れている。

  • ロビー画面
  • スポンサーと講演者に関する情報
  • デジタルコンテンツへの分かりやすいナビゲーション
  • 他の参加者と交流する手段

 筆者はこうしたバーチャルイベントツールのアイデアが好きで、これこそがバーチャルイベントの未来だと考えている。ただしユーザーエクスペリエンス(UX)は理想とは程遠い。


 後編は、バーチャルイベントツールが「リアルなイベントと比べると物足りない」理由を考察する。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...