TechTargetジャパン

製品資料
これからが本番のマイナンバー対応――セキュリティの“仕上げ”は3段階で実施
 マイナンバー制度が2016年1月に開始されるに当たって、多くの企業が対策を進めてきたが、書類業務などで本格的な利用が始まるのはこれからだ。既に対策済みという企業でも、給与所得の源泉徴収票や健康保険関係給付申請書などの提出時期を迎える前に、業務の安全点検を...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

レポート
「7つのポイント」で再点検――マイナンバー対応はそろそろ“振り返り”が必要
 2016年1月に運用が始まったマイナンバー制度だが、セミナーなどの情報を基に推奨される対応を一通り実施したものの「本当にこれで大丈夫なのか」という確認ができず、漠然とした不安を抱える担当者もいるだろう。また、マイナンバーの収集・保管を外部の業者に委託した...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

製品資料
日々のインシデント業務を省力化――西武グループやイオングループが選んだITサービス管理ツールとは?
 業務中に突然かかってくる問い合わせの電話、各地の店舗や事務所からメールやFAXで寄せられる修理要請、受信フォルダにたまる質問の山。このようなインシデント対応に追われ、本来なすべき業務に手が回らず、負担ばかりが増えていく。多くのIT部門が抱える現状である。(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
社内問い合わせ数を3分の1に削減するための「5つの課題」
 人事異動、確定申告、新サービス導入などの時期に集中する社内問い合わせ。ほとんどが類似する内容だが、社内サイトに掲載しても問い合わせは一向に止まない。その一方で、コンシューマーITにおけるユーザーからのサービス問い合わせは、67%がFAQなどで自己解決されて...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
企業のグローバル人材管理ニーズに応えるタレントマネジメントソリューション
 グローバル規模で人材活用の重要性が高まっている。アジア地域においても、中国だけでなく、タイやベトナムなどに拠点が作られるようになり、就業者数も年々増大している。各拠点では有能な人材が育ってきており、柔軟な人材活用によって大きな効果の生まれやすい環境が...(2016/2/24 提供:株式会社電通国際情報サービス)

Webキャスト
テレワーク実現のポイント――「ワークスタイル変革」を成功に導く処方箋
 ワークスタイルの変革は人事部門だけの対応は無理で、経営全体の問題だ。日本テレワーク協会はその決め手として在宅勤務など6つの領域を挙げている。また、ワークスタイルの変革を支えるICTの進化はサービス基盤、端末、ネットワークの分野で見ることができるとしている...(2016/2/10 提供:デル株式会社)

製品資料
目まぐるしく変化する海外戦略に取り組む企業における「ワークフローのあるべき姿」
 海外にも拠点を置く大手・中堅企業にとって、ワークフローシステムは個々の業務だけでなく、事業運営そのものを支える重要なものとなる。変化の激しいグローバル環境に対応して組織変更を行う場面に出会った際、システム側に迅速さが欠けていると、決裁や承認などで社内...(2016/1/19 提供:株式会社エイトレッド)

Webキャスト
AWSだけがクラウドではない、プライベートクラウドが必要な本当の理由
 パブリッククラウドを導入してみたら、コスト、運用の手間、パフォーマンスが期待ほどではなかったという声もある。これはオンプレミスと同じ感覚でパブリッククラウドを使うという姿勢に問題がある。 クラウドの使い方には適したパターンがある。本Webキャストでは...(2015/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

レポート
ユニクロ、日立、日産も導入。人事部門がグローバル経営を支える戦略部門に生まれ変わるシステムとは?
 グローバル企業は世界各地で採用活動を実施している。そこで行われる人材配置は採用した地域に固定するものではなく、ボーダーレスに再配置することが前提になっている。また市場や経営の環境は常に流動的であり、戦略変更に伴う組織改編がさまざまな規模で頻繁に実行さ...(2015/10/15 提供:ワークデイ株式会社)

レポート
アジアのビジネスリーダーは“位置情報”をここまで活用している
 GPSなどを利用して得られる位置情報は、従来、顧客満足と業務結果の向上のために利用されてきたが、他の分析情報との組み合わせ、そして、スマートデバイスなどの普及によって急速にその価値と多様性が高まっている。 多くの企業や政府機関では、位置情報を経営や事業...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

その他
その“OJT”、うまくいっていますか?
OJT(On the Job Training)とは、上司や先輩が、実際の仕事を通じて部下や新入社員を指導し、仕事に必要な知識や技術などを教える方法だ。 このOJTの方法が会社によって大きく異なり、OJTガイドラインを人事部で設けている会社もあれば、「配属後は現場任せ」という企業...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
“受け身のITマネジャー”から「信頼できるテクノロジーアドバイザー」へ
 SaaSを皮切りに、さまざまなクラウドサービスが活用されるようになり、IT部門の予算ではなく、事業部門の予算でクラウドは導入されるようになった。これはビジネススピードを重視してというのが主な理由となるが、さらにPaaSやIaaSを含め、自社でプライベートクラウドの...(2015/8/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
BCP策定だけで終わらない。事業継続のためのクラウド活用術
 東日本大震災以降、企業はBCP(事業継続計画)の策定に前向きだ。内閣府の調査によると、大企業の88%、中堅企業でも55%以上がBCPの策定を終えている。だが一方で、BCPを支えるITの実装は万全だろうか。BCP策定の後には、BCPの回復目標より早くITが復旧できているか...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
【事例から学ぶ!】ID管理・認証システム刷新、ユーザーの利便性向上とセキュリティ強化をどのように実現したか
 都市ガス事業から総合生活サポートなどさまざまな分野で事業を展開するサーラグループ全体をIT基盤として支えるID管理・認証システムとして採用された「IBM Security Identity Manager」と業界標準のアーキテクチャで強力な拡張性と柔軟性を持つ「IBM Tivoli Directory ...(2015/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
会計・人事給与システムで一歩先を行く経営を実現するための4つのキーワード
 多くの会計・人事給与システムがリリースされているが、どれも似たり寄ったり、といった印象を持っていないだろうか。目まぐるしく変化するIT環境や世界経済に対応するためには「クラウド」「グローバル」「IFRS基準」「グループ経営」といったキーワードに着目して選び...(2015/1/28 提供:スーパーストリーム株式会社)

製品資料
紙による申請/決裁業務の利点を再現したワークフローシステムでコスト減と効率向上
 紙による申請や承認、決裁などの業務は、紙や業務コストもかかるし効率もよくないが、PCに不慣れな人も含め全ての従業員が利用するため、使いやすく誰にでも分かりやすい利点もある。本資料では、紙による申請/決裁業務の利点をそのまま再現したワークフローシステムを...(2014/10/7 提供:インフォテック株式会社)

その他
中途採用で求められるのは「専門性」。一方で半数前後の企業が業種・職種未経験者を採用
アイ・キューは2014年5月29日、約3000社の人事担当者から回収したアンケート結果をまとめたレポート「日本の人事部 人事白書2014」を発表した。(2014/8/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
社員の生産性を向上させる“新しい働き方”を実現する方法
 ワークスタイルの変革が声高に言われているにも関わらず、多くの日本企業のIT部門はセキュリティリスク排除のため、PCの社外持ち出しや、私物PCの使用禁止などのポリシーを定め、IT管理部門の効率のため、環境の標準化が行われている。既にプライベートでは最新の技術を...(2014/6/13 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
何が違う? システム導入の進化形「クラウド導入サービス」とは
 「導入負荷が大きい」「短期間で導入したい」「首都圏から離れておりベンダーを選べない」「緊急時にすぐ対応してもらえない」など、システム導入時の課題は少なくない。 その課題に対する答えの1つが「ZeeMクラウド導入サービス」だ。人事給与・会計のシステム導入を...(2013/12/26 提供:株式会社クレオマーケティング)

事例
トヨタ自動車北海道における統合人事システム選定のポイントと導入後の効果とは?
 世界の自動車産業をリードするトヨタグループの中で、駆動系ユニット製造を担う「北の戦略拠点」と位置付けられるトヨタ自動車北海道。常に3,000人を超える従業員が働くこの一大製造拠点で、人事システムの刷新が行われた。 人事制度改革と基幹システム変更を同時に実...(2013/11/18 提供:株式会社電通国際情報サービス)

事例
廣済堂の情シス部長が語る「基幹システムのプライベートクラウド化手法」
 印刷・IT、映像、イベント、これらのコミュニケーションツールを活用した情報コミュニケーション事業を展開する廣済堂。同社はそれまで基幹系、情報系ともにオンプレミスで運用してきたが、システム運用の負荷に加えて、東日本大震災を契機としたBCP(事業継続計画)の...(2013/10/11 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

事例
複数OS/異機種混合システムの統合管理を実現したクラウド基盤、その選定基準とは?
 大阪、京都、滋賀にトヨタ車の販売店を展開する大阪トヨペットグループの一員として、1973年に設立されたオーアイエス コム。グループ会社で共有している自動車販売システム(カーディーラーシステム)をホスティングサービスで提供するだけでなく、ハウジングサービス...(2013/9/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
中堅・中小企業の財務/経理、人事/総務の業務変革に必要なERPの姿
 税制改正や会計制度の変更など、企業を取り巻く環境はめまぐるしく変化している。こうした環境にあって、企業のバックオフィスである財務/経理、人事/総務の役割はますます重要性を増し、変革を迫られている。 どんなに素晴らしい企業や個人でも安定的な成長を継続す...(2013/5/1 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
新年度の一斉人事異動を機に考える、Active Directoryでのアカウント管理手法
 Active Directoryでのアカウント管理では、人事異動への一括変更や日常的なアクセス権限の変更、膨大な管理作業が発生する。また、システムへの影響範囲も大きいことから容易に引き継ぎができず、システム管理者の負担に依存した管理となっている企業は少なくない。 シ...(2013/3/28 提供:株式会社 CSK Winテクノロジ)

レポート
システム管理者に要求されるMicrosoftライセンスの知識
 IT管理や調達担当といった業務職では、ライセンスの知識が有用な場合がある。CEOであっても、コンプライアンスやソフトウェア資源の有効利用を確かなものにするには、財務部や人事部に適切な指示を与えられるだけのライセンスについての知識が必要だ。 一方、ほとんど...(2013/2/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading