TechTargetジャパン

レポート
従業員の業務量は限界寸前? ITサービスの自動化に向けて取るべき5つの行動
 従業員の時間を圧迫する仕事の多くは定型業務。自動化の導入で従業員をそうした事務的作業から解放すれば、浮いた時間をよりクリエイティブな仕事に振り分けられ、会社全体としても生産性が高まることは間違いない。 しかし従業員の側からすれば、自動化によって必要な...(2017/10/16 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

レポート
売りまくる営業組織の作り方
 企業に欠かせない「営業活動」が難しくなっている。ビジネス環境の変化によって1人の営業パーソンが求められる技量やスキルは高度化している。かつてのように1人のハイパフォーマンスな営業パーソンが企業全体の業績を支えるようなことは不可能だ。求められるのは営業組...(2017/9/28 提供:KDDI株式会社)

製品資料
組織改編・人事異動に強いワークフローの作り方――負担軽減の3つの秘訣
 承認や決済の流れを電子化したワークフローシステムは、いまや一般化している。ただし、大規模な組織改編や人事異動が多い大手や中堅企業の場合、毎年のようにワークフローの変更が発生してしまい、その運用負担が課題となりがちだ。 例えば、アカウント発行・削除や組...(2017/9/28 提供:株式会社エイトレッド)

事例
2000社が利用する人事給与サービスをクラウド化、三菱総研DCSが選んだDBMSとは
 三菱総研DCSが提供する給与人事サービス「PROSRV」は、同社の主力サービスの1つとして約2000社に提供されている。従来、「Microsoft SQL Server」を中心としたクライアント/サーバモデルとして構築していた同サービスだが、Web対応した競合サービスとの競争力に懸念が...(2017/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ERPのクラウド移行、トプコンがコストと運用負荷を大幅削減できた秘訣とは?
 先端技術を利用したモノづくりはITが重要な役割を担っている。光学機器メーカーとして1932年に創業したトプコンは、2015年に国内のグループ企業6社の基幹システムをSAP ERPに刷新した。売り上げや発注に関わる日報のフォーマットやタイミングが各社で異なっていたため...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
2つのクラウド環境で負荷を分散、ジュンテンドーが目指した高可用性システム
 店舗拡大や業務システムの多様化が進めば、システム負荷の増大は避けられない。その解決策の1つが業務システムのクラウド化だ。中国・近畿地方でホームセンターやドラッグストアなど100店舗以上を運営するジュンテンドーも、そうしてクラウド化に取り組んだ1社だった。(2017/6/12 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
会計システムへの不満はどこにある? アンケート調査で分かった製品選びのコツ
 財務・経理や人事・総務などのバックオフィス業務の重要性が増したことで、会計システムにはさらに多くの機能が求められるようになった。中でも「経費精算」「販売管理」「資産管理」などの業務システムとの連携機能に対するニーズが高まっている。 MJSとZDNet Japanが...(2017/5/2 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
チャットボットが即回答、年中無休の「社内問い合わせ対応」システムの実力は?
 「社内の問い合わせにAIが回答する」といえばSF映画のように感じるかもしれない。だが、AIが問い合わせに対応するシステムは現実に稼働し始めている。スマートフォンやPCから質問するだけで、事前に設定したQ&Aやデータベースに基づいて自動回答する。 こうした問い合...(2017/3/21 提供:ソフトバンク株式会社)

技術文書
人事労務のプロが教える、5つのタイプ別「過重労働」解消法
 近年、過重労働への社会的な関心が高まっており、今では国をあげて対策が推進されている。しかし、過重労働は業務の特性や職場風土が原因であることが多く、一朝一夕に解消できるものではない。効果的な解消法を実施するためには、まず自社の傾向を把握することが重要だ...(2017/3/15 提供:株式会社オービックビジネスコンサルタント)

レポート
会計システムのトレンド調査:ユーザーは何に不満を感じているのか?
 消費増税や会計基準変更、ワークスタイルの多様化などにより、会計システムへのニーズは年々変化してきている。その一方で、会計システムを長期に渡って利用する企業は増加傾向にあり、近年はニーズとマッチしない状況が目立ち始めている。 ミロク情報サービスとZDNet ...(2017/3/7 提供:株式会社ミロク情報サービス)

製品資料
e-文書法対応はペーパーレス化だけではない――ワークフロー連携でさらに効率化
 2016年に行われたe-文書法の改正を受け、スマートフォンやスキャナーなどで領収書を取り込み、電子データとして保存できるようになった。これにより「紙の保管場所がない」「決裁済み書類が見つからない」といった問題が解消されるが、電子化のメリットはそればかりでは...(2017/1/23 提供:エヌシーアイ総合システム株式会社)

製品資料
誰でも使いこなせるBIツールの選び方――人事・経営分析の最短コースは?
 人事データ分析や経営分析などの分析業務には欠かせないBIツール。誰でも使えるセルフサービスBIを目指して導入したものの、帳票や経営資料の作成担当者が使いこなせなかったというケースは少なくない。 そこで注目されるのが豊富なテンプレートと手厚いサポートを備え...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

事例
日立グループ約30万人のグローバル人事管理を劇的に変えたBIツール活用術
 総合電機メーカーの日立製作所は、国内外のグループ会社約900社の30万人にも上る社員の人事情報をグローバルで共有している。その基礎となる人財データベースはIT部門がスクラッチ開発したものだが、その分析機能に大きな課題を抱えていた。 分析をするためには「グロ...(2016/9/7 提供:株式会社レジェンド・アプリケーションズ)

レポート
年末調整に向けた準備はできてますか? マイナンバー対応振り返りガイド
 2016年1月に運用が始まったマイナンバー制度だが、マイナンバーの収集・保管を外部の業者に委託したり、人事給与システムを改修したりすることで対応は完了したと考える企業は多い。 2016年11月には年末調整に向けた業務も始まることから、「本当にこれで大丈夫なのか...(2016/8/9 提供:日本電気株式会社)

事例
「インシデント妨害部」とまで陰口をたたかれた管理ツールに、IT部門がとった打開策は?
 通信事業者におけるIT部門の役割は、従業員に対するITサービスだけでなく、加入者に関するインシデント対応、ベンダー管理なども含まれ多岐にわたる。  米国で800万もの加入者を抱えて携帯通信事業を行うMetroPCSでは、ITSMツールが「あまりに使いにくかった」ため誰も...(2016/7/29 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
日々のインシデント業務を省力化――西武グループやイオングループが選んだITサービス管理ツールとは?
 業務中に突然かかってくる問い合わせの電話、各地の店舗や事務所からメールやFAXで寄せられる修理要請、受信フォルダにたまる質問の山。このようなインシデント対応に追われ、本来なすべき業務に手が回らず、負担ばかりが増えていく。多くのIT部門が抱える現状である。(2016/6/27 提供:株式会社クレオネットワークス)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月8日号:ブロックチェーンのススメ
 Computer Weekly日本語版 6月8日号は、以下の記事で構成されています。■「セキュリティ製品はノーマーク」のPowerShellを使ったサイバー攻撃増加中■今すぐブロックチェーンの導入に着手すべき理由■検知困難なマルウェア「Qbot」が攻撃に失敗した残念な理由■小売業...(2016/6/8 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
社内問い合わせ数を3分の1に削減するための「5つの課題」
 人事異動、確定申告、新サービス導入などの時期に集中する社内問い合わせ。ほとんどが類似する内容だが、社内サイトに掲載しても問い合わせは一向に止まない。その一方で、コンシューマーITにおけるユーザーからのサービス問い合わせは、67%がFAQなどで自己解決されて...(2016/4/28 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
企業のグローバル人材管理ニーズに応えるタレントマネジメントソリューション
 グローバル規模で人材活用の重要性が高まっている。アジア地域においても、中国だけでなく、タイやベトナムなどに拠点が作られるようになり、就業者数も年々増大している。各拠点では有能な人材が育ってきており、柔軟な人材活用によって大きな効果の生まれやすい環境が...(2016/2/24 提供:株式会社電通国際情報サービス)

Webキャスト
テレワーク実現のポイント――「ワークスタイル変革」を成功に導く処方箋
 ワークスタイルの変革は人事部門だけの対応は無理で、経営全体の問題だ。日本テレワーク協会はその決め手として在宅勤務など6つの領域を挙げている。また、ワークスタイルの変革を支えるICTの進化はサービス基盤、端末、ネットワークの分野で見ることができるとしている...(2016/2/10 提供:デル株式会社)

製品資料
目まぐるしく変化する海外戦略に取り組む企業における「ワークフローのあるべき姿」
 海外にも拠点を置く大手・中堅企業にとって、ワークフローシステムは個々の業務だけでなく、事業運営そのものを支える重要なものとなる。変化の激しいグローバル環境に対応して組織変更を行う場面に出会った際、システム側に迅速さが欠けていると、決裁や承認などで社内...(2016/1/19 提供:株式会社エイトレッド)

Webキャスト
AWSだけがクラウドではない、プライベートクラウドが必要な本当の理由
 パブリッククラウドを導入してみたら、コスト、運用の手間、パフォーマンスが期待ほどではなかったという声もある。これはオンプレミスと同じ感覚でパブリッククラウドを使うという姿勢に問題がある。 クラウドの使い方には適したパターンがある。本Webキャストでは...(2015/11/18 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

レポート
Office 365だけでは実現できない要件も解決、「ワークスタイル変革」の進め方
 ワークスタイル変革を実現するためのコミュニケーション基盤システムに、Office 365を選択するのは自然な流れだろう。海外を含めて多くの企業ユーザーがメールシステムに「Exchange Online」、情報共有に「SharePoint Online」を利用しており、使いやすい基盤を構築する...(2015/11/16 提供:富士通株式会社)

レポート
ユニクロ、日立、日産も導入。人事部門がグローバル経営を支える戦略部門に生まれ変わるシステムとは?
 グローバル企業は世界各地で採用活動を実施している。そこで行われる人材配置は採用した地域に固定するものではなく、ボーダーレスに再配置することが前提になっている。また市場や経営の環境は常に流動的であり、戦略変更に伴う組織改編がさまざまな規模で頻繁に実行さ...(2015/10/15 提供:ワークデイ株式会社)

レポート
アジアのビジネスリーダーは“位置情報”をここまで活用している
 GPSなどを利用して得られる位置情報は、従来、顧客満足と業務結果の向上のために利用されてきたが、他の分析情報との組み合わせ、そして、スマートデバイスなどの普及によって急速にその価値と多様性が高まっている。 多くの企業や政府機関では、位置情報を経営や事業...(2015/9/28 提供:グーグル株式会社)

その他
その“OJT”、うまくいっていますか?
OJT(On the Job Training)とは、上司や先輩が、実際の仕事を通じて部下や新入社員を指導し、仕事に必要な知識や技術などを教える方法だ。 このOJTの方法が会社によって大きく異なり、OJTガイドラインを人事部で設けている会社もあれば、「配属後は現場任せ」という企業...(2015/8/17 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
“受け身のITマネジャー”から「信頼できるテクノロジーアドバイザー」へ
 SaaSを皮切りに、さまざまなクラウドサービスが活用されるようになり、IT部門の予算ではなく、事業部門の予算でクラウドは導入されるようになった。これはビジネススピードを重視してというのが主な理由となるが、さらにPaaSやIaaSを含め、自社でプライベートクラウドの...(2015/5/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
BCP策定だけで終わらない。事業継続のためのクラウド活用術
 東日本大震災以降、企業はBCP(事業継続計画)の策定に前向きだ。内閣府の調査によると、大企業の88%、中堅企業でも55%以上がBCPの策定を終えている。だが一方で、BCPを支えるITの実装は万全だろうか。BCP策定の後には、BCPの回復目標より早くITが復旧できているか...(2015/4/9 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading