TechTargetジャパン

製品資料
オンライン大学運営のノウハウを生かす“使われるeラーニングシステム”の秘訣
 スキルアップやコンプライアンスの徹底など、従業員へ一斉に情報伝達や教育をするケースは多い。そこで役立つのがeラーニングという手段である。企業内の端末や通信インフラの充実により、今まさにそうしたシステムを導入・活用しやすいタイミングになったといえよう。(2017/3/30 提供:サイバーユニバーシティ株式会社)

製品資料
スマホ情報共有だと“伝わらない”のはなぜ? 3事例に学ぶ課題解決のコツ
 近年、スマートフォンを活用した情報共有が、企業の間でも広く行われるようになっている。しかし、その結果、情報量ばかりが増大し、「知っておいて欲しいことが伝わらない」という状況に陥っている企業も少なくない。 その理由の1つとして、既存のスマートフォン向け...(2017/2/1 提供:インフォテリア株式会社)

レポート
設計者の教育は?ツールが最適形状を提案?最新CAD事情レポート
 オートデスクでは“The Future of Making Things 〜ものづくりの未来〜” をメインテーマに掲げ、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS 2016)」に出展。競争力のある優れた製品開発を支援する「Autodesk Inventor 2017」の注目機能や“現場の生の声” を伝えるユ...(2016/11/17 提供:オートデスク株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ガリガリ君の赤城乳業、クラウドでスピード経営へ 老舗の挑戦
 スピード経営を目指す赤城乳業は、業務現場のニーズを部門ごとに精査し、さまざまな検討を重ねた上で、クラウド型グループウェア「Office 365」の導入に踏み切った。導入前に同社が抱えていたという「7つの課題」は、全て解決できたのだろうか。 ITmedia エンタープラ...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
「やっぱりExcelがよかった」、勤怠管理ツール導入のよくある失敗を防ぐには?
 勤怠管理ソフトを導入したものの社員の評判が悪かったり、余計に管理が不便になったりして、結局、元のExcelファイルが使われるといったケースは少なくない。このような失敗の多くは、「勤怠管理に特化した製品ならどれでも大丈夫」という勘違いから生まれている。 パ...(2016/8/22 提供:KYODOU株式会社)

製品資料
標的型攻撃の一番の対策は「見える化」、偽装メールはとにかく開かせない
 標的型攻撃では、価値の高い情報を持つ企業や組織だけが狙われると考えられがちだ。しかし、大企業や公的機関などは守りが堅いため、攻撃はそう簡単には成功しない。そこで攻撃者が狙うのが、ターゲットと関係しているセキュリティの甘い企業だ。 セキュリティレベルの...(2016/8/1 提供:株式会社プロット)

事例
地方旅館でも世界品質のWi-Fiを――加賀屋のおもてなしを支える無線LAN環境とは
 近年、観光業などでサービスの一環としてフリーWi-Fiの提供を始める企業が増えてきている。その背景にあるのが、海外からの観光客の急増だ。宿泊している部屋でもWi-Fiを使いたいという要望に応えるため、多くの旅館やホテルが無線LAN環境の整備に取り組んでいる。 石...(2016/7/26 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月2日号:ストレージ階層化活用の勘所
 Computer Weekly日本語版 3月2日号は、以下の記事で構成されています。■「90%以上にある問題」があるAndroid端末への対処法■53カ国で調査を実施、企業が今後導入する技術・停止する技術■データ分析を選手育成に活用するラグビーフットボールリーグ■顧客をガッチリ...(2016/3/2 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった。(2016/3/25 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Notesで作るモバイル対応業務アプリ 帳票をそのままアプリにできるってホント?
 スマートフォンやタブレットといったモバイル端末の業務利用は、検討・展開のフェーズを終え、より具体的な活用と効果が求められるようになった。当初は「PCが利用できない場合の補助的なツール」と考えられていたモバイル端末が「PCを必要とせず、それだけで必要な仕事...(2015/10/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
出張旅費を月100万円削減、体感型ビデオ会議で実践する働き方変革プロジェクトとは
 会議室やミーティングルームにカメラを設置し、遠隔地からでも会議に参加できるビデオ会議システムを導入している企業はもはや珍しくない。しかし、単に話す姿が映され音声が流れるだけでは、電話で話をしている感覚しか得られないというケースも多い。そのため、「込み...(2015/6/12 提供:シスコシステムズ合同会社)

レポート
回答者の92.8%が経験済みの品質問題、設計部門がこれから取るべき対策とは?
 MONOistは2015年4月、モノづくりメディア会員を対象に「品質管理に関する読者調査」を実施した。調査結果からは設計部門における品質管理の課題や、現在の対応策、将来取るべき対応策などの状況が明らかになった(全ての結果を記載したリポートは、文末のリンクから会員...(2015/5/28 提供:アイティメディア株式会社)

事例
大手製薬会社が1800万円のコスト削減に成功したeラーニングシステムとは?
 全国に拠点を持つ企業において、集合型のトレーニングによる従業員教育は、移動し実施することに多くの労力とコストを費やしてしまう難点がある。また参加できなかった従業員へのフォローも課題の1つだ。医療用医薬品の研究開発、製造販売を手掛ける大手製薬会社では...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

事例
1万人を超える大規模な集合研修でコストダウンに成功した理由
 大規模な研修では、操作習得をスピーディーにかつ、分かりやすく浸透させていくことが重要な課題となる。新システム稼働に向け、全国の従業員1万人に対し大規模な集合研修を実施することになった金融機関は、紙のマニュアルのみでの習熟が不安だったことから、シミュレ...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

事例
事例に見る:紙ベース教材からeラーニング環境への移行メリット
 紙ベースの教材を使った研修は、教材作成だけでなく、教育からテストまでの管理作業が膨大になる。従業員へのプライバシーマークに関する教育とその管理負荷が課題だったソフトウェア企業は、eラーニングの導入を検討する。一般的なASPサービスの教材ではなく、教材の内...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

技術文書
情報漏えい対策簡易マニュアル
 インターネットの普及によって、売買から決済、配送状況の確認まで、ウェブサイト経由で簡単に行える時代になったが、利便性が高まる一方で、ウェブサイトの改ざんやウェブサイトからの情報漏えい事故も後を絶たない。これらの事件・事故が発生した場合の影響度は、非常...(2014/1/7 提供:日本ベリサイン株式会社)

製品資料
中堅・中小企業に求められるERPシステムの機能とは
 中堅・中小企業にとって、いかに効果的なシステム投資を行うかは悩ましい問題。失敗が許されないシステム導入において、安定したパフォーマンスを誇っているシステムを選定することはとても重要だ。17,000社を超える導入実績をもつ(株)ミロク情報サービスが提供するER...(2013/5/31 提供:株式会社ミロク情報サービス)

講演資料
次世代セキュリティはデバイスを繋ぐ「人」の管理で実現する
 現在企業のセキュリティ対策において、PCを始めとするIT機器の操作管理はもはや必須事項である。 その中でスマートフォンやタブレットの台頭に伴い、ワークスタイルの変革が進み、従来の画一的なセキュリティ対策では対応が難しくなっている。そこでキーとなるのが、「...(2013/1/16 提供:エムオーテックス株式会社)

その他
シングルサインオン、ID管理、ログ管理を“セキュリティポータル”で一元化するという新発想
クラウドサービスの台頭により、社内だけでなく社外のサービス利用が増え、しかも、内外脅威は今も尚、増加し続けており、認証の管理、シングルサインオン、ID管理、ログ管理などの必要性が改めてて問われている。しかし、それ自体利益を生まず、地道ゆえに脚光を浴びづら...(2012/12/12 提供:株式会社 クラウド テクノロジーズ)

講演資料
収益に影響しないプロセス変革に意味なし。ITで意思決定はどこまで変わるか?
 IBMではビジネスプロセスを、「関係者感の共通意識として利用され、“何か”と“何か”を結び付け、業務的な付加価値を生み出すもの」と定義している。しかし、現実世界において、価値を生み出すはずのプロセスは理想的な姿になっているだろうか。例えば、前行程での不...(2012/11/29 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
1週間で導入完了! Google Apps環境でも使えるメール誤送信対策&アーカイブ事例
 コストと効率の最適化を目的に、メール環境をGoogle Appsに切り替えた購買戦略研究所。同社はメール誤送信への対策を迫られ、「Google Apps環境でも使える」製品/サービスの選定を開始した。充実したメール誤送信対策機能といった機能面の要求に加え、妥当な価格と短期...(2012/8/1 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
マニュアル作成のコツは? e-ラーニングをはじめるには? 企業に蔓延する「コンテンツ作成に関する疑問」の解決方法
 多くの企業で課題となっているマニュアル作成やe-ラーニングの実施。やらなければならないと認識しているが、「時間が取れない」など様々な要因で断念するケースが多くみられる。そんな悩みを解決するツールがある。自動マニュアル作成ツール「Dojo」を紹介しよう。 Do...(2012/7/25 提供:株式会社テンダ)

Webキャスト
複数デバイス活用時代の企業セキュリティは「人」の管理で実現する
 現在セキュリティ対策は多くの企業が取り組んでいるが、情報漏えい事件はいまだに増加の一途をたどっている。管理のポイントはPCを中心としたデバイスの操作管理だが、社内の禁止事項を増やして操作を縛るのではなく、社員の意識向上や社員教育を充実させることが重要で...(2012/4/4 提供:エムオーテックス株式会社)

技術文書
モバイルデバイスセキュリティガイド 管理者/ユーザー別チェックリスト付き
 スマートフォン・タブレット端末は会社が利用ルールを整備する前に既に現場での普及が進み、会社がコントロールできない内に利用が拡大しているのが実情だ。さらに、個人で契約したスマートフォン・タブレット端末を会社に無断で業務に使用する事例も多く、頭を悩ませて...(2012/3/29 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
スマートデバイス対応、いつでも使えるクラウド型eラーニングサービス
 スマートフォンやタブレット端末の普及により、これらの端末を使って移動中の空き時間をeラーニングに使いたいというニーズが高まっている。だが、PC用に作られた教材では使いにくい。かといって、スマートデバイスに最適化された教材を別途作成するのは非効率的だ。 ...(2012/3/29 提供:NJCネットコミュニケーションズ株式会社)

事例
スマートデバイスビジネス活用事例
 本ホワイトペーパーは、インフォテリアのiPhone/iPad/Android向け社内情報配信サービス「Handbook」の活用事例である。 医療品情報提供のコンテンツ管理に利用しているエーザイ、会議資料のペーパーレス化を実現した野村證券、日本食研ホールディングス、橋本総業。そ...(2012/3/16 提供:インフォテリア株式会社)

技術文書
気になる「サイバー攻撃」その実情と対策- 「想定被害シミュレーション」と「そうならないため」のヒント
 「今までの対策が役にたたない」と言われているサイバー攻撃。皆さんは正しく理解しているだろうか? いや、そもそも、今話題になっている「サイバー攻撃」とは、一体何を示すのだろう? 敵から身を守るためにはまず、「サイバー攻撃」そのものを理解し、敵の手口を知...(2011/12/15 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
誰にでも起こり得るメールの「うっかりミス」 。誤送信防止システムでしっかり防ごう!
 メールが原因の情報漏えい事故が後を絶たない。インターネットのニュースサイトを閲覧すると、毎月必ず何件もの「メール誤送信により情報漏えい」という記事が見つかる。最近の事故をさかのぼってみても、大手マスコミ、公的医療機関、IT関連業界団体、地方自治体などの...(2011/11/30 提供:株式会社トランスウエア)

製品資料
読めば分かる! メール誤送信対策製品の選び方
本資料は、TechTargetジャパンで過去に掲載したメール誤送信対策に関連する記事を1つに集約したものである。製品導入前にできる対策や各社から提供されている製品の特徴を紹介している。 電子メールの誤送信は、誰にでも起こる可能性がある一方で、万が一の場合には企業...(2011/5/19 提供:アイティメディア株式会社)

Loading