TechTargetジャパン

レポート
“ムーアの法則”以後の世界とは? コンピューティング基盤の未来を読む
 現在、デジタルテクノロジーの進化速度は予測不可能なレベルにまで到達している。数多くの新たなテクノロジーやパラダイムが登場し、未来のコンピューティングプラットフォームは誰にも予想することができない。モバイルデバイスやIoTの普及により蓄積されるデータ量は...(2017/9/20 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
モバイルアプリ開発製品導入ガイド
 モバイルアプリの需要が爆発的に増大している。本稿ではアプリ開発に対するアジャイルのアプローチ、多様なニーズに応えるアプリの発見、顧客との関係を深めるアプリの利用について解説する。 本PDFは以下の3つの記事で構成されている。■変化するモバイルアプリ開発■...(2017/9/5 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月16日号:LinuxでもPowerShell
 Computer Weekly日本語版 8月16日号は、以下の記事で構成されています。■「クラウド界の落ちこぼれ」だったMicrosoftがクラウド界のリーダーになる?■サーバレスコンピューティングを使ってはいけない4つのパターン■NTTドコモも導入──アジア太平洋地域で伸びるSAP...(2017/8/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
オープン系がベストではない? オフコン移行策を資産継承性とコストで考える
 古いオフコンや国産メインフレームを利用している企業では、サポート切れなどに直面し、待ったなしのリプレースを迫られているケースも多い。その一方で、レガシーな資産を新たなプラットフォームに移行するための技術は進化しており、ユーザー企業はさまざまな選択肢を...(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月19日号:WannaCryはランサムウェアキラーか?
 Computer Weekly日本語版 7月19日号は、以下の記事で構成されています。■「オープンソースに貢献するには費用がかかる」のにやる理由とは?■WannaCryはランサムウェア攻撃終焉の始まりか■脳をモデルにしたデータストレージは実現するのか■臨床医も満足、看護師主導...(2017/7/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
レガシー脱却の選択肢と次の一手:成否を分けるポイントとは?
 昨今、レガシーシステムを見直す機運が高まっている。ベテラン技術者の退職や管理されていない仕様書によりシステムのブラックボックス化が進行し、プログラムの保守性や開発生産性の著しい低下など、多くの企業が抱える課題はほぼ共通だ。 しかし、いざ、マイグレーシ...(2017/7/5 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ソーシャルやIoTデータを瞬時に分析、「ストリーミング分析」を成功させる秘訣
 SNSやIoT、モバイルデバイスより刻々と生成されるデータからリアルタイムに洞察を導き出す「ストリーミングアナリティクス」。情報の鮮度を落とさず、データ量が膨大になりすぎないうちに処理するためには、評価・集約・相関・分析という工程でデータを迅速に処理できる...(2017/7/3 提供:SAS Institute Japan株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みソフトの品質確保、取り組み多彩ながら「スキル低下」など課題も多く
 製造業のための製品・サービス情報サイト「TechFactory」では2017年5月に、製造業の設計・開発に携わる読者を対象に、「組み込みソフトウェアの品質」に関する利用動向調査を実施した。 組み込みソフトウェアの品質については、各社にて工程標準化や部門間コミュニケー...(2017/7/3 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
激しい競争が続く通信業界、ネットワーク仮想化によるコスト削減効果は?
 Facebook、Google、Microsoftなどとの激しい競争によって、通信サービスプロバイダー(CoSP)は値下げ圧力にさらされている。場所や時間を問わないテレフォニーやメッセージングのサービスを従来の料金に比べてはるかに低い価格で提供しなければならない。また、コスト...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

プレミアムコンテンツ
IoTとAI、ビッグデータ時代のソフトウェアテスト
 「ソフトウェアテストほど重要なものはなく、ソフトウェアテストほど困難で大変なものはない」これを頭で理解していても、テストが現場任せになっていて、組織全体での問題と認識されていないことは多い。さらに今はIoTやAI、ビッグデータの隆盛により、ソフトウェアテ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
「鉄を100年間守る」――大阪の町工場が世界に誇る表面加工処理技術
 「鉄」は単価が安く、強い。比較的加工もしやすいことから、モノづくりになくてはならない素材の1つである。しかし、鉄は必ず錆びる。それを防ぐ技術が表面加工処理だ。 今回取り上げる新免鉄工所は、長年培ってきた塗装と溶射、ブラスト加工から成る技術により、高度...(2017/4/11 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストの手法と施策
「ソフトウェアテストは数多くあるが、どれをどのように選ぶのか」 この問題に対する唯一の解は「テストは製品とプロジェクトに依存する」となります。つまり製品やプロジェクトに応じてテスト手法を選択し、それらを組み合わせてテストを実施することになりますが、これ...(2017/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ITエンジニアの人月単価は数分の1、ベトナムのオフショア開発でできることは?
 システムやアプリケーションの開発コストを低減する手法として定着した「オフショア開発」。LAMP系、Windows系、Google系などのスキルを備えたITエンジニアが国内で不足するなか、国内エンジニアと比べて数分の1程度の人月単価で開発できることのメリットは極めて大きい...(2017/3/30 提供:株式会社サテライトオフィス)

プレミアムコンテンツ
ソフトウェアテストのコストと品質(前編)―「テストの究極の問題」を考える
ソフトウェアテストは重用であるとの論に反論は少ないと思われ、現在はビッグデータやAI、IoTといった要素も加味せざるを得ず、ソフトウェアテストの重要性は増している。しかし、実際の製品開発現場において軽視されがちなのもまた事実である。そこでまず着手するべきは...(2017/2/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
2つのキーワードが事業を変える 成功企業のインタビューが示した道筋
 クラウドサービスで成功している企業へのインタービューで明らかになったことの1つが「テクノロジーや事業の特化」だとIDCは報告している。その分野は製造業や銀行業などの業種、会計や人事、マーケティング業務、あるいはシステム管理やERPなど多岐にわたり、特化を進...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

技術文書
Webサイトの弱点をつぶせ! 脆弱性対策の基礎知識
 システムインテグレーターに開発を任せる際に、自社システムのセキュリティ対策をどこまで対応し、どのように伝えるべきか悩むことはないだろうか? 言われなくてもきちんとやってもらえると暗黙のうちにうやむやにしてしまっていないだろうか? 本資料では前半セクシ...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
2年後にクラウドの主役は交代? Oracleユーザーへの調査で分かったDBの新潮流
 近年はクラウドコンピューティングがデータベース(DB)の領域まで広がり、情報提供の方法にも変化が訪れ始めている。その大きな流れの1つが、複数のサイロ化されたデータストアへのアクセスの共有を実現する「Database as a Service」(DBaaS)だ。 IT調査会社のUnisp...(2016/11/22 提供:日本オラクル株式会社)

プレミアムコンテンツ
組み込みシステムにおける並列処理の実現手法を検討する
 組み込みシステムに求められる要件は厳しさを増す一方であり、その解決に並列処理を導入することは優れたアイデアといえるでしょう。しかし、実際の並列化に際してその手法はコードに含まれる並列処理の性質と、選択するハードウェアによって決まります。つまり、全てを...(2016/10/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
すぐ効くHadoop攻略法、ビジネスでの活用を進める6つのアプローチ
 データウェアハウスや予算が追い付かないほどのペースでデータが増加する中、ビッグデータの保管と処理を行うオープンソースのフレームワークであるHadoopが注目されている。しかし、技術に詳しいビジネス担当者の中でも、データ管理におけるHadoopの影響力はまだ十分に...(2016/10/14 提供:SAS Institute Japan株式会社)

技術文書
Webセキュリティ再入門:WAFによるWebアプリケーション保護の基本戦略を知る
 2018年末には、Webアプリケーションの保護を一般的なファイアウォールや侵入防止システムのみに頼る企業は、現在の40%から20%未満まで減るといわれている。この変化の中で、今後、Webアプリケーションファイアウォール(WAF)の位置付けはどのように変わっていくのだ...(2016/10/3 提供:アカマイ・テクノロジーズ合同会社)

レポート
業務ではコードを書いたことがない元人事が、プログラマーとして独り立ちするまで
 「大学卒業後、入社した大手人材会社では営業を経験、その後は人材採用を担当していました。当時の採用ターゲットの一つがITエンジニア。自社の新規事業をWebサービスとして展開する必要があり、エンジニア採用に乗り出したときだったんです」と振り返るのは、佐野まど...(2016/9/1 提供:株式会社リクルートキャリア)

レポート
既存のIT資産とモバイルやクラウドを連携させる「APIの管理・運用」
 基幹システム上で扱われる機密性の高い情報をWebサービスに活用するため、サービス指向アーキテクチャ(SOA)への移行が、かつて盛んに行われた。これにより、顧客の個人情報や取引情報などを参照しないと実現しない多様なサービスが開発され、IT資産の有効活用が進めら...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【後編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月6日号:第4世代フラッシュストレージの衝撃
 Computer Weekly日本語版 7月6日号は、以下の記事で構成されています。■Facebookのソフトウェア開発者に学ぶオープンソースとの付き合い方■ビッグデータ分析を有益なセキュリティツールにするちょい足しレシピ■もう管理しきれない……と言わせないパッチ管理の5つの...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月7日号:ネットワークスローダウンの処方箋
 Computer Weekly日本語版 10月7日号は、以下の記事で構成されています。■真の狙いは? Googleが保有特許を無償譲渡するプログラムを開始 Googleが、保有する特許をテクノロジー企業50社に無償譲渡すると発表。この大盤振る舞いにはもちろん裏がある。Googleの真の目...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

技術文書
組み込み機器開発とは何か?
 組み込み機器開発の初心者を対象に、「組み込み機器とは何か」という定義の説明からスタートし、Blu-ray Discレコーダーを例にした開発の流れ、組み込みソフトウェア/ハードウェア開発、そして組み込みOSの概略までを広く紹介する。 本ブックレットは、これから組み込...(2016/5/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「mbed」を使って初歩から学ぶARMマイコン開発
 ARMプロセッサの中で最もエントリーレベルなマイクロコントローラーの1つ「LPC1114FN28(以下、LPC1114)」を使って、マイコン開発のイロハを学ぶ。 エントリークラスとはいえLPC1114は、32bit CPUコア ARM Cortex-M0を搭載し、豊富な周辺機器(ペリフェラル)を備えて...(2016/5/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
中堅・中小企業の成長の鍵は“脱Excel”?
 Excelは強力な分析機能を備えているものの、従業員ごとに非定型な使い方をして、社内でデータの一貫性を管理することが難しい場合がある。ビッグデータ時代に備え、中堅・中小企業も「BI ツール」の活用を前向きに検討してみてはいかがだろうか。(2016/4/21 提供:アイティメディア株式会社)

その他
英語のミーティングをする前に「戦い」は終わらせておこう
 「たった一人の軍隊」となって海外出張先に乗り込んだあなた。あとは当日、相手企業との会議という名の「戦闘」に挑むだけ――。もしもこう考えているなら、それは大きな間違いです。英語に愛されない私たちは、会議当日を「戦闘完了時」と考えなくてはなりません。 で...(2016/3/1 提供:アイティメディア株式会社)

Loading