TechTargetジャパン

製品資料
モバイル活用で営業成績が伸びない理由は? 端末の利用状況を可視化する方法
 営業スタッフに配布したスマートデバイスや、高額な費用をかけて開発・導入した業務アプリが全く利用されていないといったケースが多くの企業でみられる。モバイル活用で業務効率化を狙ったものの、肝心の営業成績が伸びてこないのはなぜだろうか。 このような課題を解...(2016/9/26 提供:エムオーテックス株式会社)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/9/26 提供:株式会社コネクトワン)

製品資料
ネットワーク技術者の残業を劇的に減らすネットワーク仮想化の方法とは?
 仮想化やクラウドの進展で、ネットワークエンジニアの負荷が一気に増加したのは、従来のネットワークアーキテクチャがそのまま温存された状態で、アプリケーションの可用性が求められるようになったからだ。トラフィックが従来の数倍にも跳ね上がる仮想環境を、物理的に...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

事例
ミズノの 3D CAD 活用――技術者の業務効率を高め、精度の高い解析も可能に
 ミズノは、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念とするグローバル企業だ。スポーツ品事業を中心に、スポーツ関連のスクール事業なども展開。さまざまなスポーツ大会にも協賛している。 新素材の導入や、最先端技術を使った製品...(2016/7/21 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
部署任せだったシステム、「今さら標準化?」といわれないための再構築法
 IT利用に関する社内の温度差を放置していると、部署ごとにツールやシステムが作られ、業務の属人化が始まる。その結果として、ある部署ではExcelやAccessで作った簡易なツールで業務を行い、他の部署では独自のシステムが運用されるといった状況が生まれる。 このよう...(2016/7/14 提供:株式会社プロシップ)

事例
紙からタブレットへ、建設現場の必須アイテム「野帳」をデジタル化
 「野帳」とは、建設現場の管理者などが使用する野外用の紙メモである。 大手ゼネコンである大林組は、業務効率化を推進するために現場の管理者に「iPad」を配布し、その利用率を高めるために、野帳のデジタル化を検討。その開発パートナーとしてMetaMoJiが協力した。 ...(2016/7/11 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
スマートウォッチはスマホを超える!? ウェアラブルデバイス市場“未来予測”
 アップルの「Apple Watch」やAndroid搭載スマートフォンと連携可能な「Android Wear」に代表されるスマートウォッチが、身体に装着するデバイス=ウェアラブルデバイスという存在を身近なものにした。 スマートウォッチを筆頭に、近年、ウェアラブルデバイスはコンシュ...(2016/7/6 提供:KDDI株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

Webキャスト
ストレージのトラブルを予測回避、ハイブリッドだけが実現できる使い勝手とは?
 アプリケーションに対するデータの提供や更新の遅れは、業務効率を大幅に低下させるため、多くの企業がストレージのパフォーマンス改善を重要課題としている。しかし、Nimble Storageが独自のビッグデータを活用したInfoSightで調査したところによると、この原因の過半...(2016/6/30 提供:Nimble Storage Japan合同会社)

事例
Macメインの環境からWindowsの個人情報へ安全な接続を、アメリカンスクール・イン・ジャパンが得たシンプルな答え
 Mac環境からWindowsシステムを利用する用途を想定して、Appleは「Boot Camp」ソリューションを提供している。しかし切り替えには再起動が必要になるため、あまり実用的ではないケースも多い。他社からも同様のソリューションは提供されているが、設定できる範囲が限定的...(2016/6/24 提供:パラレルス株式会社)

レポート
「クラウド勝手利用」を放置してはいけない本当の理由
 システム構築の必要がなく、導入のハードルが低いことをクラウドサービスの利点として挙げる人は多いだろう。これはIT部門だけではなく、現業部門にとっても朗報だ。IT部門の手を借りることもなく、現業部門が直接契約し、利用を始めることが可能だからである。業務効率...(2016/6/2 提供:KDDI株式会社)

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
Windows 10移行は今がベスト? 業務効率から考えるOS更新のタイミング
 Windows 10の普及は、歴代Windowsのなかでも記録的な早さで進んでいる。IT調査会社ガートナーの予測によると、2017年の年初には半数、2019年までには全ての企業がWindows 10に対応するという。そのため、多くの企業が移行時期を探りはじめている。 その時期に関して...(2016/5/25 提供:Citrix Systems Asia Pacific Pty Ltd)

事例
ミズノの 3D CAD 活用――技術者の業務効率を高め、精度の高い解析も可能に
 ミズノは、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念とするグローバル企業だ。スポーツ品事業を中心に、スポーツ関連のスクール事業なども展開。さまざまなスポーツ大会にも協賛している。 新素材の導入や、最先端技術を使った製品...(2016/5/24 提供:PTC ジャパン株式会社)

事例
データベースの専門知識が不要なマスターメンテナンス環境構築をわずか2日で実現
 データベースに格納されているマスターデータの変更要請が発生する場面は多い。扱う商材の追加や価格の改訂などの他にも、社内から求められる要件対応などだ。そのため、マスターデータのメンテナンスを簡単に効率良く行いたいという企業は多いのではないだろうか。 無...(2016/5/23 提供:株式会社システムエグゼ)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

事例
資料ダウンロード数が2倍に増加、東京スター銀行のイントラネットサイト改善術
 情報が探しづらく、更新にも時間がかかる使いづらいイントラネットサイトが業務効率化の壁となり、ユーザーの満足度を低下させている例は多い。東京スター銀行では、旧システムの導入から7年が経過しデザインやUIの課題も抱えており、イントラネットサイトの改善を課題...(2016/4/4 提供:富士通株式会社)

事例
モバイル活用で業務効率化とビジネス拡大を両立――6つの事例に学ぶ
 場所を選ばず業務を行えるモバイルの活用が、業種や職種を問わず広がっている。接客現場で見込み客に対応するための営業担当者用アプリや、建設現場の環境モニタリング用アプリの導入で、ビジネスの機動力を向上し、業務効率を大きく高めた企業も多い。 その結果、営業...(2016/3/30 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
商社、通信、金融、教育の業種事例で分かる、オンラインストレージサービス選定ポイント
 オンラインストレージサービスの基本機能としては、電子メールを利用して大容量ファイルを安全に送受信できることや、異なる企業間で共有フォルダを安全に運用できることが挙げられる。また、モバイル端末上でのファイル管理や運用も広まっており、履歴の管理や上長承認...(2016/3/1 提供:日本ワムネット株式会社)

事例
成長企業が語る「Excelでのビジネス管理」を止めた理由
 社員数が少なく、事業もシンプルな企業であれば、Excelとメールだけで顧客情報や業務プロセスの管理、スケジュール管理など全てをこなすことができるかもしれない。しかし、事業が拡大し、案件数や人員が増加すると、この手法では必ず限界が訪れる。顧客情報が分散して...(2016/2/1 提供:株式会社セールスフォース・ドットコム)

事例
商業施設プロデュースのスペースがワークステーション刷新、選定要件と効果を探る
 社内の情報処理の中心となる端末選定は、ビジネスの成否の鍵を握る。多くのベンダーのさまざまな機種から何を選択するか、最適解を見いだすのは難しい。 商業施設の開発から企画、設計、施工、保守まで行うスペースでは、スタッフ用の情報端末としてワークステーション...(2016/1/22 提供:デル株式会社)

製品資料
エンタープライズサーチ進化の現状、情報だけでなくナレッジが共有される基盤とは
 企業システム内にある多種多様なデータを効率的に検索し、情報活用を促すエンタープライズサーチは、企業規模を問わず多くの企業が導入している。増加の一途をたどる業務データの中から必要な情報を素早く探し出し活用することは、業務効率化のみならず、新たなビジネス...(2016/1/18 提供:ブレインズテクノロジー株式会社)

事例
ファミリーマートがiPadとVDIを活用し、スーパーバイザーの業務効率化を実現
 コンビニエンスストアチェーンにおいて、重要な役割を担うスーパーバイザー。新規店舗開拓や店舗運営を支援するスーパーバイザーは、勤務時間の大半を外出先で過ごし、長時間の移動も多い。しかし、外出先から業務用Webアプリやデータへアクセスしたいと思っても、起動...(2015/12/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
青森県立中央病院がデスクトップ仮想化で、看護師のワークスタイル変革を実現
 青森県立中央病院では、ナースステーションのデスクトップPCを複数の看護師で共有するため、端末の空きを待つことが頻繁に発生。業務の引き継ぎに支障が出ていた。また、患者の健康状態や指示変更を紙のワークシートに記録し、後でまとめて電子カルテに入力していたため...(2015/12/17 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
アプリケーションのパフォーマンス低下問題、その原因をソースコードレベルにまで追跡する
 アプリケーションのパフォーマンス低下は、ユーザーが社員である場合、業務効率性の低下や停滞を発生させ、さらにユーザーが顧客や消費者であるECサイトの場合、ビジネスの成果に直接影響を及ぼす。こうした問題を回避するには、エンドユーザー側の実際のパフォーマンス...(2015/11/17 提供:新日鉄住金ソリューションズ株式会社)

Loading