TechTargetジャパン

レポート
病院経営はIoTと自動化で変わる――先行事例に見る「未来の医療業務」
 医療機関におけるIoT(モノのインターネット)は、在庫管理用システムとして既に地位を確立しつつあるが、患者や医療スタッフの位置情報把握、さらには生体情報の遠隔モニタリングといった分野にも広がりを見せ、患者満足度の向上につながっている。また医療業界でのロ...(2016/12/8 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
Excelの式入力ができるなら、同じ手間でもっと便利な業務アプリ作成ができる
 市場の変化が急速で、業務で利用するアプリの開発が追い付かなくなっている。陳腐化した既存システムでは現場の業務効率は上がらず、顧客の要望にも対応が遅れ、競合他社に先を越されてしまう。これからの業務アプリは「現場サイドで作れる」が重要な要件になる。 これ...(2016/12/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
Outlookが「使えるメールソフト」になる――アドレス管理の非効率を簡単に解消
 業務で利用される主要メールソフトの1つであるOutlook。モバイル端末でも扱いやすく、Microsoftのさまざまな製品やサービスとの連携機能を備えるなど、多くのメリットがあるものの、そのアドレス帳機能に関しては不満を感じるユーザーが少なくない。 特にアドレスの検...(2016/11/29 提供:テックインフォメーションシステムズ株式会社)

製品資料
Office 365連携製品を徹底活用――4事例で分かるコスト削減/業務改善効果
 既に多くの企業が導入し、コスト削減や業務効率化、ワークスタイル変革などに活用しているOffice 365。ある程度の成果を上げている企業ほど見落としやすいことだが、これらの効果はOffice 365連携製品によってさらに大きなものとなる。 その成功例の1つが、ダイレクト...(2016/11/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
事例:Oracle DBの処理速度が10倍以上に高速化、フラッシュとSoftware Defined Storageによる待ち時間削減は554時間/日を達成
 システムの基盤強化に継続して取り組んでいる企業のシステムにおいても、期末といった特定期間にレスポンス悪化を起こすケースが散見される。この場合、一時的なトランザクション増加に、I/O性能がついていけないことが原因だ。 トランザクションが増加するということ...(2016/11/14 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
製造業の情報連携に必要な4つのステップ――自動車業界の課題と対策を解説
 昨今、自動車業界の構造は新興国の低価格市場出現などにより、大きく変化している。完成車メーカーの多くは、海外市場に対応するために現地化を進め、それに伴い部品メーカーも積極的に海外展開を加速している。現在、日本の自動車業界に属する企業の海外売上高比率は...(2016/11/10 提供:インフォアジャパン株式会社)

事例
北米鉄道会社「TOUGHPAD」活用、劇的な業務改善効果を生んだ速度遅延の解消法
 ワークスタイルの多様化などを背景に、さまざまな業界でモバイル端末の業務利用が進んでいる。その導入目的はさまざまだが、近年は「紙ベースのプロセス」の排除による業務効率の改善効果が注目され始めている。 その一例が、パナソニックの「TOUGHPAD」と自社開発の自...(2016/11/4 提供:NetMotion)

製品資料
カスタマイズ型ERPがワンシステムで基幹業務をカバーできる理由
 ERPには、販売管理、生産管理、会計管理の組み合わせによって「単体集合型」「会計付属型」「業務統合型」の3パターンがある。その1つである業務統合型ERPは、販売管理、生産管理、会計管理に必要な機能を搭載しており、経営に必要な情報を正確かつタイムリーに把握でき...(2016/10/25 提供:FutureOne株式会社)

事例
工場内の台車をビーコンで管理、三松の小ロット生産を極めたIoT活用術
 福岡を拠点に金属加工を軸にした小ロット製造代行サービスを展開している三松では、工場内の製品や製品を載せた台車の所在を探す“うろうろタイム”を課題に感じていたという。それらを探すための時間のロスを解消できれば、さらなる業務効率化が期待できるからだ。 同...(2016/10/13 提供:パナソニック ソリューションテクノロジー株式会社)

製品資料
モバイル活用で営業成績が伸びない理由は? 端末の利用状況を可視化する方法
 営業スタッフに配布したスマートデバイスや、高額な費用をかけて開発・導入した業務アプリが全く利用されていないといったケースが多くの企業でみられる。モバイル活用で業務効率化を狙ったものの、肝心の営業成績が伸びてこないのはなぜだろうか。 このような課題を解...(2016/9/26 提供:エムオーテックス株式会社)

製品資料
少ない設備投資で標的型攻撃を元から断つ、セキュアブラウザでネットワーク分離
 標的型攻撃は高度化を続け、マルウェアの侵入を防ぐことはますます難しくなっている。主要な対策であるシンクライアント方式、マルウェア検疫方式、添付ファイル削除方式にも既に弱点が指摘され始めているが、それ以上の対策となると高すぎる設備投資コストがネックにな...(2016/9/26 提供:株式会社コネクトワン)

製品資料
ネットワーク技術者の残業を劇的に減らすネットワーク仮想化の方法とは?
 仮想化やクラウドの進展で、ネットワークエンジニアの負荷が一気に増加したのは、従来のネットワークアーキテクチャがそのまま温存された状態で、アプリケーションの可用性が求められるようになったからだ。トラフィックが従来の数倍にも跳ね上がる仮想環境を、物理的に...(2016/9/6 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

レポート
「インターネット分離」で、業務効率とセキュリティを両立する前提条件とは?
 特定組織を狙った標的型攻撃がもたらす被害は情報漏えいだけではなく、社会的信頼の失墜や復旧のための時間/コストの負担など幅広い。大規模組織を中心に、国内でも標的型攻撃の被害が広く報道され続けており、その危険性の認識はあらためて説明するまでもないだろう。(2016/8/10 提供:株式会社日立製作所)

事例
事例:2週間→2日に作業工数を大幅短縮、予算実績管理表の作成効率化で打ち手も加速
 総合エレクトロニクス商社の東和電気は、毎月、基幹システムから月次の売上データを集計、分析し、予算実績管理表としてレポーティングするのに、システム要員2人がMicrosoft Excelを駆使して2週間を要していた。その間の業務遅滞を解消し、経営環境の変化にスピード感...(2016/8/1 提供:株式会社ジャストシステム)

事例
ミズノの 3D CAD 活用――技術者の業務効率を高め、精度の高い解析も可能に
 ミズノは、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念とするグローバル企業だ。スポーツ品事業を中心に、スポーツ関連のスクール事業なども展開。さまざまなスポーツ大会にも協賛している。 新素材の導入や、最先端技術を使った製品...(2016/7/21 提供:PTC ジャパン株式会社)

製品資料
部署任せだったシステム、「今さら標準化?」といわれないための再構築法
 IT利用に関する社内の温度差を放置していると、部署ごとにツールやシステムが作られ、業務の属人化が始まる。その結果として、ある部署ではExcelやAccessで作った簡易なツールで業務を行い、他の部署では独自のシステムが運用されるといった状況が生まれる。 このよう...(2016/7/14 提供:株式会社プロシップ)

事例
紙からタブレットへ、建設現場の必須アイテム「野帳」をデジタル化
 「野帳」とは、建設現場の管理者などが使用する野外用の紙メモである。 大手ゼネコンである大林組は、業務効率化を推進するために現場の管理者に「iPad」を配布し、その利用率を高めるために、野帳のデジタル化を検討。その開発パートナーとしてMetaMoJiが協力した。 ...(2016/7/11 提供:KDDI株式会社)

製品資料
コールセンターで「よくある質問」をすぐに減らせる――FAQ連携の3つの価値
 コールセンター(CS)への問い合わせを削減するために、多くの企業がFAQサイトを開設している。その目的はコスト削減や業務の効率化だけではない。顧客満足度を向上させる上でもFAQサイトの活用は重要だ。 顧客にFAQサイトを積極的に活用してもらい、自己解決が進めば...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

事例
自己解決率80%のFAQサイトをソフトバンクモバイルはどうやって作ったのか?
 コールセンター(CS)の運営を最適化するには、業務効率の改善と、問い合わせを減らすことが重要になる。そのために欠かせないのがFAQサイトの充実だ。CSに問い合わせる前にFAQサイトで解決できるケースが増えれば、自ずと負担は軽減する。 その成功例が、移動通信サー...(2016/7/8 提供:株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

技術文書
スマートウォッチはスマホを超える!? ウェアラブルデバイス市場“未来予測”
 アップルの「Apple Watch」やAndroid搭載スマートフォンと連携可能な「Android Wear」に代表されるスマートウォッチが、身体に装着するデバイス=ウェアラブルデバイスという存在を身近なものにした。 スマートウォッチを筆頭に、近年、ウェアラブルデバイスはコンシュ...(2016/7/6 提供:KDDI株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

レポート
帳票電子化の実態調査レポート――他社の実情と電子化推進のポイントを解説
 2015年に電子帳簿保存法の規制緩和が実施されたことで注目されるようになった電子帳票システム。業務効率化やコスト削減といった電子化による効果を最大限引き出すには、周辺業務を同時に見直すことが重要だ。 特に発行量が多く、郵送等にコストが掛かる請求書や注文書...(2016/6/30 提供:コクヨ株式会社)

Webキャスト
ストレージのトラブルを予測回避、ハイブリッドだけが実現できる使い勝手とは?
 アプリケーションに対するデータの提供や更新の遅れは、業務効率を大幅に低下させるため、多くの企業がストレージのパフォーマンス改善を重要課題としている。しかし、Nimble Storageが独自のビッグデータを活用したInfoSightで調査したところによると、この原因の過半...(2016/6/30 提供:Nimble Storage Japan合同会社)

事例
アプリケーション仮想化の効用――先行導入企業の活用事例に学ぶ
 近年、データ保護の観点から重要なデータやシステムにユーザーが直接アクセスすることを制限するセキュリティ対策が取られるようになった。一方、業務効率改善の観点では、マルチデバイスへの対応や業務アプリ利用環境の拡大などの要求が高まり、ユーザーが扱えるデータ...(2016/5/26 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
Windows 10移行は今がベスト? 業務効率から考えるOS更新のタイミング
 Windows 10の普及は、歴代Windowsのなかでも記録的な早さで進んでいる。IT調査会社ガートナーの予測によると、2017年の年初には半数、2019年までには全ての企業がWindows 10に対応するという。そのため、多くの企業が移行時期を探りはじめている。 その時期に関して...(2016/5/25 提供:Citrix Systems Asia Pacific Pty Ltd)

事例
ミズノの 3D CAD 活用――技術者の業務効率を高め、精度の高い解析も可能に
 ミズノは、「より良いスポーツ品とスポーツの振興を通じて社会に貢献する」ことを経営理念とするグローバル企業だ。スポーツ品事業を中心に、スポーツ関連のスクール事業なども展開。さまざまなスポーツ大会にも協賛している。 新素材の導入や、最先端技術を使った製品...(2016/5/24 提供:PTC ジャパン株式会社)

事例
データベースの専門知識が不要なマスターメンテナンス環境構築をわずか2日で実現
 データベースに格納されているマスターデータの変更要請が発生する場面は多い。扱う商材の追加や価格の改訂などの他にも、社内から求められる要件対応などだ。そのため、マスターデータのメンテナンスを簡単に効率良く行いたいという企業は多いのではないだろうか。 無...(2016/5/23 提供:株式会社システムエグゼ)

事例
IT部門がビジネス部門の業務改善もリード、ITSMノウハウ共有の効果
 クラウドサービスが多様になり導入のハードルも下がる中で、業務効率化を目的にビジネス部門も独自にツールやサービスを採用するケースが増えている。しかし、各部門で異なるツールやサービスを使って個別最適化をはじめると、企業全体としての全体最適化ができなくなり...(2016/4/20 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

事例
85万構成アイテムの管理を2人で実装、インストール不要のITSMシステム導入事例
 企業におけるIT活用は、システムを構築すれば終わりではなく、その後の運用が大きなウェイトを占める。IT運用には大きなコストを要する一方、運用業務の自動化や相互連携がなされていないため、業務効率化や適切なIT運用コスト算出のための根拠が可視化できないという課...(2016/4/7 提供:ServiceNow Japan 株式会社)

製品資料
紙文書の検索・照会を省力化、探す・回送・承認など業務改善の鍵は文書の電子化
 業務のIT化が進んでも、オフィスには依然、大量の紙文書が存在している。特に申込書、契約書などの紙文書を扱う業務や、審査や証憑帳票の監査を行う業務では、大量の文書の中から必要書類を探すことや、文書の回送状況や承認状況の確認をすることに多くの時間を費やして...(2016/4/5 提供:富士通株式会社)

Loading